岩手ビッグブルズ

岩手ビッグブルズ(いわてビッグブルズ、: Iwate Big Bulls)は、岩手県盛岡市をホームタウンとしてB3リーグに所属しているプロバスケットボールチームである。

岩手ビッグブルズ
Iwate Big Bulls
呼称/略称 岩手
愛称 ブルズ
所属リーグ 日本の旗 B3リーグ
創設年 2010年[1]
本拠地 岩手県盛岡市[2]
アリーナ Morioka Ice Arena.JPG
盛岡タカヤアリーナ[3]
収容人数 5,058人
チームカラー   ブルズレッド[1]
  アイアンマリンブルー[1]
  ヘリテイジゴールド[1]
運営法人 株式会社岩手ビッグブルズ[1]
代表者 代表取締役社長 水野 哲志[1]
公式サイト http://www.bigbulls.jp/
Kit body IWATE BigBulls 20 -21 HOME.png
ホームのジャージ
Kit shorts IWATE BigBulls 20 -21 HOME.png
チームカラー
ホーム
Kit body IWATE BigBulls 20 -21 AWAY.png
アウェイのジャージ
Kit shorts IWATE BigBulls 20 -21 AWAY.png
チームカラー
アウェイ
テンプレートを表示
株式会社岩手ビッグブルズ[1]
Iwate Big Bulls Co, Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
岩手県盛岡市大沢川原3-5-11[1][2]
設立 2010年(平成22年)12月1日[1]
代表者 代表取締役社長 水野 哲志[1]
資本金 1億9,980万円[1]
主要株主 学校法人龍澤学館
株式会社エムシーエス生涯学習センター
みちのくコカ・コーラボトリング株式会社 他[1]
外部リンク http://www.bigbulls.jp/
テンプレートを表示

概要編集

2011年bjリーグ加盟。チーム名の岩手ビッグブルズ(IWATE BIG BULLS)とは、岩手県が本州最大の県土であるという「ビッグ」と前沢牛、短角牛、乳牛などの牛を意味する「ブル」を組み合わせられた[4]。応募総数1569件(県内:1417件、県外:152件)の中から選ばれ、チーム選考会議を経て決定された[1]。チームロゴは、闘牛の様に力強く、勇猛果敢に勝利を収めていく姿をイメージしている[1]

チームカラー編集

情熱の赤(ブルズレッド) 南部鉄器三陸の海をイメージした濃紺(アイアンマリンブルー) 世界遺産平泉をイメージした黄金(ヘリテイジゴールド) である[1]

ユニフォームスポンサー (2019-20シーズン)編集

  • 前面:岩手県(右肩)、カネマン(中央)
  • 背面:クリーニング博扇堂(背番号上部)、トヨタL&F岩手(選手名下)
  • パンツ:Dr.Rex(右前)、盛岡市(左前)、エンテバー(右後ろ)、鶯宿温泉長栄館(左後ろ)

ユニフォームサプライヤー編集

  • 2011年 - 2012年 : UCAN SPORTS
  • 2012年 - 2019年 : TeamFive
  • 2019年 - 現在 : ペナルティ[5]

歴代ユニフォーム編集

HOME
2017 - 18
2018 - 19
2019 - 20
2020 - 21
AWAY
2017 - 18
2018 - 19
2019 - 20
2020 - 21


ホームアリーナ・練習場編集

2013-14シーズンは岩手県営体育館をメイン会場とし、県内8ヵ所で開催する。

2020-2021シーズンは、盛岡タカヤアリーナをメイン会場とし、県内5か所で開催している[3]

2021年1月、練習専用体育館「矢巾町岩手ビッグブルズアリーナ」が開館した[6]

MC編集

初年度より、岩手県内でパーソナリティとして活動する、まつみたくやがMCを担当している[7]。 2018年8月に退任。2018-2019シーズンからは、2代目MCとして村井沙織が決定している。

2020-2021シーズンは3代目MCとして二宮真佑子が担当している。

チアダンスチーム編集

  • Red Charm
    • 2016年12月にビッグブルズチアとして結成。2019年9月、現チーム名に変更。チーム名には岩手の頑張る人、すべてを応援する「お守り」「女神」になるという意味が込められている[8]

