メインメニューを開く

岸本 一美(きしもと かずみ、1986年6月29日 - )は、日本の元フィギュアスケート選手(男子シングル)。

岸本 一美
Kazumi KISHIMOTO
Figure skating pictogram.svg
基本情報
代表国 日本の旗 日本
生年月日 (1986-06-29) 1986年6月29日(33歳)
出生地 神奈川県横浜市
身長 166 cm
選手情報
コーチ 岡島功治[1]
振付師 佐藤紀子
元振付師 ウーシー・ケセラー
樋口豊[2]
所属クラブ 日本大学
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア 160.41 2005 四大陸選手権
ショート 54.07 2005 四大陸選手権
フリー 106.34 2005 四大陸選手権
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

経歴編集

1986年6月29日横浜市鶴見区で生まれる。兄がスケートをしていたことがきっかけで、小学1年からスケートを始める[3]。喘息治療のため千葉県茂原市に転居した後は、茂原アスモアイスアリーナでスケートを続けた[4]。その後、北小金のスターランドアイススケートリンクへ、さらに岡島功治に師事するため新松戸アイスアリーナへ移り、同リンクが閉鎖されると岡島に伴って明治神宮外苑スケート場へと渡り歩いた。中学2年、14歳で3回転アクセルを習得した[5]

2002-2003シーズン、全日本ジュニア選手権4位ながらも、フリースケーティングでの追い上げが評価されて世界ジュニア選手権に出場、4位と躍進。翌2003-2004シーズンに全日本ジュニア選手権優勝。全日本選手権でも2位となり注目を集める。2004-2005シーズンは四大陸選手権に出場した。

2005-2006シーズン、ISUグランプリシリーズ中国杯に出場、11位となる。しかし、全日本選手権4日前の練習中にアキレス腱断裂の大怪我を負ってしまい、その後出場を予定していた試合をすべて欠場[6]。暫くの間リハビリに励んだが、競技復帰には至らないまま現役を去った。

主な戦績編集

大会/年 1999-00 2000-01 2001-02 2002-03 2003-04 2004-05 2005-06
四大陸選手権 10
全日本選手権 13 16 2 5 棄権
GP中国杯 11
世界Jr.選手権 14 4 6
全日本Jr.選手権 10 2 5 4 1 2
JGPハルギタ杯 4
JGPハルビン 3
JGPSBC杯 2
JGPソフィア杯 4
JGPベオグラード・スパロー 8
JGPサルコウ杯 棄権

詳細編集

2005-2006 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2005年11月3日-6日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 10
53.14
9
104.60
11
157.74


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2005年2月14日-20日 2005年四大陸フィギュアスケート選手権江陵 9
54.07
9
106.34
10
160.41
2004年12月24日-26日 第73回全日本フィギュアスケート選手権新横浜 7
53.99
4
120.97
5
174.96
2004年11月20日-21日 第73回全日本フィギュアスケートジュニア選手権大阪 2
59.49
2
111.81
2
171.30
2004年10月12日-17日 ISUジュニアグランプリ ハルギタ杯ミエルクレア=チュク 9
46.12
3
105.76
4
151.88
2004年9月16日-19日 ISUジュニアグランプリ ハルビンハルビン 4
51.76
3
98.62
3
150.38


2003-2004 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2004年2月29日-3月7日 2004年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ハーグ 3 8 6 6
2003年12月25日-26日 第72回全日本フィギュアスケート選手権長野 - 5 2 2
2003年11月22日-23日 第72回全日本フィギュアスケートジュニア選手権京都 - 2 1 1
2003年10月16日-19日 ISUジュニアグランプリ SBC杯岡谷 - 2 2 2
2003年9月11日-13日 ISUジュニアグランプリ ソフィア杯ソフィア - 3 4 4


2002-2003 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2003年2月24日-3月2日 2003年世界ジュニアフィギュアスケート選手権オストラヴァ 1 6 4 4
2002年12月19日-22日 第71回全日本フィギュアスケート選手権京都 - 21 13 16
2002年11月23日-24日 第71回全日本フィギュアスケートジュニア選手権名古屋 - 10 1 4
2002年9月12日-15日 ISUジュニアグランプリ ベオグラード・スパローベオグラード - 5 9 8


2001-2002 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2002年3月14日-16日 2002年ムラドストトロフィー ジュニアクラス(ザグレブ 1 1 1
2001年11月23日-24日 第70回全日本フィギュアスケートジュニア選手権東京 4 6 5
2001年11月1日-4日 ISUジュニアグランプリ サルコウ杯マルメ 9 - 棄権


2000-2001 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2001年2月26日-3月2日 2001年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 9 10 17 14
2000年12月8日-10日 第69回全日本フィギュアスケート選手権長野 - 10 13 13

プログラム編集

シーズン SP FS EX
2006-2007[2] 映画『座頭市』サウンドトラック
作曲:鈴木慶一
振付:佐藤紀子
アラビアン
振付:ウーシー・ケゼラー
映画『キル・ビル』サウンドトラック
作曲:RZA
振付:佐藤紀子
2005-2006[7] 映画『座頭市』サウンドトラック
作曲:鈴木慶一
振付:佐藤紀子
アラビアン
振付:ウーシー・ケゼラー
This Business Of Love 映画『マスク』より
振付:佐藤紀子
2004-2005[2][7][8] 映画『座頭市』サウンドトラック
作曲:鈴木慶一
振付:佐藤紀子
アラビアン
振付:ウーシー・ケゼラー
映画『キル・ビル』より
2003-2004[9] オール・ザット・ジャズ ミュージカル『シカゴ』より
作曲:ジョン・カンダー
振付:佐藤紀子
決死 -
2000-2001[7] ドラゴンハート
作曲:ランディ・エデルマン
映画「ゲティスバーグの戦い 南北戦争 運命の3日間」より
作曲:ランディ・エデルマン
-

脚注編集

  1. ^ 『フィギュアスケート選手名鑑 2006』新書館、2005年12月、p.35
  2. ^ a b c 『Cutting Edge 2007 日本男子フィギュアスケートオフィシャルファンブック』DAI-X出版、2007年1月、p.91
  3. ^ 八木沼純子著『日本フィギュアスケート 氷上のアーティストたち』日本経済新聞社、2005年11月、p.196
  4. ^ 『Cutting Edge』p.49
  5. ^ 『Cutting Edge』p.51
  6. ^ 『Cutting Edge 2007』p.82
  7. ^ a b c 『Cutting Edge 日本男子フィギュアスケートオフィシャルファンブック』DAI-X出版、2005年12月、p.92-93
  8. ^ 『Cutting Edge』p.49
  9. ^ 『Cutting Edge』pp.52-53

外部リンク編集