メインメニューを開く

岩竹 徹(いわたけ とおる、1951年 - )は、日本の音楽学者慶應義塾大学環境情報学部名誉教授。専門分野は、コンピュータ音楽。

学歴編集

  • 慶應義塾大学工学部機械工学科 (1974年)
  • イリノイ大学音楽学部大学院修士課程 (1975年)
  • ハーバード大学音楽学科作曲博士課程 (1980年)
  • MIT (Harvard-MIT exchange program,1978~80)
  • Ph.D (音楽) (ハーバード大学, 1980年)

略歴編集

  • ハーバード大学在学中は、MITとの交換プログラムにより、MITのBarry Vercoeのスタジオでコンピュータ音楽の研究を行った。
  • 1979年ガウデアムス国際作曲コンクール入賞、およびMBロックフェラー財団賞、1980年以降は、オーストラリア、カナダ、アメリカ、ヨーロッパからフェロー等で招かれ作曲家として活動。
  • 1990年に慶應義塾大学環境情報学部創設に参加し現在同教授。
  • コンピュータ音楽の最先端で活動中。世界各国で作品が演奏されている。

外部リンク編集