初年度より、中條鈴をディレクターとする[9]ブルズダンサーズ」が応援を行うと共に、岩手県内でチアダンススクールを運営していた。2016年4月、チアダンスチームとスクールはクラブから独立し、「Lips Dancers(リップスダンサーズ)」が設立される[10]。しかし2016-17シーズンに向けた、クラブ側とチアダンスチームとの契約交渉が折り合わず[11]、2016年9月24日、25日のホーム開幕戦はチアダンスチーム不在のまま開催された[12][13]。以後もチアダンスチームは不在のままで、ファンの間ではチア復帰を求める署名活動が行われる一方[12]、クラブ側は新たなチアダンスチームを2016-17シーズン中に作る方針を示した[11]。2016年12月、新チアダンスチーム「ビッグブルズチア」のメンバーが決定し[14]、12月24日のホームゲームから活動開始。2018-19シーズンまでビッグブルズチアとして活動した後、2019年9月、チーム名公募により「Red Charm」に改称した[8]

その他編集

 
画像は盛岡情報ビジネス専門学校の前に設置されているもの。

岩手ビッグブルズファンの2人は、試合観戦で偶然隣になったことで知り合い、滝沢市鵜飼の滝沢総合公園体育館で行われたTKbjリーグ、岩手ビッグブルズの公式戦のハーフタイム中に挙式した[15]

関連企業の前には、ロゴマークの入った自動販売機が設置されている。

歴史編集

bjリーグ参入まで編集

2010年日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)参入を目指して、岩手プロバスケットボール設立準備発起人会を設立し、8月10日にbjリーグへ参入申請書を提出[16]。その後のリーグの審査を経て、8月26日に2011-12シーズンからのbjリーグ新規参入が正式決定した[17]。9月に岩手プロバスケットボール設立準備委員会を設立し、12月1日にチーム運営会社「株式会社岩手スポーツプロモーション」として法人化。

2011年1月にチーム名公募を開始し、3月8日に一般公募1569件の中から選ばれたチーム名「岩手ビッグブルズ」を発表[1]。5月19日にチームカラー、チームロゴ、ヘッドコーチを発表した[18]

bjリーグ編集

2011-12シーズン編集

初代ヘッドコーチに若手育成に定評あるギリシャ出身のブライキディス・ブラシオスを招聘。6月のbjリーグドラフト会議では「走れるチーム。岩手にあるチームとして地元の選手も育てていく」をコンセプトに、前JBLトヨタ自動車アルバルク寒竹隼人や前JBL2レノヴァ鹿児島でリーグアシスト王の並里祐などの若手選手と、岩手県出身でストリートボールLEGENDなどで活躍した山本吉昭、同じく岩手県出身で盛岡南高校時代に川村卓也と共にチームの中心としてプレーした千葉慎也、大学時代に岩手大学でプレーした野上淳史を指名。伸びしろのある若手を中心に岩手や東北にゆかりのある選手なども指名した[19]
6月30日、秋田ノーザンハピネッツより金銭トレードで地元岩手出身の澤口誠を獲得[20]。その後、高田慶太と外国人選手5名(アメリカ人4名、韓国人1名)を獲得し開幕を迎えた。開幕5連敗を喫した後、10月30日の埼玉ブロンコス戦で初勝利したが前半は最下位に低迷。1月18日、ブラシオスヘッドコーチが家族の事情のため退任し、冨山晋司アシスタントコーチがヘッドコーチ代行に就任。その後滋賀レイクスターズのアシスタントGMを務めていた経験のある井口基史をGMとして迎え体制強化を図り、シーズン終盤には4連勝するなど好調を維持しプレイオフ進出一歩手前の7位まで順位を上げシーズンを終えた。

2012-13シーズン編集

「全国制覇」をスローガンに掲げ前シーズン琉球ゴールデンキングスを優勝に導いた桶谷大を招聘。高橋憲一仲村直人などの経験豊富な日本人選手に加えレジー・オコーサディリオン・スニードなどの有力な外人選手も獲得しシーズン開幕を迎えた。開幕後は開幕戦から8連勝するなど好調を維持し前半戦首位で折り返した。リーグ後半戦は外国人選手の怪我や出場停止などが相次ぎ順位を4位にまで下げてしまったが、参入2年目で初めてプレーオフに進出レギュラーシーズン4位までに与えられるプレイオフファーストラウンドのホーム開催権を獲得しレギュラーシーズンを終えた。プレイオフファーストラウンドはレギュラーシーズン5位の秋田ノーザンハピネッツと対戦して第1戦に勝利したが、2、3戦目に敗れて敗退した。

