メインメニューを開く

岩沢 愿彦(いわさわ よしひこ、1921年 - )は、日本歴史学者東京大学史料編纂所名誉教授。

略歴編集

國學院大學史学科卒。1948年東京大学史料編纂所勤務、62年助手、70年助教授、73年教授、82年定年退官、名誉教授、日本大学文理学部教授。神奈川県川崎市に居住した。

高柳光壽桑田忠親奥野高廣らと共に、昭和初期に活躍した國學院大學系の歴史学者である。特に奥野高廣と共同校注した『信長公記』(角川文庫・1969年)は現在でも広く利用されている。また織田信長豊臣秀吉期の史料研究を展開し、「山城・近江における豊臣氏の蔵入地について」「石田三成の近江佐和山領有」「本能寺の変拾遺-『日々記』所収天正十年夏記について」などの重要な論文を発表し、戦国史解明に貢献した。

著作編集

校訂編集

  • 田畑喜右ヱ門 撰『断家譜』第1-3 斎木一馬共校訂 続群書類従完成会 1968-69
  • 太田牛一信長公記奥野高広共校注 角川文庫 1969
  • 『徳川諸家系譜』第1-2 斎木一馬、戸原純一共校訂 続群書類従完成会 1970-74
  • 『系図纂要』第1-15冊別冊3 宝月圭吾共監修 名著出版 1973-75
  • 『古文書文例大字典』小川信也林睦朗共編 柏書房 1980
  • 『史料纂集 古文書編 賀茂別雷神社文書 第1』奥野高広共校訂 続群書類従完成会 1988