メインメニューを開く

岩本勉のまいどスポーツ』(いわもとつとむのまいどスポーツ)は、文化放送2006年3月27日から放送しているスポーツ情報番組である。

目次

出演者編集

また、松島は一つ前の枠である『ライオンズエキスプレス』から引き続いて担当する。

過去の出演者編集

アシスタント編集

  • 藤木千穂(当時文化放送アナウンサー) 開始 - 2007年1月28日 部署異動による降板
  • 濱本りか(当時文化放送アナウンサー) 2009年4月5日 - 2010年7月26日 退社による降板
  • 野口綾子(タレント) 2010年10月10日 - 2011年4月3日 結婚のため降板
  • 上遠野紗織(フリーアナウンサー) 2011年4月4日 - 2012年4月1日 結婚と夫の海外転勤のため降板
  • 野口逢里(女優、タレント) 2012年4月2日 - 2016年3月21日 『NACK5 SUNDAY LIONS』に移籍
  • 八木菜緒(当時文化放送アナウンサー)2016年4月4日 - 2018年3月26日 退社による降板

HAKONEキャンパスレポート担当編集

放送時間 (2016年10月現在)編集

  • 毎週月曜日18:00 - 18:30
  • 毎週月曜日 18:45 - 19:00(延長戦)
過去
  • 4月 - 9月(いずれも文化放送のみ、単独放送)
    • 毎週月曜日17:57 - 18:30(2010年ナイターシーズンまで)
    • 毎週月曜日18:00 - 18:30(2011・2012年・2014年ナイターシーズン全期間、2015年ナイターシーズン前半の4月 - 6月)
    • 毎週月曜日18:00 - 18:50(2013年ナイターシーズン前半の4月 - 6月)
    • 毎週月曜日18:00 - 18:35(2013・2015・2016年ナイターシーズン後半の7月 - 9月)
  • 10月 - 3月
    • 毎週日曜日17:55 - 19:00(2012年度までのナイターオフシーズン。NRNネット枠は18:00 - 19:00)
    • 毎週月曜日18:00 - 18:30(2013年ナイターシーズン以降。以降は文化放送のみ)

ネット局編集

2012年度まではナイターオフシーズンのみ、NRNネット番組となっていた。ラジオ大阪を除いて、19時台には「ラジオふるさと便」をネットするため、18:00から20:00までの2時間は文化放送の番組が並んでいた。

  • ラジオ大阪(2006年度のナイターオフシーズンのみ、途中飛び降りでネットしていた)
  • IBC岩手放送(2009、2010年度のナイターオフシーズンにネット)
  • 山梨放送(2010年度のみ、ナイターオフシーズンにネット)
  • 北日本放送(2010 - 2012年度のナイターオフシーズンにネット)
  • 山口放送(同上)
  • 四国放送(2011、2012年度のナイターオフシーズンにネット)

