メインメニューを開く

岩槻城

さいたま市岩槻区にあった城

岩槻城(いわつきじょう)は、戦国時代に築かれた平山城。大宮台地岩槻支台上に立地。武蔵国埼玉郡岩槻(現在の埼玉県さいたま市岩槻区)にあった岩槻藩の藩庁(日本の城)。別称に岩付城、岩附城、浮城、白鶴城がある。県指定史跡[1]。また周囲の大構(おおがまえ)は市指定史跡となっている[2]

logo
岩槻城
埼玉県
岩槻城黒門
岩槻城黒門
別名 岩付城、岩附城、白鶴城、浮城
城郭構造 総曲輪式平城
天守構造 不明
築城主 太田道真
築城年 1457年
主な改修者 後北条氏
主な城主 太田氏後北条氏大岡氏
廃城年 1871年(明治4年)
遺構 現存門、土塁、曲輪、空堀、土橋、馬出し
指定文化財 県指定史跡(城跡)
市指定史跡(大構)
位置 北緯35度57分4.85秒
東経139度42分36.86秒
座標: 北緯35度57分4.85秒 東経139度42分36.86秒
地図
岩槻城の位置(埼玉県内)
岩槻城
岩槻城

歴史編集

室町時代編集

従来は『鎌倉大草紙』により、古河城にいた古河公方足利成氏に対抗するため、1457年(長禄元年)、扇谷上杉持朝とその家臣太田道真太田道灌父子により、江戸城河越城とともに築かれたとされていた[3][4]。近年、1478年(文明10年)に古河公方方の忍城成田顕泰の父成田自耕斎正等が築城したと記述された史料[5]の発見により[6]、成田氏築城説もあるという[7][8]

近年、成田氏築城説の根拠となった史料について、新たな解釈が示されている。本史料で築城者「正等」の子としている「顕泰」は成田顕泰ではなく、長尾忠景の三男であり太田道真の養子になった人物とし、「正等」は道真の法諱(仏法社会の本名)とみなす[9]。2014年の時点では太田氏築城説と成田氏築城説が並立している状態であるという。

その後、永正7年(1509年)には、古河公方奉公衆である渋江氏が岩付城主となったとみられている[10]

戦国時代編集

扇谷上杉氏山内上杉氏の対立から関東も戦乱期に突入する。1522年(大永2年)[11]太田資頼が岩槻城を奪取し、以後、岩付太田氏の居城となる。伊豆相模を手中に収めていた北条氏が武蔵に侵攻して岩槻城攻略に乗り出すと、1546年(天文15年)の河越夜戦で北条氏の武蔵支配が決定的になる中、岩付城はそれに抵抗する太田資正(三楽斎)の居城として機能した[4]1564年(永禄7年)、資正の留守中に嫡子・太田氏資北条氏康に内応し資正の追放を断行、岩付城は後北条氏方となった[4]1567年(永禄10年)、氏資が上総国で戦死すると、氏資には男子がいなかったため、北条氏はこれを契機に岩付城を直轄にする。1580年(天正8年)には北条氏直の弟の源五郎が、その早世後の1585年(天正13年)にはその弟氏房が城主になった(形の上では太田氏の名跡を継いでいる)。

1590年(天正18年)、豊臣秀吉による小田原征伐の際には、氏房が小田原城に詰めたため、氏房付の宿老である伊達房実の指揮の下、2000の兵が岩付城に籠城するが、浅野長吉等に率る約2万の兵に攻められ、1000余の犠牲を出して数日後に降伏落城した[4]

江戸時代編集

北条氏滅亡後、徳川家康が関東に入ると、徳川家の譜代家臣の高力清長が2万石で岩槻城に入った[4]。以後、青山氏阿部氏板倉氏戸田氏藤井松平氏小笠原氏永井氏譜代大名の居城となった[4]。江戸中期に徳川家重側用人大岡忠光大岡忠相の遠縁)が入って藩主家が固定、廃藩置県まで大岡氏の居城となった[4]。天守はなかったが、天守代用の櫓として本丸に二層二階の瓦櫓があり、他に杮葺二層二階の二重櫓と同じく杮葺の一層一階の櫛形櫓が本丸に存在した。

