岩淵 慶一(いわぶち けいいち、1940年 - )は、日本の哲学者立正大学名誉教授。マルクス疎外論などを研究。

来歴編集

1964年東京大学文学部哲学科卒業、1969年東京都立大学 (1949-2011)大学院博士課程満期退学。立正大学文学部助教授、教授、2011年定年、名誉教授。

著書編集

  • 『初期マルクスの批判哲学』時潮社 1986
  • 『神話と真実 マルクスの疎外論をめぐって』時潮社 1998
  • 『マルクスの21世紀』学樹書院 2001
  • 『マルクスの疎外論 その適切な理解のために』時潮社 2007

翻訳編集

参考編集