メインメニューを開く
岩風(1961年夏場所)

岩風 角太郎(いわかぜ かくたろう、本名:岡本 義和(おかもと よしかず)→大藤 義和(おおふじ -)→岡本 義和(おかもと -)→小沢 義和(おざわ -)、1934年1月22日-1988年4月30日)は、東京都江戸川区春江町出身(出生地は宮城県)で、1950年代から1960年代にかけて活躍した大相撲力士若松部屋(一時、西岩部屋)に所属していた。最高位は東関脇1961年7月場所)。現役時代の体格は174cm、117kg。得意手は右四つ、寄り、上手捻り

来歴・人物編集

実家は鉄筋業(そのため、「鉄筋」という仇名が付いていた)。18歳の時に若松部屋へ入門し、1952年5月場所で初土俵を踏んだ。初土俵の場所では番付外と新序でともに好成績を挙げたため、翌場所では序ノ口を飛び越して、いきなり序二段に付いた。当初の四股名は、本名でもある「岡本」。「岩風」と名乗ったのは、1954年1月場所からである。

その後、1955年5月場所で十両に昇進。そして翌年5月、22歳で新入幕を果たした。

稽古嫌いではあったが筋骨隆々とした体型で、怪力ぶりで知られ、70貫(263kg)のレールを持ち上げたという伝説もある。巡業先の宿舎では重い物を探して持ち上げて運んだり、割りなどをよくしていた。ひどい無口で、取組の結果に関わらずほとんど話さず記者泣かせの力士でもあった。喫煙者であり、稽古後に一服している様子を写したスナップが後年の相撲関連書籍に掲載されている[1]

低い姿勢から相手の懐に飛び込む相撲を得意としたため、「潜航艇」という仇名を付けられた。1959年7月場所では横綱若乃花を破って殊勲賞を受け、翌年7月場所では12勝3敗と好成績を残して敢闘賞を受賞。翌場所からは、9場所連続で三役(関脇4場所、小結5場所)を務めた。その間、1961年9月場所・11月場所では大鵬(その両場所の間に横綱に昇進した)を連破した事もある[2]糖尿病の持病が有り、9場所連続三役の後はやや精彩を欠いたものの、後の横綱・栃ノ海佐田の山に対しても善戦した。

初めて番付に付いて以来一度の休場も無く、十両8枚目に在位した1965年9月場所限り、31歳で引退[2]。稽古嫌い等が災いして三役経験者でありながら年寄名跡取得の目処がなく、相撲協会に残らなかった。以後は東京都足立区で妻が経営する喫茶店を手伝うなどしていたが、無口さ故に市井での失敗も多く、晩年はトラック一台で廃品回収業を行い余生を送っていたという。[3]

1988年4月30日、心不全のため東京都千代田区内の病院で逝去。54歳没。

主な戦績編集

  • 通算成績:480勝478敗 勝率.501
  • 幕内成績:374勝406敗 勝率.479
  • 現役在位:69場所
  • 幕内在位:52場所
  • 三役在位:11場所(関脇5場所、小結6場所)
  • 連続出場:958回(序二段以来無休、1952年9月場所-1965年9月場所)
  • 三賞:4回
    • 殊勲賞:3回 (1959年7月場所、1963年5月場所、1963年9月場所)
    • 敢闘賞:1回 (1960年7月場所)
  • 金星:6個(千代の山1個、吉葉山1個、若乃花2個、栃ノ海2個)
  • 各段優勝
    • 十両優勝:1回 (1956年1月場所)

場所別成績編集

岩風角太郎
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1952年
(昭和27年)
x x 東新序
3–0 
x 西序二段17枚目
5–3 
x
1953年
(昭和28年)
西三段目53枚目
6–2 
西三段目32枚目
7–1 
西三段目12枚目
4–4 
x 西三段目8枚目
4–4 
x
1954年
(昭和29年)
西三段目5枚目
7–1 
東幕下30枚目
4–4 
西幕下28枚目
5–3 
x 西幕下21枚目
6–2 
x
1955年
(昭和30年)
西幕下9枚目
6–2 
東幕下2枚目
5–3 
東十両19枚目
9–6 
x 西十両12枚目
8–7 
x
1956年
(昭和31年)
西十両8枚目
優勝
11–4
西十両2枚目
11–4 
西前頭16枚目
9–6 
x 東前頭14枚目
9–6 
x
1957年
(昭和32年)
東前頭10枚目
5–10 
東前頭14枚目
11–4 
東前頭5枚目
4–11 
x 西前頭13枚目
8–7 
西前頭11枚目
10–5 
1958年
(昭和33年)
西前頭2枚目
4–11
西前頭7枚目
4–11 
東前頭12枚目
10–5 
東前頭6枚目
6–9 
西前頭10枚目
9–6 
西前頭7枚目
6–9 
1959年
(昭和34年)
西前頭10枚目
8–7 
西前頭8枚目
7–8 
西前頭10枚目
10–5 
西前頭4枚目
9–6
西前頭筆頭
5–10 
東前頭6枚目
8–7 
1960年
(昭和35年)
東前頭4枚目
9–6
西前頭2枚目
7–8 
東前頭4枚目
6–9 
西前頭7枚目
12–3
西張出小結
8–7 
西小結
10–5 
1961年
(昭和36年)
西関脇
8–7 
西関脇
8–7 
西関脇
8–7 
東関脇
7–8 
西小結
8–7 
西小結
9–6 
1962年
(昭和37年)
東小結
1–14 
東前頭10枚目
7–8 
東前頭8枚目
6–9 
東前頭11枚目
8–7 
東前頭8枚目
11–4 
東前頭筆頭
4–11 
1963年
(昭和38年)
東前頭7枚目
6–9 
西前頭8枚目
8–7 
西前頭5枚目
12–3
西小結
4–11 
東前頭3枚目
9–6
西関脇
5–10 
1964年
(昭和39年)
西前頭2枚目
5–10 
東前頭6枚目
4–11
東前頭10枚目
10–5 
東前頭3枚目
7–8 
西前頭3枚目
5–10
東前頭6枚目
5–10 
1965年
(昭和40年)
西前頭10枚目
7–8 
西前頭11枚目
6–9 
東前頭13枚目
2–13 
東十両3枚目
5–10 
西十両8枚目
引退
3–12–0
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴編集

  • 岡本 義和(おかもと よしかず、1952年9月場所-1953年9月場所)
  • 岩風 角太郎(いわかぜ かくたろう、1954年1月場所-1965年9月場所)

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p34
  2. ^ a b 『大相撲ジャーナル』2017年6月号108頁
  3. ^ 石井代蔵『大関にかなう 』(文春文庫)

関連項目編集