メインメニューを開く

岩本 仁志(いわもと ひとし、1964年4月17日 - )は、日本テレビ放送網制作局ドラマ班所属のディレクター演出家。代表作に『白線流し』、『ナースのお仕事』、『神様、もう少しだけ』、『救命病棟24時』、『女王の教室』などがある。2002年に『明日があるさ THE MOVIE』で映画監督デビューも果たしている。東京大学卒業。

経歴編集

1989年フジテレビジョンに入社。第一制作部に所属し、いくつかのヒット番組を演出するが、2000年にローカル営業部への異動が発令され、いったんはドラマ制作から遠ざかる。その後、日本テレビからのオファーがあり、2001年3月にフジテレビジョンを退職、日本テレビと「年度契約社員」として契約。現在日本テレビ社員。

主な作品編集

太字は連続ドラマのチーフディレクター

NHK編集

フジテレビ系編集

日本テレビ系編集

その他編集

映画編集

  • 明日があるさ THE MOVIE(2002年10月5日)
  • MW-ムウ-(2009年7月4日)

受賞歴編集