補足編集

  • 4月 - 9月の期間は文化放送ライオンズナイターの放送枠内の番組であるため、月曜日に、埼玉西武ライオンズの試合がある場合は休止。または平日のうち、予備日以外の試合のない他曜日の同じ放送時間に振り替えて放送する。この措置はまいどスポーツに限らず月曜日の18:00 - 21:30に放送される、全ての定時番組共通である[1]
  • 2006年10月から2007年3月までの日曜日18:00 - 18:30はラジオ大阪にもネットしていた(この時間枠は聖教新聞社の提供)。2007年4月から2009年9月までは通年で文化放送のみでの放送、オフシーズン(10月 - 3月)はベースボール・マガジン社の一社提供となっている。
  • 2009年のオフシーズンは、IBCラジオへネット。2010年度オフシーズンからは、JRNTBSラジオ)が同時間帯の全国ネット番組を設定しないため、本番組をネットする局がさらに増加した。17:55からの5分間は文化放送のみで、2009年度のみは翌週のスポーツの予定を紹介していたが、2010年度からは出演者3人によるゲーム対決に充てられている(2010年度は「まいどスポーツ 山手線ゲーム」、2011年度は「クイズ速Q勝負」、2012年度は「まいどマンクイズ」)。ネット局が飛び乗る18:00の時報後にテーマ曲を出して、オープニングトークに入る形式となっている。なお、ナイターシーズンは2010年度以降も引き続き、文化放送のみの放送となる。
  • また、日本シリーズ・特別番組放送の場合は休止するが、2007年12月2日は北京オリンピックアジア地区最終予選星野ジャパン代表試合実況中継放送の場合、後続で放送されている「ラジオふるさと便」期間限定コーナー「箱根駅伝応援キャンパスレポート」を55分繰り上げて放送するため、18:35で放送終了となった。文化放送で休止となった場合、ネット局向け裏送りが行われるケース(実例:2010年11月7日、IBC岩手放送と山梨放送の2局で放送)と、各ネット局が別の特番で穴埋めするケースに分かれる(実例:2010年10月31日)。なお、2011・2012年度のネット局はいずれも日本シリーズ中継を行ったため、当然ながら裏送り分の制作は行われなかった。
  • そのほか、国政選挙当日と重なった場合には、開票速報番組ならびにA&G枠各番組の放送を優先するため、文化放送自社は18:30で飛び降りて、以降をネット局向けの裏送りとすることがある。最近では2012年12月16日が該当。
  • 毎年4月の第一週は、改編期のため、日曜と月曜に2日連続放送する。逆に、毎年10月の第一週には2週近く、放送間隔が空くことがある(2010年はこれを回避するため、西武戦のない10月1日の金曜日に、ライオンズナイター枠を丸々使ったスペシャル版を放送する予定であったが、パ・リーグ3位争いのかかった「ロッテ×オリックス」の中継が急遽行われたため、結局、2週空いてしまった)。
  • 岩本と野口綾子はGAORAで、2010年から放送されている『月刊ファイターズTV』でも共演(岩本がコメンテーター、野口は進行役)していた。
  • ナイターシーズン中の放送は、2010年度まで、6時の時報が入らない(2011年度以降は番組スタートが6時になったため、時報が入るようになった)。
  • 2011年度の場合、6月末-7月にかけて埼玉西武ライオンズ戦の平日過密日程に伴い、ナイターシーズン中の日曜日に当番組を移動せざるを得ない状況となった(このため『文化放送ホームランナイター』の中継カードが一部、文化放送では放送されない状況も生じる。実例:2011年7月3日、7月24日)。
  • 2012年度も、6月末-7月にかけて、埼玉西武ライオンズ戦の平日過密日程に伴い、ナイターシーズン中の日曜日に当番組を移動せざるを得ない状況が生じた(実例:2012年7月1日)。
  • 2013年度は、4月改編で始まった同時刻のレギュラー番組『キニナル』を通年放送化することになったため、本番組は10月から、月曜18時台の通年放送となった。これにより、本番組は関東ローカルとなり、日曜18時台のNRNネット枠は廃止となった。
  • 2013年以降のオフシーズンは、『文化放送スポーツスクエア SET UP!!』の月曜版という扱いで放送される。ただし『ライオンズエクスプレス』を別番組とした18:00開始の編成は従来通りである。
  • 2018年6月25日放送のみ、18:45からの15分間『延長戦』と題しリスナーからメールに答える時間を新たに設け、『片山右京 DREAM REVIEW』を内包する形の1時間枠で放送した。これは、『就職戦士ブンナビ!』の同年度の放送が前週で終了し、その後番組『らくごのデンパ』の開始が翌週となるためで、つなぎ番組としての編成であった。

概要編集

  • 日本ハム一筋16年の元投手で、文化放送ほか各局でプロ野球解説者として活躍する岩本を迎えて送る、スポーツ情報番組。プロ野球が話題の中心となるが、他の競技の話題も取り上げ、選手へのインタビューなども数多く放送している。
  • 基本的には文化放送のスタジオから生放送だが、同局の平日プロ野球中継でおなじみの埼玉西武ライオンズの春季キャンプ開催地や、同局で日曜日に中継の機会がある競艇場からなど、スタジオ以外からの放送も状況に応じて行われている。岩本のスケジュールによっては録音もしくは岩本は電話での出演になる場合もある。一度北海道の局の西武ドームでのデーゲーム中継後に文化放送のスタジオに移動後出演予定が、数分間に合わなかったということもあった。
  • スポーツ情報が主軸の番組ではあるが、スポーツとは無縁の投稿を募集して紹介するコーナーがある。

