メインメニューを開く

岩船沖油ガス田(いわふねおきゆがすでん)とは、新潟県胎内市の沖合約4kmに位置する海洋油ガス田である[1]。2014年までに日本国内の海域では、4ヶ所の油ガス田が開発されたが、操業を継続しているのは、岩船沖油ガス田のみとなっている[2]プラットフォームの設置深度は36メートル程度となっている[3]石油資源開発日本海洋石油資源開発三菱ガス化学新潟石油開発の四社により共同開発された[4]

岩船沖油ガス田
岩船沖油ガス田
日本の旗 日本
地域 新潟県胎内市
開発史
発見 1983年
テンプレートを表示

目次

歴史編集

  • 1983年 ボーリング調査により海底2,000~2,500メートル地点で油田、ガス田が確認される[1]
  • 1990年 洋上プラットフォームを建設し、生産が開始される[1]
  • 2001年 出光オイルアンドガス開発株式会社が撤退する。
  • 2006年 鉱区を拡大するため、海底4,000メートルへの試掘に着手する。3,500メートル付近で評価に耐えうる貯油層が発見される。

生産量編集

第三紀砂岩層が貯油層となっており、採掘深度は約1,400から3,000m[1]。 2013年度の年間生産量は、原油97,000キロリットル、天然ガス196百万立方メートルとなっている[5]

脚注編集

  1. ^ a b c d 石油・天然ガス用語辞典:岩船沖油ガス田 - 独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構
  2. ^ 石油・天然ガスの開発計画,2009年 - 首相官邸
  3. ^ 我が国の海洋掘採施設等について - 経済産業省 - WayBack Machineによるアーカイブ
  4. ^ 事業案内 - 日本海洋石油資源開発
  5. ^ わが国の石油・天然ガスノート(2015年1月) - 天然ガス鉱業会

関連項目編集

外部リンク編集