2013-14シーズン編集

開幕戦で新規参入チームの青森に敗れてシーズンが始まったが、12月から2月にかけて10連勝を記録して上位争いに加わる。シーズン終盤にも首位(対戦当時)の秋田戦連勝を含むチーム記録の12連勝を記録し、レギュラーシーズン過去最高順位のイースト2位でプレイオフ・カンファレンスセミファイナルのホーム開催権を獲得した。セミファイナルではイースト3位にまで順位を落としていた秋田と対戦。接戦となった第1戦77-80で落とすと翌日の第2戦も59-82で完敗し、前シーズンに続いて秋田にファイナルズ進出を阻まれた。

2014-15シーズン編集

桶谷体制3年目。チーム創設時から所属していた山本吉昭高橋憲一等が退団し寒竹隼人仲西淳ウェイン・アーノルドアブドゥーラ・クウソーを獲得。リーグ戦前半戦はリーグ新記録の19連勝を記録するなど好調を維持し前半戦首位で折り返した。リーグ後半戦は順位を2位に下げてしまったが、プレーオフに進出。ファーストラウンドはホームで7位の福島を2勝0敗で破り、翌週のカンファレンスセミファイナルはホームで6位の青森を2勝0敗で破り有明コロシアムでのファイナルズ初出場が決定した。有明ではカンファレンスファイナルで秋田に敗戦。翌日の3位決定戦でも滋賀に敗戦し、総合4位でシーズンを終えた。

2015-16シーズン編集

30勝22敗で東地区3位。地区プレーオフ準決勝で敗退した。

B.LEAGUE編集

2016-17シーズン(B2東地区)編集

従来の2つのトップリーグbjリーグとNBLに代わり発足した新リーグ・「B.LEAGUE」の参入審査で岩手は2部(B2)の東地区所属となることが決定した。レギュラーシーズンは、15勝45敗に終わり、東地区最下位に沈んだ。

2017-18シーズン(B2東地区)編集

2017年11月11日、社名を「株式会社岩手スポーツプロモーション」から「株式会社岩手ビッグブルズ」へ変更[1]
シーズン開幕以降は勝ちきれない展開が続いた。2017年末時点で、2勝26敗の成績により東地区最下位。リーグワーストの21連敗中の成績を受け、2017年12月に上田康徳HCが退任した。その後、かつてベトナム代表を率いたドンテ・ヒルがHCに就任。地区最下位に低迷するチームの再建を託された[21]。だが、シュート成功率が低く、序盤から点差を広げられ、最後まで追い付けない試合が多く、不用意な反則から失点を重ねるケースも目立った。結果、リーグワーストの24連敗を含む7勝53敗に終わり、全地区を通じて最下位に沈んだ。同時に、横浜アリーナで行われるB2・B3入れ替え戦で、B3優勝の八王子と対戦にまわることになった[22]
八王子との入れ替え戦では、岩手は試合開始約2分間でファウルが5つに達したのに対し、八王子は亀崎の3ポイント、大城のレイアップで2-9とリード。その後も亀崎、大城、地久里を中心に攻めこんだものの、残り約1分間で3ポイントを含む5得点を与え、16-22と6点リードで最初の10分間を終えた。第2クォーターは序盤からシュートの入れ合いで、開始3分46秒にマーカリ・サンダース・フリソンの得点で26-27と1点差。オフィシャルタイム前には、八王子の金井賢治、岩手は西裕太郎がそれぞれ3ポイントシュートを沈めた。残り5分を切るとややロースコアの展開の中、八王子が亀崎のフリースロー、ブレナン・マッケルロイとジョーンズのジャンプショットで得点を積み重ねた。31-39で突入した第3クォーターは、序盤にローレンス・ブラックレッジが攻撃をけん引したものの、残り4分18秒の時点での八王子の猛攻により、亀崎の3ポイント、浅野のジャンプショット、山口力也のバスケットカウントなどで一気に21点差まで拡大。第4クォーターでも、最後まで気を緩めることなく試合の主導権を握られ、55-83で終了。B3降格が確定した[23]

