メインメニューを開く

岩谷時子賞(いわたにときこしょう)とは、公益財団法人岩谷時子音楽文化振興財団が2010年に創設した日本の芸能賞。

岩谷時子音楽文化振興財団は、日本の音楽や芸術の発展・振興に寄与することを目的として、2009年に設立された財団法人で、島崎春彦が代表理事を務める[1]

岩谷時子賞・本賞は、音楽活動において功労のあった個人・団体に贈られる[1]

賞金は、岩谷時子賞が300万円、特別賞・奨励賞が100万円[2]

目次

受賞者一覧編集

審査委員編集

脚注編集

  1. ^ a b 財団法人の概要.岩谷時子音楽文化振興財団公式サイト、2019年4月19日閲覧。
  2. ^ 坂本冬美が岩谷時子賞受賞 - 日刊スポーツ 2011年7月20日
  3. ^ 元五輪水泳選手の藤本隆宏、役者でも「岩谷時子賞」 「初心を忘れず、精進していきたい」と藤本”. 共同通信社 (2011年7月20日). 2015年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月3日閲覧。
  4. ^ 夏の候 文化振興 見事なり - 800字コラム【僕の伝言板 】
  5. ^ “渡辺謙、孫の誕生に安堵「無事に生まれたことが何より!」”. ORICON STYLE. (2016年6月13日). http://www.oricon.co.jp/news/2073283/full/ 2016年6月14日閲覧。 
  6. ^ “第10回岩谷時子賞、受賞者に坂東玉三郎・昆夏美ら”. ステージナタリー (ナターシャ). (2019年7月2日). https://natalie.mu/stage/news/338066 2019年7月3日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集