メインメニューを開く

岩手大学教育学部附属中学校(いわてだいがくきょういくがくぶふぞくちゅうがっこう)は、岩手県盛岡市加賀野三丁目にある国立中学校

岩手大学教育学部附属中学校
過去の名称 岩手師範学校附属中学校
岩手大学学芸学部附属中学校
国公私立 国立学校
設置者 国立大学法人岩手大学
校訓 よく考え誠をもって働く人間
(学校教育目標)
設立年月日 1947年4月
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 020-0807
岩手県盛岡市加賀野三丁目9番1号
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

概要編集

かつては盛岡市内(一部地区を除く)のみの生徒受け入れであったが、現在は盛岡市・矢巾町滝沢市の一部から生徒が通学している。 岩手大学教育学部には附属高校は存在しない為、全員が外部の高校へ進学する。市内にある岩手県立盛岡第一高等学校へ進学する生徒は多く、同高校在籍生徒の出身中学校では最も多数を占めている。 基本的には附属小学校からのエスカレータ式ではあるが、附属小学校の生徒も全員入学試験を受け入学する。

アクセス編集

沿革編集

  • 1947年(昭和22年) - 学制改革により岩手師範学校附属中学校と呼称し、学級数3にて発足
  • 1949年(昭和24年) - 学級数6になる。新制大学発足により、岩手大学学芸学部附属中学校と改称
  • 1951年(昭和26年) - 学級数9になる。
  • 1952年(昭和27年) - 「よく考え誠をもって働く人間」の学校教育目標設定。学校新聞「わだち」創刊
  • 1956年(昭和31年) - 生徒会誌『仲間』発行。「附中の歌」全校募集
  • 1962年(昭和37年) - 女子制服を制定。「附中の歌」全校募集(附中の歌第4)
  • 1964年(昭和39年) - プール落成。
  • 1966年(昭和41年) - 学部の名称変更により、岩手大学教育学部附属中学校と改称。
  • 1967年(昭和42年) - 創立20周年行事実施。1学年より4学級。「附中の歌」全校募集(附中の歌第6)
  • 1969年(昭和44年) - 学級数12となり、1学級45人編成
  • 1970年(昭和45年) - 特殊学級開設
  • 1972年(昭和47年) - 新校舎(現校舎)落成。移動教室制を実施。
  • 1977年(昭和49年) - 附属養護学校開校に伴い、特殊学級を養護学校に統合。
  • 1979年(昭和51年) - 特殊学級棟を図書館棟に改め、図書の整備が充実に。
  • 1989年(平成元年) - 1学年より1学級40人編成
  • 1997年(平成9年) - 創立50周年記念行事実施
  • 2018年(平成30年)-1学年より1学級35人編成。全校生徒減少に伴い、社会科研究部と生活科学部が統合し、人文科学部(社会科研究班と生活科学班からなる)になる

制服編集

著名な出身者編集

関連項目編集