明治時代以降編集

 
1770年(明和7年)に作られた裏門。岩槻城の裏門と伝えられているが、所在位置については不明である。(2007年8月)

城址公園に黒門と裏門が移築され残っている。他に門2棟が移築され残っている。城址公園は曲輪の一部で、本丸があった場所は住宅地となっている。また1988年には地名変更により本丸が成立している。

構造編集

岩槻城の地形は「岩槻台地の舌状台地上に築かれ、北から東を元荒川が囲繞、その内側には帯曲輪があり、南西方向を除いて沼(堀)に囲まれ」ている[12]。荒川(現在の元荒川)の台地を利用した平山城。また珍しい総曲輪型城郭の縄張りが施されていた。

城下町は、「南西方向は岩槻台地に連続し、武家屋敷が縄張りされ、町人町はその外側の南西から西側にかけてと南東側に配置されている。寺院は町人町の外縁、大構(惣構)の要所要所に配置されている。」[12]

岩槻城の城跡は「本郭と東に続く二の丸、南の三の丸を中心に茶屋曲輪・天神曲輪・竹沢曲輪・新正寺曲輪・新曲輪などの諸曲輪からなり、沼地であった所へ縄張りして築城した」という[13]。岩槻城の構造は、「西南を首とし東北を後とし、南は濠をめぐらして」いることから浮城・白鶴城などと呼ばれたという[13]。岩槻城の城跡と構築については、城跡が「城下町(本郭の南方)まで含めて周囲に大構(土居)があり、それは城の外郭(周囲約8㎞)に当たり、内から外に土塁・濠・道路の順で構築され」たものであり、小田原城・館林城などのほか、あまり類例は少ないという[13]。岩槻城の規模は、「天保年間の城の規模は大構内総面積99万7293㎡・城内面積10万9560㎡」であった[13]

岩槻城の本丸(8,930㎡)は城の東北に位置し、「土居を築き濠をめぐらし東北は沼、西南は濠を構えて他の郭(曲輪)と境をなし、車橋番所が重要な検問所となった」[13]。「城内には将軍家の日光参詣の折に用いた茶屋曲輪御成門(本丸の南北)、馬出を構えた大手門(本丸の北西)などの6つの門と7つの木戸を設け警固にあたっていた」[13]

中世には奥大道(おくだいどう)(鎌倉街道中道(かまくらかいどうなかつみち)、奥州街道(おうしゅうかいどう))沿いに、近世には日光御成街道沿いにあった。また、昔あったとされる水堀の面積は現在確認されている城の中で最大を誇る。堀や沼地は埋め立てられ、本丸太田などの住宅地となっている。

別名について編集

岩付城は、太田道灌が築城した際の物語に由来し、別名「白鶴城」、「竹たばの城」、「浮城」などとよばれている。築城を命じられた太田道灌は、沼のほとりで2羽の白鶴が木の枝を水面に落とし、その上に舞い降りたことから、たくさんの竹をたばねて沼に埋め、盛土をして城づくりをし、岩付城ができたという[14]

岩槻城址公園編集

 
岩槻城址公園

岩槻城址公園(いわつきじょうしこうえん)は、岩槻城を含め周辺を整備した公園である。ほぼ岩槻区太田3丁目の全域に広がる。通称御林(おはやし)公園と呼ばれる。の名所としても名高い。

沿革編集

旧・岩槻市の都市計画公園として整備され、開園時は岩槻公園(いわつきこうえん)と呼ばれたが、さいたま市との合併に伴い「城址」の2文字が加えられた。14.54ha(計画面積は17.9ha)の起伏の多い公園で、岩槻城址の土塁が今でも残っている。土塁と空堀跡が残る、一部の場所は宗教施設になっている。

園内編集

 
八ッ橋と桜

園内にある池には、この公園の象徴であり、ギザギザの橋が特徴的な朱塗りの八ッ橋が架かる。北側の広場には、子供用の遊具や広い芝生、童人形が時を告げるからくり時計と、東武鉄道の特急車1720系「デラックスロマンスカー」の第1編成のうち、東武日光方の先頭車である1726号が静態保存されている。これは、1994年5月に旧・岩槻市の市制施行40周年を記念して、東武鉄道から寄贈された車両である。

