岩田慶治

日本の文化人類学者

岩田 慶治(いわた けいじ、1922年1月12日 - 2013年2月17日)は、日本文化人類学者。

岩田 慶治
人物情報
生誕 (1922-01-12) 1922年1月12日
日本の旗 日本神奈川県横浜市
死没 2013年2月17日(2013-02-17)(91歳)
出身校 京都大学
学問
研究分野 文化人類学
研究機関 国立民族学博物館
テンプレートを表示

経歴編集

1922年、神奈川県横浜市生まれ。1946年京都大学文学部卒業。大阪市立大学助教授、東京工業大学教授、同名誉教授を務め、国立民族学博物館教授となる。1986年定年退官と同時に、名誉教授。その後は大谷大学教授となった。

研究内容・業績編集

東南アジア(主にタイラオス)を中心にフィールドワークを進め、現地の生活・文化を研究した著作、日本文化に関連した著作がある。独自のアニミズム論を構築したことで広く知られている[1]。主要著作は『岩田慶治著作集』(講談社・全8巻)に収められている。2013年2月17日、肺炎により死去[2]。91歳没。

指導学生に関根康正関西学院大学教授、第26期日本文化人類学学会会長) [3]

受賞・栄典編集

著作編集

単著編集

  • 『日本文化のふるさと―東南アジア稲作民族をたずねて』(角川新書)1966、角川選書 1991
    • のち「日本文化の起原―東南アジア稲作民族をたずねて」角川文庫
  • 『東南アジアのこころ―民族の生活と意見』アジア経済研究所 1969
  • 『カミの誕生―原始宗教』(世界の宗教・淡交社 1970)。のち講談社学術文庫
  • 『合掌造り くらしと風土』(淡交社)1970 安達浩写真
  • 『東南アジアの少数民族』(日本放送出版協会・NHKブックス)1971
  • 『草木虫魚の人類学 アニミズムの世界』(淡交社、1973)。のち講談社学術文庫
  • 『コスモスの思想―自然・アニミズム・密教空間』(NHKブックス、1976)、岩波同時代ライブラリー 1993
  • 『カミの人類学―不思議の場所をめぐって』(講談社)1979。のち講談社文庫
  • 『創造人類学入門―知の折り返し地点―』(小学館創造選書)1982
  • 『カミと神―アニミズム宇宙の旅』(講談社)1984。のち講談社学術文庫
  • 『道元の見た宇宙』(青土社 1985)。のち「道元との対話」講談社学術文庫
  • 『人間・遊び・自然―東南アジア世界の背景―』(NHKブックス)1986
  • 『自分からの自由』(講談社現代新書)1988
  • 『花の宇宙誌』(青土社)1990
  • 『からだ・こころ・たましい―宗教の世界を旅する』(ポプラ社)1990
  • 『日本人の原風景―自分だけがもっている風景画』(淡交社)1992
  • 『アニミズム時代』(法藏館)1993。のち法藏館文庫
  • 岩田慶治著作集』(講談社 全8巻)1995
    • 1 日本文化の源流、2 草木虫魚のたましい、3 不思議の場所、4 アニミズムの地平
    • 5 道元との対話、6 コスモスからの出発、7 生命のかたち、8 風景学と自分学
  • 『<わたし>とは何だろう―絵で描く自分発見―』(講談社現代新書)1996
  • 『死をふくむ風景―私のアニミズム―』(NHKブックス)2000
  • 『木が人になり、人が木になる。―アニミズムと今日』(人文書館)2005
  • 『森林・砂漠・草原―森羅万象とともに』(人文書館)2006

編著編集

  • 『子ども文化の原像―文化人類学的視点から―』(日本放送出版協会)1985
  • 『世界の子ども文化』(創元社)1987

共著編集

共編著編集

翻訳編集

研究評伝編集

脚注編集

  1. ^ 鈴木正崇「アニミズムの地平ー岩田慶治を越えて」『森羅万象のささやきー民俗宗教研究の諸相』風響社、2015年、911-928頁
  2. ^ 文化人類学者の岩田慶治さん死去 産経新聞 - archive.today(2013年4月27日アーカイブ分)
  3. ^ 岩田慶治先生追悼シンポジウム「草木虫魚と向きあう」”. 国立民族学博物館. 2022年12月16日閲覧。
  4. ^ 第11回~第20回南方熊楠賞受賞者”. 南方熊楠顕彰館. 2022年8月16日閲覧。