岩手県交通矢巾営業所

画像提供依頼:営業所外観および鮮明な所属バス車両の画像提供をお願いします。2018年5月

岩手県交通矢巾営業所(いわてけんこうつうやはばえいぎょうしょ)は、岩手県紫波郡矢巾町にあり、主に盛岡都市圏南部及び矢巾町内の路線を管轄する岩手県交通のバス営業所である。

また、盛岡地区における貸切車両および昼行高速バスの基地事業所でもあり、ヤマトオートワークス矢巾整備工場を併設している[1]

矢巾営業所所属車

所在地編集

岩手県紫波郡矢巾町広宮沢4-115-12[2]

沿革編集

所管路線編集

昼行高速バス編集

車両は当営業所担当だが、乗務員は盛岡地区の各営業所が持回りで担当する(乗務員は両営業所兼務となっており、普段は自分の所属する営業所で乗務するが、指定された日のみ当営業所に出勤し高速バス乗務を行う)。また、宮城交通を除く共同運行他社および岩手県交通の他営業所所属車は折返し待機の際に当所ではなく他営業所に入庫する。

一般路線バス編集

イオンモール盛岡南線編集

羽場線編集

本宮線編集

  • 502 盛岡駅 - 盛岡バスセンター - 盛商前 - 飯岡十文字 - 志波城古代公園
  • 503 盛岡駅 - 盛岡バスセンター - 盛商前 - 飯岡十文字 - 流通会館前(流通センター) - 矢巾営業所
    • 2019年9月24日より平日のみの運行となった。
  • 504 盛岡駅 - 盛岡バスセンター - 盛商前 - 飯岡十文字 - 湯沢団地 - 矢巾営業所

飯岡線編集

  • 505 盛岡駅 - 盛岡バスセンター - 仙北組町 - 向中野 - 飯岡支所前 - 湯沢団地 - 矢巾営業所
  • 506 盛岡駅 - 盛岡バスセンター - 仙北町駅西口 - 向中野 - 飯岡支所前 - 湯沢団地 - 矢巾営業所

川久保線編集

  • 507 盛岡駅 - 盛岡バスセンター - 仙北町 - 川久保 - 三本柳 - 都南総合支所 - 飯岡駅前 - 崖 - 福祉センター前(流通センター) - 矢巾営業所
    • 飯岡駅前バス停は2011年10月1日から乗り入れ開始。
  • 508 盛岡駅 - 盛岡バスセンター - 仙北町 - 川久保 - 三本柳 - 都南総合支所

南インター経由川久保線編集

  • 510 盛岡駅 - 盛岡バスセンター - 山王下 - 川久保 - 友愛病院 - 上湯沢 - 矢巾営業所
    • 一部友愛病院発着の便がある。
    • 友愛病院発着の便は2019年2月1日の改正にともない、平日のみ運行となった。

北高田線編集

  • 513 盛岡駅 - 県庁市役所前 - 盛岡バスセンター - 川久保 - 三本柳 - 都南病院前 - 北高田 - 医大矢巾キャンパス - 岩手医大病院 - 医大矢巾キャンパス -入口 - 矢巾郵便局 - 矢幅駅前 - 林崎 - 運輸支局前 - 福祉センター前(流通センター) - 矢巾営業所
  • 514 盛岡駅 - 県庁・市役所前 - 盛岡バスセンター - 川久保 - 三本柳 - 都南病院前 - 北高田 - 医大矢巾キャンパス - 岩手医大病院 - 医大矢巾キャンパス -入口 - 矢幅郵便局 - 矢幅駅前
    • 514系統は2011年4月から北高田止まりから医大矢巾キャンパスまで、2016年7月から医大矢巾キャンパス止まりから矢幅駅前までそれぞれ路線延長。
    • 2016年7月から514系統のみ紫波営業所と共管。2016年10月から不来方高校経由から矢幅郵便局経由に変更したと同時に、日詰線の一部便を日詰駅前発着から矢幅駅前発着に変更して北高田線に編入。
    • 514系統と同一ルートの矢巾深夜線都南営業所の所管。
    • 513・514系統共に、2019年9月24日より岩手医科大学附属病院に乗り入れを開始(矢巾深夜線は通過)。