2018-19シーズン(B3)編集

  • 成績 総合順位10チーム中7位
    • ファーストステージ 3勝9敗
    • レギュラーシーズン 7勝29敗
    • ファイナルステージ 6勝6敗
HCには岡田修が就任したが、成績不振によりシーズン途中で解任される。2018年年末の試合から、吉田優磨ACがHC代行として指揮を取る事になった。またブルズ初代主将の山本吉昭がアドバイザリーコーチに就任した。

経営面では2019年8月発表第9期決算で黒字を達成した[24]

2019-20シーズン(B3)編集

永田晃司が選手兼ヘッドコーチ、吉田優磨がアソシエイトヘッドコーチに就任。山本吉昭がアドバイザリーコーチ兼任でGMに就任した。B3リーグは今季からステージ制が廃止された。コロナ感染症流行の影響によりシーズン打ち切りとなるまでの成績は29勝11敗で、優勝した佐賀バルーナーズと1勝差の4位となった。

2020-21シーズン(B3)編集

永田ヘッド、山本GMが退団し、吉田優磨が新ヘッドコーチに就任。新型コロナの影響で2021年1月に開幕。26勝14敗で11チーム中5位だった。

2021-22シーズン(B3)編集

吉田体制を継続。ヘッドコーチ代行期、アソシエイトヘッド期を含めて4シーズン目で、クラブ史上最長となる[25]

成績編集

B.LEAGUE編集

岩手ビッグブルズ シーズン成績
レギュラーシーズン プレーオフ 天皇杯
# シーズン リーグ 地区 順位 勝率 ゲーム差 ホーム アウェイ 自地区 他地区 得点 失点 点差 総合 結果 備考 HC ref. 結果

1 2016-17 B2 6 15 45 (.250) 36(-) 7-23(.233) 8-22(.267) 6-30(.167) 9-15(.375) 4032 4413 -381 16 上田康徳
2 2017-18 B2 6 7 53 (.117) 47(34) 4-26(.133) 3-27(.100) 4-27(.129) 3-26(.103) 3932 4864 -932 18  降格  上田康徳→ドンテ・ヒル
3 2018-19 B3 9 7 29 (.194) 25.0 4-14(.222) 3-15(.167) 7-29(.194) 0-0(–) 2495 2828 -333 7 岡田修吉田優磨 [26]
4 2019-20 B3 29 11 (.725) 1.0 13-9(.591) 16-2(.889) 29-11(.725) 0-0(–) 3175 2877 298 4 永田晃司

ゲーム差:1位との差(PO圏との差)  地区1   # :ワイルドカード  QF :準々決勝  3決 :3位決定戦  SF :準決勝   FINAL :決勝 B1:9~14位はPOなし   チャンピオン   B2優勝   昇格   降格   残留  
2021年08月15日更新


過去のリーグ戦編集

bjリーグ編集

年度 レギュラーシーズン 最終結果 HC 備考
勝率 ゲーム差 得点 失点 得失点差 順位
2011-12 19 33 .365 18.0(6.0) 73.8 80.2 -6.4 東7位 15位   ブラシオス
  冨山晋司(代行)
新規参入1年目
2012-13 34 18 .654 2.0 82.7 78.3 +4.4 東4位 9位   桶谷大 プレイオフ
地区1回戦敗退
2013-14 40 12 .769 2.0 79.7 71.7 +8.0 東2位 5位 プレイオフ
地区準決勝敗退
2014-15 41 11 .788 0.0 82.3 70.2 +12.1 東2位 4位 プレイオフ
ファイナルズ出場
2015-16 30 22 .577 9.0 77.0 71.9 +5.1 東5位 8位   勝久ジェフリー プレイオフ

地区準決勝敗退

ゲーム差は()外は1位、()内はプレイオフ圏との差をそれぞれ表している。

その他の試合
  • 東北カップ
    • 2012-13シーズン : 準優勝
    • 2013-14シーズン : 準優勝
    • 2014-15シーズン : 優勝

タイトル編集

個人別編集

主な記録編集

個人編集

1試合最多得点 40得点

チーム編集

1試合最多得点 111得点(2012年12月8日埼玉戦)