その他、さいたま市民会館いわつき、岩槻城址公園野球場、岩槻城址公園テニスコート、岩槻城址公民館などの施設が園内にある。

行事編集

毎年4月上旬には桜祭りが開催され、屋台なども出店され賑わう。植木市も開催される。
毎年4月29日には岩槻流しびなが行われる。子供の無病息災を願う行事で、現在のひな祭りの起源とも言われている。
毎年11月3日には園内西部の人形塚人形供養祭が行われている。

史跡・文化遺産編集

  • 細淵家住宅長屋門:「木造平屋建、瓦葺」である。「岩槻城からの移築という伝承」は信頼性が高い。[15]
  • 岩槻城并侍屋敷城下町迄総絵図:江戸時代/18世紀中葉、「紙本着色。画面を内側として、縦7折、横11折し、表面となる2面の内1面に外題(標題)を墨書する。」[16]
  • 長谷川家住宅旧店蔵及び主屋:「岩槻旧城下の町人地に位置」する。「旧店蔵 土蔵造2階建、瓦葺、建築面積49㎡ 主屋 木造平屋建、瓦葺」である。[17]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 文化財紹介『岩槻城』(さいたま市公式サイト)
  2. ^ 文化財紹介『岩槻城大構』(さいたま市公式サイト)
  3. ^ 鎌倉大草紙』巻五(第四編十九号)「長禄元年四月、‥太田備中守入道ハ武州岩槻の城を取立、‥」による。
  4. ^ a b c d e f g 日本城郭大系 5 埼玉・東京』新人物往来社、1979年、186-189頁。ISBN 978-4404009760
  5. ^ 『文明明応年間 関東禅林詩文等抄録』所収の『自耕斎詩軸并序』にある記述 「武州騎西郡有村、曰岩付、又曰中扇、附者傅也、岩付左衛門丞顕泰公父故金吾、法諱正等、挟武略之名翼、有門蘭乃輝、築一城」による。
  6. ^ 本史料は、長塚孝「古河公方足利氏と禅寺寺院-旧利根川下流域を中心に-」『葦のみち〈三郷市史研究〉』2号、1990年。により着目されるようになった。
  7. ^ 黒田基樹「岩付城の築城時期と初期の城主」『戦国東国の大名と国衆』岩田書院、2001年、60-64頁。/初出は:「扇谷上杉氏と渋江氏-岩付城との関係を中心に-」『北区史研究』2号、1994年。
  8. ^ 黒田基樹「岩付太田氏の成立」『扇谷上杉氏と太田道灌』岩田書院、2004年、175-177頁。
  9. ^ 小宮勝男『岩槻城は誰が築いたか』さきたま出版会、2012年。
  10. ^ 黒田基樹「岩付太田氏の系譜と動向」『論集戦国大名と国衆12 岩付太田氏』岩田書院、2013年。
  11. ^ 「年代記配合抄」による。「本土寺過去帳」には1524年(大永4年)の事件とする。
  12. ^ a b 下中 1993, p. 985
  13. ^ a b c d e f 竹内 1980, p. 127
  14. ^ 埼玉県郷土誌研究会編、「白鶴城と初雁城」 『史跡と人物でつづる-埼玉県の歴史』 光文書院、1983年、86頁。 
  15. ^ 細淵家住宅長屋門 ほそぶちけじゅうたくながやもん」『文化遺産オンライン』文化庁(閲覧日2017年9月2日)
  16. ^ 岩槻城并侍屋敷城下町迄総絵図 いわつきじょうならびにさむらいやしきじょうかまちまでそうえず」『文化遺産オンライン』文化庁(閲覧日2017年9月2日)
  17. ^ 長谷川家住宅旧店蔵及び主屋 はせがわけじゅうたくきゅうみせぐらおよびしゅおく」『文化遺産オンライン』文化庁(閲覧日2017年9月2日)

参考文献編集

  • 下中弘、「岩槻城下」、小野文雄編 『埼玉県の地名』 平凡社〈日本歴史地名大系 11〉、1993年、985-987頁。 
  • 竹内理三、「岩槻」、「角川日本地名大辞典」編纂委員会編 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』 角川書店、1980年、126-127頁。 

関連項目編集

外部リンク編集