コーナー編集

  • マイドラヤキクエスチョン 略して「ドラクエ」
    • スポーツに関するクイズを番組を聴いているリスナーに3問出題、正解数に応じて、どら焼きがプレゼントされる(ナイターオフ限定のコーナー)。2009年からは、リスナーが問題を出題し、出演者が答えるシステムになる。BGMは『ドラゴンクエスト』のテーマ曲などが使われている。主に、スペシャルウイーク前後に放送される。
  • まいどG大賞
    • テーマにあった話を送ってもらい、ABCDEFGの7段階で評価し、Aだと1個、評価が上がるごとに1個増え、最高評価のGだと7個のどら焼きがプレゼントされる。
  • いらっしゃ~い
    • ゲストコーナー。番組開始から唯一残っているコーナー。

過去のコーナー・不定期編集

  • 「ガンちゃんのすべらない話」
    • 球界のエンターテイナー(自称:ティナターナー)である、ガンちゃんが『すべらないBOX』からテーマを選んで、すべらない話をする。
  • 「パッと行こうや!パシフィック・リーグ」
    • 番組のキモとなっているコーナー。パシフィック・リーグ全体の展望についてガンちゃんが熱く語る。2007年から「生パ・リーグ情報略して『生っパ』」に改称された。2010年4月からは、ライオンズエキスプレス内に移行。2011年度から『ライオンズ~』がライオンズ選手のインタビューになり、終了。
  • 「ガンガンテレフォン」
  • サッポロビールPresents まいどキュメンタリー HAKONEキャンパスレポート
    • 2008年11月16日 - 2008年12月28日放送。箱根駅伝に出場する大学を取材する。現役女子大生が、リポートを行う。このコーナーのみ、箱根駅伝の特別協賛企業である、サッポロビールがスポンサーに付く。
  • コーナーではないが、過去には、ラジオ大阪が飛び降りる18時30分前に、岩本の物まねが突発的に行われたりした。

ゲスト出演編集

テレフォンゲスト編集

生出演編集

ほか多数

関連番組編集

北海道のHBCラジオで毎週日曜日に生放送されている岩本のレギュラー生番組。2008年よりプロ野球オフシーズン(10月〜3月)の放送曜日が当番組と重なったため、岩本はHBCラジオで生放送を終えた後6時間の間に飛行機で帰京して当番組に出演している。
2008年11月30日に岩本が浜名湖競艇場からの文化放送の競艇実況中継にゲスト出演し当番組も引き続き放送した際は、文化放送の中継回線を使用したて浜名湖競艇場からHBCラジオに生出演。同席した松島アナも一部参加した。2009年4月5日は、岩本が札幌ドームからHBCラジオに出演後北海道テレビの野球中継で解説して当番組に電話出演する予定だったが、試合終了が18時2分と当番組の開始時刻を過ぎたため、松島アナと同日に初出演だった濱本アナがスタジオで、岩本が電話登場する18時13分過ぎまでつないだ。
2009年10月からは、HBCラジオの番組終了時刻が13:00となり、岩本はインターバル5時間で帰京し、当番組に出演している。
雪などの天候障害により飛行機移動が間に合わず、当番組の生放送に岩本が到着できなかったと言う事例は2012年11月18日の1回のみである。
1968年にスタートした文化放送の番組。岩本勉と松島茂の2人がプロ野球の開幕前と終了後に登場してプロ野球と日本人メジャーの予想(シーズン前)および解説(シーズン後)を行う。

脚注編集

  1. ^ 但し2018年より初めから試合予定がない場合(交流戦の予備期間も含め)で後日月曜日に組み込まれた場合でもスポンサーの都合上定時番組を優先する措置をとることになった(2018年6月18日が該当)

外部リンク編集

文化放送 4月 - 9月のナイター非開催日のスポーツ情報番組枠
前番組 番組名 次番組
岩本勉のまいどスポーツ
-
文化放送 ナイターオフ 月曜18:00 - 18:30枠
いとうせいこう GREEN FESTA
※月曜20:00に移動したが、半年後月曜21:30へ再び移動
岩本勉のまいどスポーツ
※これより通年番組
-
文化放送 ナイターオフ 日曜18:00 - 19:00枠
岩本勉のまいどスポーツ
※本番組までNRNネット枠
キニナル
※これより通年番組