岸川登俊

岸川 登俊(きしかわ たかとし、1970年1月30日 - )は、東京都大田区出身の元プロ野球選手投手)。

岸川 登俊
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都大田区
生年月日 (1970-01-30) 1970年1月30日(48歳)
身長
体重
182 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1994年 ドラフト6位
初出場 1995年4月4日
最終出場 2001年4月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

読売ジャイアンツ(巨人軍)の打撃投手を2017年まで務めていた[1]

目次

来歴・人物編集

1994年ドラフト6位で千葉ロッテマリーンズに入団。即戦力として新人の年から中継ぎで起用されていたが活躍できなかった。

1998年小島弘務樋口一紀との2対2のトレードで南渕時高とともに中日ドラゴンズへ移籍。中日時代も中継ぎで起用され、中継ぎ左腕として貴重な存在で140km/hの速球は威力十分でも制球に安定性がなかったため[2]に結果を残せず、二軍暮らしが長かった。

2000年鈴木平との1対2のトレードで河野亮とともにオリックス・ブルーウェーブへ移籍。オリックスでは当時左投手に弱かった西武ライオンズ相手に先発として登板したこともあった。2001年オフに戦力外通告を受け、12球団合同トライアウトに参加するも不合格となった。

2002年読売ジャイアンツからの要請で打撃投手として入団、以後は安田学園高等学校の後輩にあたる阿部慎之助を始め、高橋由伸(現巨人軍監督)、長野久義村田修一ら主力選手の調整相手を16年間に亘り務めて来たが、2017年限りで定年退職によりチームを去ることとなり、シーズン終了後の宮崎秋季キャンプ最終日には監督の高橋がバッターボックスに立ち、岸川の球を高橋が打つという形で退職セレモニーが行われた[1]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1995 ロッテ 30 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 126 27.2 27 2 20 2 0 23 0 0 24 24 7.81 1.70
1996 14 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 47 11.1 11 0 2 0 0 10 1 0 6 6 4.76 1.15
1997 14 0 0 0 0 0 2 0 -- .000 69 14.1 21 0 5 0 0 8 3 0 14 13 8.16 1.81
1998 中日 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 24 5.0 6 0 3 0 1 5 1 0 5 3 5.40 1.80
1999 7 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 40 8.2 10 2 6 0 0 6 0 0 5 5 5.19 1.85
2000 オリックス 17 4 0 0 0 0 1 0 -- .000 132 26.0 43 6 14 0 1 19 3 1 23 21 7.27 2.19
2001 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 26 4.1 11 2 2 0 0 1 0 0 8 8 16.62 3.00
通算:7年 87 4 0 0 0 0 4 0 -- .000 464 97.1 129 12 52 2 2 72 8 1 85 80 7.40 1.86

記録編集

投手記録
打撃記録

背番号編集

  • 59 (1995年 - 1997年)
  • 45 (1998年 - 1999年)
  • 36 (2000年)
  • 34 (2001年)
  • 111 (2002年 - 2006年)
  • 114 (2007年 - 2009年)
  • 003 (2010年)
  • 202 (2011年 - 2017年)

脚注編集

  1. ^ a b “高橋監督「50万球」感謝、退団岸川打撃投手と勝負”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年11月20日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201711200000189.html 2017年11月20日閲覧。 
  2. ^ 1999年日刊スポーツ発行プロ野球選手写真名鑑

関連項目編集