矢巾温泉線編集

  • 515 盛岡駅 - 盛岡バスセンター - 川久保 - 三本柳 - 都南総合支所 - 飯岡駅前 - 福祉センター前(流通センター) - 矢巾営業所 - 矢巾温泉
    • 飯岡駅口バス停は2011年10月1日から県道120号線沿いから岩手飯岡駅構内に変更された。
    • 2016年7月から都南バスターミナル経由を都南総合支所経由に変更した上で、パストラルバーデン発着から矢巾温泉発着へ変更(路線短縮)。

ゆいとぴあ東線編集

  • 517 盛岡駅 - 盛南大橋南 - 盛商前 - 向中野 - 盛岡スコーレ高校前 - 向中野五丁目 - よぼういがく協会
  • 518 盛岡バスセンター(ななっく前) - 盛岡駅 - 盛南大橋南 - 盛商前 - 向中野 - 盛岡スコーレ高校前 - 向中野五丁目 - よぼういがく協会
    • 2014年4月から経路変更をし、よぼういがく協会まで路線が延長された。同時に循環運用ではなくなった。
    • 都南営業所と共管。

仙北町駅西口イオン線編集

  • 520 仙北町駅西口 - 盛商前 - イオンモール盛岡南 - 盛岡市立病院 - 下川原 - イオンモール盛岡

矢巾不動線編集

  • 矢巾温泉 ← 矢巾営業所 ← 矢巾町営住宅 ← 不動学校前
    • 平日のみ運行。
    • 2016年10月3日の経路変更に伴い、矢巾温泉始発便が廃止され、片道のみの運行となる。

矢巾医大線編集

  • 医大矢巾キャンパス - 岩手医大病院 - 医大矢巾キャンパス入口 - 矢幅郵便局 - 矢幅駅
    • 2016年10月から不来方高校経由から矢幅郵便局経由に変更。
    • 開設当初は平日のみ運行だったが、2019年9月24日の改正より土・日・休日も運行する。

都南ゾーンバス基幹系統編集

  • Aルート(都南バスターミナル - 津志田近隣公園 - 川久保 - 仙北町 - 盛岡バスセンター - 盛岡駅)
  • Bルート(都南バスターミナル - 津志田近隣公園 - 川久保 - 茶畑十文字 - 盛岡バスセンター - 盛岡駅)
    • Aルートは都南営業所と共管。
    • Bルートは平日のみ運行。

都南ゾーンバス支線系統編集

  • 盛岡工業コース(都南バスターミナル ← 盛岡南公園 ← 中央市場南口 ← 盛岡工業高校)
    • 平日のみ運行。
    • 都南バスターミナル発は都南営業所が担当[5]

盛南ループ『200』編集

受託運行路線編集

矢巾町市街地循環バス編集

岩手医大方面循環編集

  • 矢幅駅 → 上谷地 → 医大附属病院前 → 医大矢巾キャンパス → 矢幅郵便局前 → 矢幅駅

矢幅駅周辺循環編集

  • 矢幅駅 → 町営住宅前 → 不来方高校前 → 矢幅駅
    • いずれも平日のみ運行。
    • 旧「さわやか号」専用車両で運行。
    • 岩手医大方面循環から矢幅駅周辺循環への直通便あり。
    • 2019年9月20日より試験運行開始[6][7]

移管路線編集

都南BT・イオンモール盛岡南線

  • 521 盛岡バスセンター - 啄木新婚の家口 - 盛岡駅西口 - 杜の大橋 - イオンモール盛岡南 - 川久保 - 都南バスターミナル
    • 土・日・休日のみ運行。
    • 2016年10月1日より都南営業所・紫波営業所に移管

都南ゾーンバス基幹系統

  • Cルート(盛岡駅 ← 盛南大橋 ← 盛商前 ← 川久保 ← 津志田近隣公園 ← 都南バスターミナル)
    • 平日のみ運行。
    • 2019年2月1日の運行より都南営業所に移管され、片道のみの運行となった。

廃止路線編集

昼行高速バス編集

一般路線バス編集

津志田線

  • 509 盛岡駅 - 盛岡バスセンター - 川久保 - 津志田小学校 - 都南バスターミナル - 上湯沢 - 矢巾営業所
  • 509 盛岡駅 - 盛岡バスセンター - 川久保 - 津志田小学校 - 都南バスターミナル - 上湯沢 - 都南つどいの森

