メインメニューを開く

岸田 九一郎(きしだ くいちろう、1907年1月18日 - 1996年10月28日)は、日本照明技師である。元東宝従業員組合代表。愛称は九一ちゃんお父さん

きしだ くいちろう
岸田 九一郎
生年月日 (1907-01-18) 1907年1月18日
没年月日 (1996-10-28) 1996年10月28日(89歳没)
出生地 日本の旗 日本 京都府
職業 照明技師
ジャンル 映画
活動期間 1927年 - 1967年
活動内容 1927年 マキノ・プロダクションに入社
1928年 片岡千恵蔵プロダクションに移籍
1929年 日活撮影所に移籍
1936年 PCL映画製作所に移籍
テンプレートを表示

目次

来歴編集

1907年(明治40年) 1月18日京都府に生まれる。

1927年(昭和2年)、京都・花園天授が丘のマキノ・プロダクションに入社。

1928年(昭和3年)、片岡千恵蔵プロダクションに移籍する。

1929年(昭和4年)1月、千恵プロは寺社の撮影所を嵯峨野に開くが、同年、岸田は日活京都撮影所に移籍した。

1936年(昭和11年)ピー・シー・エル映画製作所に移籍。

同社は、翌1937年(昭和12年)9月10日、他社と合併して東宝映画を設立、同製作所は東宝映画東京撮影所となる。1943年(昭和18年)には同社が合併して現在の東宝となり、同撮影所は東宝撮影所(現在の東宝スタジオ)と改称するが、この間、同撮影所に在籍し続けた。

第二次世界大戦後、1947年(昭和22年)、東宝撮影所は東宝争議で製作を中止する。このとき岸田は、争議を指揮する日映演に反対する東宝従業員組合に所属し、代表に就任している。

その後、円谷英二監督の特撮班で、照明スタッフチーフとして活躍。

1967年(昭和42年)、『キングコングの逆襲』のあと、東宝撮影所を定年退職。照明機材会社を設立、社長を務める。

1996年(平成8年)10月28日、死去。満89歳。

人物編集

特撮班では長老格で、スタッフからは「お父さん」と呼ばれて慕われた。円谷英二特撮監督は「九一ちゃん(くいっちゃん)」と呼んでいたが、円谷監督は「オヤジ」と呼ばれていたので、中野昭慶特撮監督は、「当時、円谷組には親父が二人いた」と語っている。

アイディアマンで、特撮で使う閃光用のフラッシュ電球を独自に開発していた。これは人間の頭ほどの大きさがあった。のちの映画斜陽期では写真用のフラッシュ球で代用するようになったが、中野監督は「岸田式フラッシュ球」ほどの効果は得られなかったとして残念がっている。湖底や海底が閃光を発する場面では、試行錯誤の末に、ガラスのドームに電球を仕込むことによってこれを実現させた。

キングコング対ゴジラ』の撮影中、スタッフが三脚式のライトスタンドの陰で作業していると、ライトが倒れてきた。岸田はとっさに「足の根元に食らいつけ!」と叫んで、そのスタッフをライトの根元に突き飛ばした。重いライト部分はスタッフの頭を通り越して地面に激突し、長年の照明マンとしての経験に基づく岸田の機転のおかげで、このスタッフは無傷で済んだという。

主な作品編集

本編編集

特殊技術編集

参考文献編集

  • 『東宝特撮映画全史』(東宝)
  • 井上英之『検証・ゴジラ誕生―昭和29年・東宝撮影所』朝日ソノラマ、1994年。ISBN 4257033940

外部リンク編集