メインメニューを開く

岸本 泰昭(きしもと やすあき、1984年5月13日 - )は総合格闘技道場コブラ会所属の男性総合格闘家大阪府箕面市出身。同志社大学商学部商学科卒業。

総合格闘技団体DEEPを主戦場に活動。ニックネームは「サンキュー岸本」。師匠は三島☆ド根性ノ助

来歴編集

  • 大学卒業後、シャープに就職し、格闘技をやりながら会社員生活を送る。
  • 2008年12月、シャープを退社。
  • 2008年12月28日、DEEPフューチャーキングトーナメントウェルター級にエントリーし、全試合一本またはTKOで勝利し、優勝。
  • 2009年3月14日、club DEEP東京にてBLUE DOG GYMの近藤定男と対戦。判定2-0で惜敗。
  • 2009年5月5日、DEEP 公武堂ファイトでGSBの田中慎一郎と対戦。試合を優勢に進めるも、時間切れドロー。
  • 2009年6月7日、club DEEP大阪で横川公とグラップリングルールで対戦。1R 膝十字固めで一本勝ち。
  • 2009年7月26日、DEEP NAGOYA IMPACTで松下直揮と対戦。2R判定3-0で勝利。
  • 2009年11月3日、club DEEP京都にて韓国人選手イ・ミョンバンと対戦。1R 膝十字固めで一本勝ち。
  • 2010年1月24日、DEEP45にて毛利昭彦と対戦。終始攻め続け2R判定3-0で勝利。
  • 2010年4月11日、DEEP 公武堂ファイトにてGSBの梶田高裕と対戦。2R4分57秒チョークスリーパーで一本勝ち。
  • 2010年6月6日、Deep Cage Impact 2010にて当時、韓国軽量級最強との呼び声もあったトルネード・ソン(ソン・オンシク)と対戦。終始パウンドを落とし続けて2R判定3-0で勝利。
  • 2010年8月27日、DEEP49にてアライアンスの伊藤有起と対戦し、2R判定3-0で勝利。
  • 2010年12月11日、DEEP51にてR-BLOODの梅田恒介と対戦し、1R 90秒 三角絞めで一本勝ち。
  • 2011年4月17日のDEEP53にてクラブバーバリアンのBarBarO44との一戦が予定されていたが、岸本の練習中の怪我により欠場。
  • 2011年9月4日のDEEP OSAKA IMPACTにて中尾受太郎と対戦し、1Rは劣勢になるも2、3Rで巻き返し3R判定3-0で勝利。
  • 2011年10月に練習中の負傷により悪化した右ひざ半月板を手術。

2012年6月15日、10か月ぶりとなる怪我からの復帰戦がDEEPライト級王者決定戦となり、DEEP58にてU-FILE CANPの中村大介と対戦。一進一退の好勝負となるも3R5-0で判定負け。2009年7月から続いた連勝も8でストップした(グラップリングを含めると連勝は9)。

外部リンク編集