南インター経由川久保線

  • 510 盛岡駅 - 盛岡バスセンター - 盛岡バイパス - 川久保 - 友愛病院 - 上湯沢 - 都南つどいの森
  • 511 盛岡駅 - 盛岡バスセンター(ななっく向) - 仙北町 - 川久保 - 友愛病院 - 上湯沢 - 矢巾営業所
    • 2016年7月のダイヤ改正で廃止

北高田線

  • 512 盛岡駅 - 盛岡バスセンター(ななっく向) - 川久保 - 三本柳 - 北高田 - 医大矢巾キャンパス - 矢巾町体育館 - 流通センター - 矢巾営業所
    • 2016年7月のダイヤ改正で廃止

下飯岡線

  • 516 盛岡駅 - 下川原 - 盛岡市立病院 - 友愛病院 - 都南バスターミナル - 徳田学校

湯沢・永井線

  • 517 矢巾営業所 → 湯沢団地 → 上湯沢 → 流通センター → 飯岡駅口 → 都南総合支所 → 仙北町 → 盛岡駅
    • 2003年のダイヤ改正で廃止

盛岡市立病院線

  • 518 盛岡市立病院 - アイスアリーナ - 下川原 - アイーナ

盛岡駅向中野線

  • 522 向中野 → 本宮二丁目 → 盛南大橋 → 盛岡駅
  • 523 盛岡駅 → 盛商前 → 新川橋 → 向中野

都南ゾーンバス支線系統

  • 湯沢団地コース(都南バスターミナル - 東永井 - 友愛病院 - 上湯沢 - 湯沢団地南口)

津志田盛南線

  • 519 よぼういがく協会 → 盛岡友愛病院前 → 都南総合支所前 → 津志田近隣公園 → 飯岡駅前
    • よぼういがく協会までは518系統に直通する。
    • 2016年7月のダイヤ改正で飯岡駅前始発便が廃止され、片道のみの運行となる。
    • 2019年2月1日に廃止された[8]

受託運行路線編集

矢巾町循環バス「さわやか号」

岩手県交通のバスカードも利用可能だった。

  • 運行経路
    • 北回り線 : パストラルバーデン - 流通センター4丁目 - 北矢幅 - 高田橋 - 不来方高校前 - 矢幅駅前 - 南矢幅 - 矢巾温泉 - 矢巾営業所
      • 火・金曜日運行
    • 南回り線 : パストラルバーデン - 岩清水 - 白沢・田屋 - 東徳田 - 上谷地 - 不来方高校前 - 矢幅駅西口 - 桜屋 - パストラルバーデン
      • 月・木曜日運行
  • 沿革
    • 1999年11月1日 - 試験運行開始。
    • 2000年6月1日 - 本格運行に移行。
    • 2011年3月11日 - 東日本大震災に伴い減便。
    • 2012年7月18日 - ヒマワリのデザインを施した車両に更新。
    • 2019年6月28日 - 運行終了[9]

脚注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 岩手-東北-サービス拠点ヤマトオートワークス
  2. ^ 定期券・乗⾞券・バスカード発売窓口(1/2) (PDF) - 岩手県交通、2019年9月29日閲覧
  3. ^ 鈴木文彦「岩手のバス いまむかし」P112。
  4. ^ 9/24〜 「岩手医科大学附属病院」乗り入れ及びダイヤ改正実施のお知らせ”. 岩手県交通 (2019年9月). 2019年9月29日閲覧。
  5. ^ 盛岡工業コース時刻表 岩手県交通(PDF)
  6. ^ 市街地循環バスが運行開始予定です 広報やはば9月号4・5ページ(PDF)
  7. ^ “医大中心に交通網充実 矢巾町が循環バス試験運行、増便も”. 岩手日報. (2019年9月21日). https://www.iwate-np.co.jp/article/2019/9/21/64873 2019年9月29日閲覧。 
  8. ^ 2/1 ダイヤ改正実施について”. 岩手県交通. 2019年1月26日閲覧。
  9. ^ ありがとう「さわやか号」 〜20年の運行に幕〜 広報やはば8月号8ページ(PDF)

参考文献編集

  • 鈴木文彦「岩手のバス いまむかし」(2004年10月7日初版・クラッセ)