メインメニューを開く

岩村田祇園祭(いわむらだぎおんさい、いわむらだぎおんまつり)は長野県佐久市岩村田。荒宿地区が中心となる祇園祭である。祭の中で行われるお船様祭り(おふなさままつり)は「岩村田祇園におけるお船様祭り」として佐久市指定無形民俗文化財となっている。

目次

歴史編集

伝説では、大井城の「船姫」が自分の獅子顔を気にして、7月に崖から湯川に飛び込んで自害したという。しかし、の直前に、自分の命と交換に、領内に流行する疫病撲滅を祈ったので、の力により、白鷺に変身し、疫病も消滅したという。姫が自害した崖を「獅子岩」(ししいわ)といい、その下のを「御船ケ淵」(おふねがふち)と呼び、が常に着ていた着物が流れついた場所を「常木」(つねぎ)という。姫の遺体は石に変化し、その石を「立石」(たていし)という。その石の付近には美女の遺体があったので、船姫の生まれ変わりの姿だと言われた。姫の実家は、軽井沢の借宿にあったが、死を悲しんだ借宿の巨岩が急に動き出し、湯川を下り、岩村田の御船ケ淵の左岸で止まった。この石を「御船石」(おふねいし)といい、姫の命日の夜には悲しい泣き声を発するという。なお、御船石の姿や、経緯などから、つぶらな石という意味の「円石(つぶらいし)」と呼んだが、後の時代に豆牟禮石(つむれいし)や、潰石(つぶれいし)と表記するようになった。特に潰石は名にもなっている。

応永5年(1398年)に、大井氏が尾張国津島神社より祇園を岩村田に迎えた。以降、祇園祭とお船祭りを一緒に行うようになったという。獅子岩や御船ケ淵は、岩村田割元家の所有地であるので、以来、命日に割本邸で神事や振舞等を行っている。この時には江戸時代から清酒豆腐甘茶(天茶)を提供することになっている。割元邸は、祭礼当日の神職の更衣、入浴、食事、休憩の場所でもある。

姫の命日には、荒宿にお船様を奉安するが、鷺飾は、獅子岩や御船石などの方向(丑寅)を向かせる。御船様の場所から城や湯川へ向かう道を「鷺小路」と呼ぶ。御船様の北側には、若宮神社から出御した神輿が一晩だけ奉安されるが、その下をくぐると、姫の加護で疫病にならないという。 

神輿は本来は荒宿区の本神輿(ほんみこし)だけであったが、他の地域や、団体等の神輿も誕生した。なお、本祭礼の起源や風習等については諸説ある。 また、これらの祭礼を地元では「御祇園様(おぎょんさあ)」とか「御船様(おふねさん)」などと言う。御船様は平ら読みで、「ふ」の音を強く発音しない。

沿革編集

  • 船姫亡き後、数々の不可思議な現象があり、慰霊を行うようになる。
  • 応永5年(1398年) - 大井安大夫源光矩が尾張津島神社より祇園を岩村田に迎え、祇園祭とお船祭りを一緒に行うようになったという。
  • 永禄年間(1558年 ) - 戦国動乱で祇園祭中断。
  • 慶長18年(1613年) - 仙石秀久公祇園祭料寄進。
  • 元和元年(1615年) - 仙石秀久公祇園祭料寄進。
  • 寛永年間(1624年 ) - 約70年ぶりに祇園祭本格復活。
  • 寛文元年(1661年) - 御舟飾に記されている年号。
  • 元禄10年(1697年) - 仙石忠政公祇園祭料寄進。祇園のお船、踊り、踊り場詳細書完成[1]
  • 宝永2年(1705年) - 祇園の祭や踊りが一日で終わらなかったので問題となる[1]
  • 正徳5年(1715年) - 祇園祭御船式次第書が町内名主年寄が完成させ役所へ提出[1]
  • 享保2年(1716年) - 祇園祭で大喧嘩や騒動発生し問題となる[1]
  • 延享2年(1745年) - 尾張津島神社より祇園牛頭天王の御神軸を割本が賜わり、今も祭礼時に奉斎している。
  • 宝暦7年(1757年) - 祇園祭礼、神輿、御舟飾、由来書等の覚書を名主年寄連名で作成。
  • 寛政12年(1800年) - 「年々祇園祭は華美になっているので古来より由来なきもの禁止。練りの子供の絹布は禁止。町内練り物は手軽にせよ。神輿も禁止するが、御船付の十一名には乗馬、大小帯刀、御神体立てを許可する」役所より通達。
  • 天保5年(1834年) - 疫病多発、内藤正縄公が江戸で神輿奉製。二五名を派遣し神輿を佐久まで担ぐ。
  • 天保15年(1844年) - 御舟飾の着物にある年号。
  • 明治元年(1868年) - 祇園祭の御祭神の牛頭天王が須佐之男命に変更される。
  • 明治2年(1869年) - 篠澤豊太郎滋吉近らが願主となり御船屋台を寄進。
  • 大正9年(1920年) - 町内に電線が出現し御船が移動式から固定式になる。真榊は小型化しリヤカーで童女がひくが、やがて男性がひく。子供みこし誕生。
  • 昭和16年(1941年) - 大東亜戦争に出陣する人が多く、真榊に引かせる。
  • 昭和49年(1974年) - 湯川での御水渡を中止し、本町で行うようになる。
  • 昭和58年(1983年9月1日 - 佐久市が「岩村田祇園におけるお船様祭り」を無形民俗文化財に指定[2]
  • 平成24年(2012年6月28日 - 佐久市が「岩村田若宮神社祇園社神輿」を有形文化財に指定[3]

お船様の設置、解体編集

毎年7月に岩村田祇園祭・お船様祭りの準備を行う。町内の荒宿区では、「お船様」と呼ばれる巨大な船体のような祭礼施設を道路中央に組み立てる。船の上部には鷺飾(さぎかざり)を安置するが、これは約7.6メートルの帆柱の上に体長約2メートルの純白の鷺の人形を設置したもの。鷺は丑寅の方角を向かせることになっている。この組立を行う人達を「御船付」(おふねつき)と言い、基本的に世襲制である。祭礼で必要な木材は軽井沢町借宿の土屋家から奉納されていたが、現在は町内の山林等で調達している。船底部分には約3メートルのの木を立て、そこに御姫様を作る。御姫様は高さ約2.5メートル、着物姿で獅子顔をしている。船縁には幕をめぐらせ、完成する。

お船様の解体は祭翌朝から行う。お船様は大正時代に電線ができたため、移動ができなくなった。この獅子頭には寛文元年(1661年)の年号がある。提灯には応永5年(1398年)の文字があるが、何回か作りかえられている[4][5]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 志村洋『長野県佐久市岩村田 岩村田藩割元篠澤家文書目録』関西学院大学文学部日本史学研究室、2014年5月、25頁
  2. ^ 127 岩村田祇園におけるお船様祭り”. 佐久市. 2017年6月18日閲覧。
  3. ^ 「岩村田若宮神社祇園社神輿」が市有形文化財に指定されました。”. 佐久市. 2017年6月18日閲覧。
  4. ^ https://www.city.saku.nagano.jp/kyoiku/bunka/bunkazai/bunkazaijimusyo/shiteibunkazai.files/c127.pdf
  5. ^ 『佐久口碑伝説集 北佐久編 限定復刻版』- 長野県佐久市教育委員会 全434P中 3P、昭和53年11月15日発行

関連項目編集

外部リンク編集