岩手県立千厩高等学校

岩手県一関市にある高等学校

岩手県立千厩高等学校(いわてけんりつせんまやこうとうがっこう、英:Iwate Prefectural Senmaya High School)は、岩手県一関市千厩町にある公立高等学校。略称は千高(せんこう)。

岩手県立千厩高等学校
Semaya highschool.jpg
正面駐車場入口から撮影
北緯38度55分11.8秒 東経141度20分32.5秒 / 北緯38.919944度 東経141.342361度 / 38.919944; 141.342361座標: 北緯38度55分11.8秒 東経141度20分32.5秒 / 北緯38.919944度 東経141.342361度 / 38.919944; 141.342361
過去の名称 東磐井郡立東磐井蚕業学校
岩手県立蚕業学校
岩手県立農蚕学校
国公私立の別 公立学校
設置者 岩手県の旗 岩手県
学区 普通科:両磐学区
その他:岩手県全域と宮城県気仙沼市
併合学校 岩手県立千厩東高等学校
岩手県立藤沢高等学校
校訓 質実剛健、文武両道
設立年月日 1902年4月1日
開校記念日 6月8日
共学・別学 男女共学
分校 藤沢分校
1948年 - 1950年
薄衣分校
1948年 - 1964年
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
産業技術科
生産技術科
学期 2学期制
学校コード D103210000414 ウィキデータを編集
高校コード 03144F
所在地 029-0855
岩手県一関市千厩町千厩字石堂45-2
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

概要編集

1901年明治34年)に郡立東磐井蚕業学校として開校。当時盛んだった蚕業分野を専門とした。千厩町宮敷に校舎を置き、1939年(昭和14年)に校舎を現在の校舎敷地がある千厩町石堂に移転した。戦後の学制改革によって岩手県立千厩高等学校へと形を変え、千厩農業高等学校として分離した千厩東高等学校(2002年閉校)や、本校の分校から分離独立した藤沢高等学校2008年閉校)を再統合して現在に至る[1]

旧一関市域以外の高等学校の中では生徒数・学級数共に最大規模を誇っており、2021年度時点では473人・15学級で次点の大東高校の223人・9学級や、花泉高校の106人・3学級と大きく差を付けている[2]

進学と就職に分かれた普通科目を学ぶ普通科と、農業や生活科学分野を専門として学ぶ生産技術科、工業分野を専門として学ぶ産業技術科といった3つの学科を併せ持つ全日制の高校である[3]