1試合最少得点 44得点(2017年12月2日仙台戦)

1試合最少失点 53失点(2013年1月26日新潟戦)

1試合最多失点 111失点(2018年3月24日青森戦)

最多連勝 12連勝(2013-14シーズン)

最多連敗 24連敗(2017-18シーズン)

選手とスタッフ編集

現行ロースター編集

岩手ビッグブルズ (B3 2021-22)ロースター
選 手 スタッフ
Pos # 名前 年齢 身長  体重 出身
PG 0 大澤歩 30 (1991/4/14 ) 1.77 m (5 ft 10 in) 75 kg (165 lb)   専修大学 
SF 5 千葉慎也 33 (1987/9/26 ) 1.85 m (6 ft 1 in) 85 kg (187 lb)   白鷗大学 
PF 10 仁平拓海 27 (1994/6/20 ) 1.91 m (6 ft 3 in) 92 kg (203 lb)   日本大学 
F 12 エリック・マッカーサー・ジュニア (通訳兼任) 25 (1996/1/29 ) 1.92 m (6 ft 4 in) 92 kg (203 lb)   ワイオミング大学 
SG 13 小松秀平 36 (1985/6/10 ) 1.84 m (6 ft 0 in) 83 kg (183 lb)   国士舘大学 
F 15 谷口淳 29 (1992/7/31 ) 1.94 m (6 ft 4 in) 90 kg (198 lb)   同志社大学 
PG 16 伊藤良太   29 (1992/7/23 ) 1.77 m (5 ft 10 in) 74 kg (163 lb)   慶應義塾大学 
C 17 アレックス・ジョーンズ 30 (1991/4/17 ) 2.06 m (6 ft 9 in) 110 kg (243 lb)   シアトル大学 
PF 23 テレンス・キング 30 (1990/11/15 ) 1.98 m (6 ft 6 in) 105 kg (231 lb)   イーストストラスバーグ大学 
PG 30 横川俊樹 26 (1995/6/23 ) 1.77 m (5 ft 10 in) 77 kg (170 lb)   鹿屋体育大学 
SG 31 髙畠佳介 31 (1990/3/17 ) 1.83 m (6 ft 0 in) 83 kg (183 lb)   びわこ成蹊スポーツ大学 
C 34 カイル・リチャードソン 30 (1991/4/17 ) 1.98 m (6 ft 6 in) 101 kg (223 lb)   ポートランド州立大学 
PG 41 鈴木翔太 24 (1997/5/1 ) 1.80 m (5 ft 11 in) 79 kg (174 lb)   江戸川大学 
PF 51 安慶大樹 29 (1992/6/18 ) 1.91 m (6 ft 3 in) 87 kg (192 lb)   福岡大学 
ヘッドコーチ
吉田優磨

アシスタントコーチ
鈴木友貴
チームマネージャー
大村彩子
チームトレーナー
福田亮
通訳
エリック・マッカーサー・ジュニア

記号説明
    チームキャプテン   故障者
  (C) オフコートキャプテン (+) シーズン途中契約
  (帰) 帰化選手 (S) 出場停止
  (ア) アジア特別枠選手 (申) 帰化申請中選手(B3
  (特) 特別指定選手 (留) 留学実績選手(B3)
外部リンク

更新日:2021年08月15日


歴代ヘッドコーチ編集

  1.   ブライキディス・ブラシオス(2011-2012.1)
    1.   冨山晋司(代行、2012.1-2012.5)
  2.   桶谷大(2012-13シーズンから2014-2015シーズンまで)
  3.   勝久ジェフリー(2015-16シーズン)
  4.  上田康徳(2016-17シーズンから2017-18シーズン途中の12月まで指揮)
  5.  ドンテ・ヒル(2017-2018シーズン途中の1月に就任し、シーズン終了まで指揮)
  6.  岡田修(2018-19シーズン、12月退任)
  7.  吉田優磨(2018-19シーズン、12月から代行)
  8.  永田晃司(2019-20シーズン、選手兼任)
  9.  吉田優磨(2020-21シーズン)

