メインメニューを開く

参考:岩槻市は、現行の行政区である岩槻区と範囲を同じくしていることから、多くの記事が岩槻区に記載されています。


岩槻市
Flag of Iwatsuki Saitama.JPG
岩槻市章
廃止日 2005年4月1日
廃止理由 編入合併
岩槻市さいたま市
現在の自治体 さいたま市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 埼玉県
団体コード 11213-5
面積 49.16km2.
総人口 109,795
推計人口、2005年3月1日)
隣接自治体 さいたま市春日部市川口市越谷市蓮田市白岡市
市の木 ケヤキ
市の花 ヤマブキ
岩槻市役所
所在地 339-8585
埼玉県岩槻市本町六丁目1番1号
Iwatsuki-cityhall2.jpg
外部リンク 岩槻市(Internet Archive)
座標 北緯35度57分03秒
東経139度41分58秒
岩槻市の位置
 表示 ウィキプロジェクト

岩槻市(いわつきし)は、かつて埼玉県の東部に存在したである。東京都特別区部への通勤率は15.9%・さいたま市への通勤率は13.5%(いずれも平成12年国勢調査)。旧南埼玉郡2005年(平成17年)4月1日にさいたま市に編入され、旧市域はそのままさいたま市岩槻区に移行した。

市の中心部は江戸時代岩槻藩5万5千石の城下町でありかつ日光御成街道宿場町でもあった。

目次

地理編集

地理については岩槻区の記事を参照のこと。

歴史編集

岩槻市の成立から廃止までの時期以外については、岩槻区の記事を参照のこと。

  • 1954年(昭和29年)7月1日 - 南埼玉郡岩槻町が市制施行し岩槻市が発足。
  • 2003年(平成15年)1月26日 - 合併の是非・合併相手の候補を考える住民投票[1]が行われ、さいたま市との合併に賛成が半数を超え、同年2月5日にさいたま市に対して合併協議を申し入れた。
  • 2005年(平成17年)4月1日 - さいたま市に編入され、さいたま市岩槻区となる。

行政編集

歴代市長編集

氏名 就任 退任 期・備考
平野廣 1954年7月1日 1958年6月30日 1期・1951年10月9日より1954年5月2日まで合併前の岩槻町長(旧)、1954年5月3日より5月29日まで合併後の岩槻町長職務執行者として在任(通算2期)

岩槻町長選挙に出馬のため職務執行者を辞任、1954年5月30日より6月14日まで利根川清(元・慈恩寺村長)が岩槻町長職務代理者として在任

その後、岩槻町長選挙に当選、1954年6月15日より6月30日まで岩槻町長(新)を在任

2 1958年7月1日 1962年6月30日 2期(通算3期)
3 1962年7月1日 1966年3月11日 3期(通算4期)
4 折原一 1966年4月25日 1970年4月24日 1期
5 1970年4月25日 1973年6月11日 2期・収賄容疑で逮捕され、失職
6 関根龍之焏 1973年7月29日 1977年7月28日 1期
7 1977年7月29日 1981年7月28日 2期
8 1981年7月29日 1985年7月28日 3期
9 斎藤伝吉 1985年7月29日 1989年7月28日 1期
10 1989年7月29日 1993年7月28日 2期
11 1993年7月29日 1997年7月28日 3期
12 1997年7月29日 1998年1月12日 4期・収賄容疑で逮捕され、失職
13 佐藤征治郎 1998年3月1日 2002年2月28日 1期
14 2002年3月1日 2005年3月31日 2期、さいたま市への編入合併に伴い失職
 
岩槻市役所玄関の銘板(合併直前時)

姉妹都市・提携都市編集

下記は岩槻市廃止時点のものである。

国内編集

海外編集

地域編集

健康編集

  • 平均年齢:42.5歳(男=41.7歳、女=43.4歳) (2005年1月1日現在)

教育編集

学校編集

学校のリストについては、岩槻区の記事を参照のこと。なお、岩槻市廃止以降旧市域での学校の新設・統廃合・名称変更(「岩槻市立」から「さいたま市立」への変更を除く)はない。

交通編集

交通については、岩槻区の記事を参照のこと。

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事については、岩槻区の記事を参照のこと。

出身有名人編集

脚注編集

  1. ^ 合併しない 17,280票/38.83%(合併に賛成のとき27,222票/61.1%)さいたま市との合併 23,412票/52.61% 春日部市を含む1市3町との合併 3,810票/8.56%※3町とは南埼玉郡宮代町、北葛飾郡杉戸町、同郡庄和町(旧春日部市と春日部市を新設し廃止)

関連項目編集