沿革編集

  • 1901年明治34年)
    • 3月4日 -「郡立東磐井蚕業学校」を設置
    • 10月25日 - 千厩町宮敷に校舎を落成。
  • 1902年(明治35年)
    • 4月1日 - 開校し、授業を開始(生徒1学年25名)。
    • 6月8日 - 開校式を挙行(この日に開校記念日を制定)。
  • 1919年大正8年)4月1日 - 県に移管、「岩手県立蚕業学校」に改称
  • 1936年昭和11年)4月1日 -「岩手県立農蚕学校」に改称
  • 1939年(昭和14年)5月8日 - 千厩町宮敷から千厩町石堂に移転。校舎敷地5,000坪、運動場3,000坪。
  • 1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革により「岩手県立千厩高等学校」に改称。全日制は普通科・農蚕科・女子農業科を、定時制は中心校と藤沢・薄衣の2分校。
  • 1950年(昭和25年)
  • 1951年(昭和26年)
  • 1953年(昭和28年)5月3日 - 薄衣分校校舎を新築落成。
  • 1961年(昭和36年)11月4日 - 創立60周年記念式典を挙行。日本庭園を造成。
  • 1964年(昭和39年)4月1日 - 薄衣分校の募集停止(生徒は本校に編入して閉校)。
  • 1967年(昭和42年)9月23日 - 創立65周年同窓会記念事業として第2グラウンド及び新農場落成式を挙行。
  • 1971年(昭和46年)10月22日 - 創立70周年記念式典を挙行。
  • 1974年(昭和49年)4月1日 - 本校と「千厩農業高等学校」に分離。本校は千厩町上駒場に移転。
  • 1975年(昭和50年)
    • 2月10日 - 本校の校旗樹立式・校歌制定披露式を挙行。
    • 4月1日 - 全日制畜産科を募集停止、農業科2学級を新設(千厩農業高校)。
  • 1977年(昭和52年)12月16日 - 本校の柔剣道場を落成。
  • 1981年(昭和56年)
    • 1月30日 - 千厩高等学校54・55年度文部省・県教委指定学習習熟度別指導研究公開発表会を開催。
    • 4月7日 - 岩手県立千厩高等職業訓練校との技能連携により、定時制普通科建築コースを30名募集(千厩農業高校)。
  • 1982年(昭和57年)
    • 10月17日 - 創立80周年校舎落成記念式典を挙行(千厩農業高校)。
    • 12月7日 - 本校の高等学校体育施設開放用夜間照明を設置。
  • 1983年(昭和58年)
    • 1月25日 - 農業実験実習棟を落成(千厩農業高校)。
    • 10月9日 - 本校の普通科設置35周年記念式典・祝賀会を挙行。
    • 11月2日 - 産振施設6棟を落成(千厩農業高校)。
  • 1984年(昭和59年)2月10日 - 柔剣道場を落成(千厩農業高校)。
  • 1986年(昭和61年)
    • 4月1日 - 産業技術科を開設(千厩農業高校)。
    • 11月30日 - 本校の研修会館・弓道場・的場を落成。
  • 1987年(昭和62年)3月24日 - 産業技術科棟を落成(千厩農業高校)。
  • 1988年(昭和63年)4月1日 - 千厩農業高等学校を「岩手県立千厩東高等学校」と改称。生活科を募集停止、生活科学科を開設。
  • 1989年平成元年)3月23日 - 本校の第二体育館を落成。
  • 1990年(平成2年)12月4日 アメリカ合衆国ニューヨーク市カーチス高校と姉妹校成立(千厩東高校)。
  • 1991年(平成3年)10月9日 - 創立90周年記念式典を挙行(千厩東高校)。
  • 1993年(平成5年)
    • 4月1日 - 学科再編により、農業科・生活科学科を募集停止(千厩東高校)。本校に生産技術科を開設、産業技術科を1学級増。
    • 12月6日 - 県立千厩病院建設に伴い、千厩高等学校周辺の造成工事を着工。
  • 1995年(平成7年)11月8日 - アメリカ合衆国ミシシッピー州オックスフォード町ラファイエット高校と姉妹校成立(千厩東高校)。
  • 1996年(平成8年)
    • 3月16日 - ラファイエット高校との短期生徒交換派遣事業を開始(千厩東高校)。
    • 6月27日 - 第2グラウンドを造成(千厩東高校)。
  • 2002年(平成14年)4月1日 - 千厩東高等学校を統合、定時制を募集停止。統合後は千厩東高等学校へ移転
  • 2003年(平成15年)
  • 2005年(平成17年)
    • 3月12日 - 定時制閉校記念式典を挙行[4]
    • 9月20日 - 市町村合併に伴い所在地が一関市千厩町に変更。
  • 2006年(平成18年)4月1日 - 藤沢高等学校との統合が年度進行で開始。
  • 2007年(平成19年)3月23日 - 海外派遣事業により生徒をアメリカ合衆国マサチューセッツ州マーシュフィルド町へ派遣。
  • 2008年(平成20年)
    • 3月1日 - 藤沢高等学校閉校式典を挙行。
    • 3月13日 - 海外派遣事業により生徒をオーストラリアへ派遣。
    • 4月1日 - 藤沢高等学校を完全統合
  • 2011年(平成23年)10月1日 - 創立110周年記念式典を挙行。
  • 2014年(平成26年)4月1日 - 普通科を1学級減[5]
  • 2015年(平成27年)
  • 2016年(平成28年)10月20日 - グラウンド整備工事を着工。
  • 2017年(平成30年)3月27日 - 校内配電線路を改修。弓道場を落成。
  • 2018年(平成31年)3月12日 - 部室棟を新築。
  • 2019年令和元年)12月27日 - 消火設備を改修。
  • 2020年(令和2年)7月31日 - グラウンド整備工事が竣工。
  • 2022年(令和4年)10月15日 - 創立120周年記念式典・記念講演会を挙行[7]

出典[1]

設置学科編集

  • 全日制課程
    • 普通科:1948年設置
    • 産業技術科:1986年設置
    • 生産技術科:1993年設置

出典[8]

廃止学科編集

千厩東高校(旧千厩農業高校)は含めない[1]
課程 学科 設置年度 廃止年度 備考
全日制課程 男子部 1902年 1948年 1945年本科から改称
女子部 1927年別科から改称
農蚕科 1948年 不明
農村家庭科 1949年女子農業科から改称
農業科 1963年 1974年 千厩農業高校へ移行
畜産科
生活科
定時制課程 普通科 1948年 2005年
農業科 1963年 夜間定時制普通科に変更
家庭科 1951年 1957年

校訓編集

質実剛健

  • 質素で飾り気がなく、誠実であり、心身ともに強くたくましい人間育成をめざす。

文武両道

  • 学習活動と部活動を両立させ、知・徳・体のバランスのとれた人間育成をめざす。

出典[9]

校章編集

 
本校舎東棟に設置されている校章

校章は、戦後の学制改革による千厩高等学校の発足時に制定された。1974年(昭和49年)の学校分離により千厩農業高等学校に、1988年(昭和63年)の校名改称により千厩東高等学校に、さらに2002年(平成14年)の学校再編計画により開校した現在の千厩高等学校に受け継がれた。