過去に所属していた選手編集

メディア編集

テレビ編集

ラジオ編集

新聞編集

雑誌編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q チーム概要, 公式サイト, https://www.bigbulls.jp/team/team_outline/ 2020年12月20日閲覧。 
  2. ^ a b 岩手ビッグブルズ, B3.LEAGUE公式サイト, https://www.b3league.jp/club/iwate 2020年12月20日閲覧。 
  3. ^ a b 2020-21シーズン 会場案内, 公式サイト, https://www.bigbulls.jp/ticket/15251/ 2020年12月20日閲覧。 
  4. ^ 岩手ビッグブルズ, B.LEAGUE公式サイト, https://www.bleague.jp/club_detail/?TeamID=709 2020年12月20日閲覧。 
  5. ^ “【お知らせ】2019-20シーズン ユニフォームデザイン決定のお知らせ” (プレスリリース), 岩手ビッグブルズ公式サイト, (2019年8月27日), https://www.bigbulls.jp/news/detail/id=14267 2020年12月20日閲覧。 
  6. ^ 矢巾町岩手ビッグブルズアリーナが開所しました!矢巾町文化スポーツ課2021年1月13日
  7. ^ まつみ たくや (pdf)”. 株式会社Willows. 2016年10月27日閲覧。
  8. ^ a b 【cheer】ビッグブルズチア チーム名決定岩手ビッグブルズ2019年9月6日
  9. ^ 【ダンスチーム情報】ブルズダンサーズ ディレクター就任のお知らせ”. 岩手ビッグブルズ (2012年6月11日). 2016年10月27日閲覧。
  10. ^ 【cheer】プロダンスチーム「Lips Dancers」、ダンススクール「Lips Dance School」設立のお知らせ”. 岩手ビッグブルズ (2016年4月28日). 2016年10月27日閲覧。
  11. ^ a b “【バスケット】B2岩手、1勝9敗と低迷の打破は? 北舘社長に聞く”. スポーツ報知. (2016年10月26日). http://www.hochi.co.jp/sports/ballsports/20161025-OHT1T50234.html 2016年10月27日閲覧。 
  12. ^ a b 岩手ビッグブルズ専属ダンサーズの復帰を求める要望に署名いただいたみなさまへ” (2016年10月6日). 2016年10月27日閲覧。
  13. ^ lipsdancersの投稿(615727871938635) - Facebook
  14. ^ 【cheer】ビッグブルズチアメンバー決定のお知らせ岩手ビッグブルズ2016年12月15日
  15. ^ バスケ公式戦中にコートで挙式 岩手ブルズ応援の2人”. 岩手日報社 (2015年3月30日). 2015年3月31日閲覧。
  16. ^ 岩手からbj参入の動き 来季目指し申請書 岩手日報 2010年8月12日
  17. ^ 本県初のプロバスケチーム bjリーグ来季参入 岩手日報 2010年8月27日
  18. ^ ヘッドコーチにブラシオス氏 岩手ビッグブルズ 岩手日報 2011年5月20日
  19. ^ バスケbjリーグ岩手「100点」ドラフト サンケイスポーツ 2011年6月17日
  20. ^ 盛岡南高出の沢口を獲得 ビッグブルズ 岩手日報 2011年7月1日
  21. ^ “ヒル新監督、B2岩手再建!元ベトナム代表監督がチームを変える” (プレスリリース), サンケイスポーツ, (2018年1月17日), http://www.sanspo.com/sports/news/20180117/bsk18011710010001-n1.html 2018年5月28日閲覧。 
  22. ^ “ブルズ、27日大一番 八王子とB2・B3入れ替え戦” (プレスリリース), 岩手日報 https://www.iwate-np.co.jp/article/2018/5/26/15078,+(2018年5月26日) 
  23. ^ “東京八王子トレインズがB2昇格、一発勝負の入替戦で岩手ビッグブルズを下す” (プレスリリース), バスケットボールキング, (2018年5月27日), https://basketballking.jp/news/japan/20180527/69638.html?cx_art=newarrivalall 2018年5月27日閲覧。 
  24. ^ 【ご報告】株式会社岩手ビッグブルズ(第9期)決算報告について
  25. ^ 【チーム情報】吉田優磨ヘッドコーチ契約締結のお知らせ
  26. ^ STANDING” (2019年3月17日). 2019年3月22日閲覧。

外部リンク編集