メインメニューを開く
岩村田陣屋跡(浅間会館)

岩村田陣屋(いわむらだじんや)は、元禄16年(1703年)に長野県佐久市に1万5,000石で封じられた信濃岩村田藩の藩庁である。

武蔵赤沼藩より移封した譜代大名内藤正友により築かれた。その後、内藤氏は一時転封となったが、内藤正敬(まさゆき)の代に再度この地に封じられ、以降明治維新まで当陣屋に居を構えた。 以降7代続き明治維新を迎えた。

幕末期、正縄の代に城主格になったが、程なく明治維新を迎え、城郭は完成を見ることなく廃止された。[1]

陣屋遺構:市内野沢の中島公園に移築現存の蔵がある。

概略編集

岩村田陣屋があった場所は、現在の佐久市岩村田浅間支所(岩村田542番地付近)。敷地は正方形に近く、面積は約23,000m2

安政5年(1858年)の記録では陣屋中の建物施設数や、状況は次の通り。


  • 施設数-御殿1棟、御厩1棟、御長屋21棟、仏祠4棟、神祠1棟、御蔵2棟、御書物蔵1棟、面番所3棟、御役所1棟、(瓢箪形)1ケ所、御門5ケ所、桝形1ケ所。
  • 北面-龍雲寺除地田に面し北東に御厩、北西に仏祠、中央に御長屋があり、概ね建物は東西に長い。
  • 東面-北東に神・仏祠があり、長屋や瓢箪池が並び、その東は町屋。池は南北に長い形状で上流部が細い。
  • 南面-御殿の巨大な建物が東西に長くあり、往来(旧中山道)が東西に通っていた。その南は割元屋敷
  • 西面-北西から仏祠、御長屋、御門、番所などが比較的密集して並んでいた。表御門は西に面していた。その門から北西方向の道向うに御門があり、その奥が御役所。なお、水路は御殿を囲むように東西南北に流れているが、現在の用水や側溝に類似した位置にある。なお、明治2年の地図では陣屋の場所はになっている。その直後、郡役所が完成し、また民家や畑などになった場所もあった[2]

脚注編集

  1. ^ 一般的に城主格大名に居城の築城や陣屋の城郭への転換は許可されることがない。
  2. ^ 『望月歴史民俗資料館編集特別展街道文化佐久の中山道宿場展佐久市を貫く中山道今に伝える宿場町』佐久市教育委員会発行 全28頁中9頁