岩谷 宏(いわたに ひろし、1942年1月6日 - )は、日本のライター翻訳家。現在、Iwatani (a.k.a. hiwa) として TechCrunch Japan の編集・翻訳スタッフを務めている[1]

人物編集

旧:京城府韓国)生まれ。3歳の時に引き揚げ福岡県立福岡高校を経て1964年京都大学文学部仏文科卒業、卒論はランボー。約1年半ブラブラした後、1965年秋上京して、パン菓子業界紙、パン菓子業界紙、マーティング会社等にに勤めた[2]

1970年、朝日ジャーナル懸賞論文に入選。

1972年、渋谷陽一松村雄策橘川幸夫らと、ロック雑誌『ロッキング・オン』を創刊。創刊時より、ロック評論、エッセイを執筆し、訳詞を手がける。初期ロッキング・オンの理論的指導者でもある。

1980年代前半、商業路線を歩むロッキング・オンを離れ、1980年代後半以降は、ラジカルなコンピュータ文化に希望を託し、主にコンピュータ関連の著述・翻訳活動に取り組んでいる。

主な著書編集

  • 岩谷宏のロック論集 ロッキング・オン社 1977
  • ロックからの散弾銃 ロッキング・オン社 1980
  • ザ・ポップ宣言(仮題)ロッキング・オン社 1981
  • にっぽん再鎖国論 ぼくらに英語はわからない ロッキング・オン社 1982
  • オトコの光景 その粗暴なる知の解剖 JICC出版局 1984
  • ビートルズ詩集 シンコー・ミュージック 1985
  • ラジカルなパソコン入門 筑摩書房 1989
  • ラジカルなプログラミング入門 筑摩書房 1991
  • 基礎からわかるインターネット(ちくま新書 (052))筑摩書房 1995
  • ラジカルなコンピュータ 思想のための最終機械 ジャストシステム 1995
  • 思想のためのインターネット ラジカルなコンピュータ2 ジャストシステム 1996
  • パソコンは思考の翼(ちくま学芸文庫)筑摩書房 1996
  • パソコンを疑う(講談社現代新書)講談社 1997
  • パソコンを鍛える(講談社現代新書)講談社 1998
  • インターネットの大錯誤(ちくま新書)筑摩書房 1998
  • Javaの哲学 ソフトバンクパブリッシング 2001
  • Linuxの哲学 ソフトバンクパブリッシング 2002
  • コンピュータ用語の哲学―ラジカルなコンピュータ用語辞典 ソフトバンクパブリッシング 2002
  • ひとつ上をゆくJavaの教科書」技術評論社 2005
  • 怠け者のためのパソコンセキュリティ 戦うより守るが勝ちの対策術(サイエンス・アイ新書)ソフトバンククリエイティブ 2007
  • ぼくらに英語が分からない本当の理由 オンブック 2007 ISBN 978-4902950519
  • 入門 正規表現 ~検索・置換・テキスト処理に強くなる! 技術評論社 2008

脚注・参照編集

外部リンク編集