デザインは、桑葉に生糸を配したものである。桑樹は、生命力が旺盛にして強靭、生糸は、純粋無垢、優美高尚の象徴である。即ち、千厩高等学校の磯が堅固であり、絶えず進展、躍動する青春を意味する。

出典[9]

スクールカラー編集

ネイビーブルー(明るい濃紺色)

100年の伝統を踏まえた落ち着いた色調の中に清楚さと礼儀正しさをあわせ持っている[9]

学校活動編集

主な学校活動(行事)のみ掲載し、年度により開催月が異なる活動は除く。

  • 4月 - 新任式、始業式、入学式、オリエンテーション
  • 5月 - 高総体壮行式・前期
  • 6月 - 前期中間考査、クラスマッチ
  • 7月 - 終業式
  • 夏季休業 - 夏季課外、中学生体験入学
  • 8月 - 始業式
  • 9月 - 前期末考査
  • 10月 - 千仰祭、芸術鑑賞
  • 11月 - 後期中間考査
  • 12月 - 修学旅行(2年生)、終業式
  • 冬期休業 - 冬季課外
  • 1月 - 始業式
  • 2月 - 後期末考査
  • 3月 - 卒業式、一般入学者選抜検査、終業式、離任式
  • 学年末休業

部活動編集

運動部編集

計14部が活動している[8]

  • 硬式野球部(男子)
  • ボクシング部(男子)
  • サッカー部(男子)
  • ソフトボール部(女子)
  • 陸上競技部
  • バスケットボール部
  • バレーボール部
  • ソフトテニス部
  • バドミントン部
  • 卓球部
  • 柔道部
  • 剣道部
  • 弓道部
  • ワンダーフォーゲル部

文化部編集

計8部が活動している[8]

  • 美術部
  • 写真部
  • 書道部
  • 音楽部
  • 吹奏楽部
  • 筝曲部
  • 演劇部
  • 茶道部

廃止した部活動編集

文化部

  • アマチュア無線部(2006年度[10][11]

同好会

  • 囲碁将棋同好会(2016年度[12][13]
  • コンピュータ同好会(同上)
  • インターアクト同好会(同上)
  • 英会話同好会(同上)
  • 器楽同好会(同上)

付属施設編集

主な施設のみ掲載[14]

  • 産業技術棟 - 校舎と接続
  • 生産技術棟 - 校舎と接続
  • 第一体育館 - 校舎と渡り廊下で接続
  • 第二体育館 - 同上
  • 校庭(山仰台)
  • 山仰館
  • セミナーハウス
  • グラウンド
  • 柔剣道場
  • ボクシング場
  • 弓道場
  • テニスコート
  • 部室塔
  • 農場(生産技術科用)

生徒・学級数編集

2006年度以降は毎年度、生徒数と学級数を掲載。

年度 定員 生徒数 増減 学級数 増減 出典 備考
1902(明治35)年度 不明 25 1 [1] 開校
1944(昭和19)年度 100 不明 不明 本科+1
1945(昭和20)年度 女子部+1、本科を男子部へ改名
1948(昭和23)年度 不明 全日制・定時制設置、各分校設置
1957(昭和32)年度 834 21 [15]
1963(昭和38)年度 320 不明 不明 [1] 普通科定員200
1973(昭和48)年度 不明 生活科+1(臨時)
1974(昭和49)年度 全日制普通科へ改編
1980(昭和55)年度 12
1981(昭和56)年度 200 13 1 普通科+1(臨時)
1987(昭和62)年度 160 12 0
1988(昭和63)年度 12 0
1989(平成元)年度 12 0
1990(平成2)年度 12 0
1991(平成3)年度 12 0
1992(平成4)年度 12 0 創立90周年
1993(平成5)年度 12 0
1994(平成6)年度 12 0
1995(平成7)年度 12 0
1996(平成8)年度 200 13 1 普通科+1(臨時)
1997(平成9)年度 160 13 0
1998(平成10)年度 13 0
1999(平成11)年度 12 -1 [16]
2000(平成12)年度 12 0
2001(平成13)年度 12 0
2002(平成14)年度 280 878 不明 [1][16] 定時制募集停止、創立100周年
2003(平成15)年度 240 843 -35 20 [17] 産技科-1
2004(平成16)年度 789 -54 19 -1 [10]
2005(平成17)年度 不明 18 -1 定時制廃止
2006(平成18)年度 709 18 0 [18]
2007(平成19)年度 699 -10 18 0 [19]
2008(平成20)年度 687 -12 18 0 [20]
2009(平成21)年度 701 14 18 0 [21]
2010(平成22)年度 691 -10 18 0 [22]
2011(平成23)年度 698 7 18 0 [23]
2012(平成24)年度 664 -34 18 0 [24] 創立110周年
2013(平成25)年度 609 -55 18 0 [25]
2014(平成26)年度 200 576 -33 17 -1 [26] 普通科-1
2015(平成27)年度 547 -29 16 -1 [27]
2016(平成28)年度 553 6 15 -1 [28]
2017(平成29)年度 523 -30 15 0 [29]
2018(平成30)年度 529 6 15 0 [30]
2019(令和元)年度 506 -23 15 0 [31]
2020(令和2)年度 489 -17 15 0 [32]
2021(令和3)年度 473 -16 15 0 [33]
2022(令和4)年度 482 9 15 0 [34] 創立120周年

