メインメニューを開く

岩男 寿美子(いわお すみこ、本姓・古谷、1935年1月2日 - 2018年1月11日[1])は、日本心理学者。専攻は社会心理学慶應義塾大学名誉教授男女共同参画審議会会長。元国家公安委員会委員。海外向け雑誌『ジャパンエコー』編集長、「皇室典範に関する有識者会議」メンバー。夫は古谷九八郎(1935 - 、一橋大学卒、元日銀検査役)。

目次

生涯編集

東京出身。1957年慶應義塾大学文学部卒業、エール大学大学院で心理学博士ハーバード大学講師、慶大新聞研究所助教授、1975年教授、1999年定年退任、名誉教授、武蔵工業大学(現東京都市大学)環境情報学部教授。2005年退職。

1981年国民年金審議会委員。1985年年金審議会委員。1986年郵政審議会委員。1991年外務人事審議会委員。1992年国家公安委員会委員。2007年秋、旭日重光章受勲。

2018年1月11日午前、心のう血腫のため東京都渋谷区病院で死去した。83歳没。

発言編集

2006年2月『ジャパンエコー』に「女系天皇」を認めた皇室典範に関する有識者会議の報告書を絶賛する論文を寄稿した。併せて、寛仁親王が福祉団体の会報に皇位継承資格について「(男系で続いてきた)我が国固有の歴史と伝統を簡単に変更してよいかどうか」とエッセーを寄稿し、廃絶した宮家の復活などを提案したことや、現実には困難であることを前提に「側室制度の復活」を一例として取り上げたことについて、「側室制度を提案する彼の時代錯誤(アナクロニズム)には驚くしかない」と批判[要出典]をしている。

社会的活動編集

著作編集

  • 『おんなの知恵 茶の間の談話室』三修社 1983
  • 『ご夫婦しましょ! “パートタイム夫婦"のすすめ』フォー・ユー 1989
  • 『テレビドラマのメッセージ 社会心理学的分析』勁草書房 2000
  • 『外国人犯罪者 彼らは何を考えているのか』中公新書 2007

共著編集

共編著編集

  • 堀江湛)都民の選択 参院選の意識調査 慶應通信 1977
  • 杉山明子)働く母親の時代 子どもへの影響を考える 日本放送出版協会 1984
  • (武長脩行)情報社会を生きる女たち コミュニケーションの視点から 日本放送出版協会 1991

翻訳編集

  • マクスウェル・ドローク『明日の社会』論争社 1960
  • K.P.ラントン『政治意識の形成過程』勁草書房(現代政治理論叢書)1978
  • カリール・ジブラーン『生きる糧の言葉』三笠書房 1985

参考編集

  • 『人事興信録』1995年

脚注編集