アクセス編集

国道284号(千厩バイパス)沿いに位置している。

鉄道編集

バス編集

自動車編集

周辺編集

  • 千厩警察署
  • 千厩郵便局

脚注編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f 沿革”. 岩手県立千厩高等学校. 2022年10月2日閲覧。
  2. ^ 学校一覧 令和3年度”. 岩手県. p. 36. 2022年10月1日閲覧。
  3. ^ 学科紹介”. Wayback Machine. 2010年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月2日閲覧。
  4. ^ 広報せんまや 第616号”. WARP. 2005年8月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月19日閲覧。
  5. ^ “【高校受験2014】岩手県公立高校の募集定員、前年度比120人減”. ReseMom. (2013年11月11日). https://resemom.jp/article/2013/11/11/15932.html 
  6. ^ 旧千厩高等学校校舎等解体工事について(お知らせ)”. Wayback Machine. 2016年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月18日閲覧。
  7. ^ “地に根を張り歴史紡ぐ 千厩高120周年で記念式典【一関】”. Iwanichi Online. (2022年10月16日). https://www.iwanichi.co.jp/2022/10/16/8876044/ 
  8. ^ a b c 中学生用案内”. Wayback Machine. 2021年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月18日閲覧。
  9. ^ a b c 学校概要”. Wayback Machine. 2010年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月2日閲覧。
  10. ^ a b 中学生用案内”. Wayback Machine. 2005年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月18日閲覧。
  11. ^ 中学生用案内”. Wayback Machine. 2007年11月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月18日閲覧。
  12. ^ 中学生用案内”. Wayback Machine. 2015年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月18日閲覧。
  13. ^ 中学生用案内”. Wayback Machine. 2016年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月18日閲覧。
  14. ^ 各種地図”. Wayback Machine. 2012年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月2日閲覧。
  15. ^ 『千厩高等学校記念誌』岩手県立千厩高等学校、1958年。 
  16. ^ a b 県立高等学校再編の取組み”. 岩手県. 2022年10月19日閲覧。
  17. ^ 中学生用案内”. Wayback Machine. 2004年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月18日閲覧。
  18. ^ 学校一覧 平成18年度”. 岩手県. p. 52. 2022年10月1日閲覧。
  19. ^ 学校一覧 平成19年度”. 岩手県. p. 52. 2022年10月1日閲覧。
  20. ^ 学校一覧 平成20年度”. 岩手県. p. 52. 2022年10月1日閲覧。
  21. ^ 学校一覧 平成21年度”. 岩手県. p. 44. 2022年10月1日閲覧。
  22. ^ 学校一覧 平成22年度”. 岩手県. p. 42. 2022年10月1日閲覧。
  23. ^ 学校一覧 平成23年度”. 岩手県. p. 42. 2022年10月1日閲覧。
  24. ^ 学校一覧 平成24年度”. 岩手県. p. 42. 2022年10月1日閲覧。
  25. ^ 学校一覧 平成25年度”. 岩手県. p. 42. 2022年10月1日閲覧。
  26. ^ 学校一覧 平成26年度”. 岩手県. p. 42. 2022年10月1日閲覧。
  27. ^ 学校一覧 平成27年度”. 岩手県. p. 42. 2022年10月1日閲覧。
  28. ^ 学校一覧 平成28年度”. 岩手県. p. 44. 2022年10月1日閲覧。
  29. ^ 学校一覧 平成29年度”. 岩手県. p. 36. 2022年10月1日閲覧。
  30. ^ 学校一覧 平成30年度”. 岩手県. p. 36. 2022年10月1日閲覧。
  31. ^ 学校一覧 令和元年度”. 岩手県. p. 36. 2022年10月1日閲覧。
  32. ^ 学校一覧 令和2年度”. 岩手県. p. 36. 2022年10月1日閲覧。
  33. ^ 学校一覧 令和3年度”. 岩手県. p. 36. 2022年10月1日閲覧。
  34. ^ 学校概要”. 岩手県立千厩高等学校. 2022年10月2日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

公式サイト・ブログ