岸田今日子

日本の女優、声優、童話作家

岸田 今日子(きしだ きょうこ、1930年4月29日 - 2006年12月17日[1])は、日本女優声優、童話作家。本名同じ[2]血液型はA型。身長156cm。

きしだ きょうこ
岸田 今日子
岸田 今日子
1961年の岸田(右)と今井和子(左)
生年月日 (1930-04-29) 1930年4月29日
没年月日 (2006-12-17) 2006年12月17日(76歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府豊多摩郡(現・東京都杉並区[1]
死没地 日本の旗 日本東京都
血液型 A型
職業 女優声優、童話作家
活動期間 1950年 - 2006年
配偶者 仲谷昇1954年 - 1978年[1]
著名な家族 父:岸田國士
母:岸田秋子
姉:岸田衿子
従弟:岸田森
主な作品
テレビドラマ
男嫌い[1]
傷だらけの天使
大奥
法医学教室の事件ファイル』シリーズ
かりん
御家人斬九郎
徳川慶喜
映画
黒い十人の女
破戒[1]
秋刀魚の味』(1962年)
砂の女[1]
犬神家の一族
利休
八つ墓村
学校の怪談2

アニメ
ムーミン
 
受賞
ブルーリボン賞
助演女優賞
1962年『破戒』『秋刀魚の味
1964年砂の女
1996年学校の怪談2』『八つ墓村
その他の賞
毎日映画コンクール
女優助演賞
1962年『破戒』『秋刀魚の味』『忍びの者
1994年紫綬褒章』受章
1999年紀伊国屋演劇賞』個人賞・受賞
テンプレートを表示

自由学園高校卒業[1]。父は劇作家文学座創設者の岸田國士[1]、母は翻訳家の岸田秋子[3][4]。姉に詩人で童話作家の岸田衿子、俳優の岸田森とは従弟にあたる。元夫は俳優の仲谷昇

経歴編集

生い立ち編集

東京府豊多摩郡(現在の東京都杉並区)に劇作家の岸田國士秋子夫妻の次女として生まれる[注釈 1]

10代の頃戦争により姉妹で長野県に疎開した[2]後、1946年に東京に戻り自由学園高校に入学。在学時に彫刻家・本郷新の美術の講義に触発され、同時に父の蔵書で戯曲に親しんだ[2]。舞台美術に興味を抱いて舞台美術家を志し、高校卒業と同時に裏方として文学座付属演技研究所に入り研修生となる[1]

しかし研究所卒業後女優に転じ、1950年に『キティ颱風』で初舞台を踏み、これを機に芝居の虜になる。1953年今井正監督の『にごりえ』の端役で映画デビュー。その後は演技に磨きをかけ、舞台を中心に映画、テレビ、声優と幅広い芸域を持つ。1954年、突然の病により父を亡くす[2]

役者として編集

1960年、『サロメ』で主役に抜擢され、以降『熱帯樹』など三島由紀夫演出作品の多くに出演[5]。他にもテアトロン賞を受賞した『陽気な幽霊』[2]をはじめ、数多くの舞台で多くの大役、難役をこなす。しかし1963年杉村春子ら文学座幹部の運営に限界を感じ、賛同者の芥川比呂志、高木均小池朝雄神山繁山﨑努らと共に文学座を脱退。

同年、現代演劇協会付属の「劇団雲」の設立を経て、1975年には「演劇集団 円」の設立にも参加。以後『壊れた風景』、『うしろの正面だあれ』、『トラップ・ストリート』など、別役実書き下ろしの大半の作品に出演した。近寄りがたい妖艶さを見せる一方、ユーモラスな役もこなす硬軟自在の演技は若い頃から評価が高かった。舞台女優と並行して映画・テレビ出演としても第一線で活躍し、その存在感から時に怪優と称されることもあった。

映画では1962年に『破戒』などの演技で毎日映画コンクール助演女優賞を受賞。1964年に『砂の女』で映画初主演すると作品と共に世界中で絶賛され[2]ブルーリボン助演女優賞を受賞して、実力派女優としての地位を確立した[1]。上記の『破壊』や『犬神家の一族』など、市川崑作品に多く起用された[5]。また、1982年増村保造監督の映画『この子の七つのお祝いに』では、岸田演じるヒロインの母親役での怪演が話題となった[2]

テレビドラマでは、特に1963年の『男嫌い』で、男をむしる独身四姉妹・越路吹雪淡路恵子、岸田、横山道代(現・横山通乃)の三女役で出演したことが大きい(四姉妹の末弟役は坂本九)。同番組は「カワイ子ちゃん」「かもね」「そのようよ」などの流行語を生み出す大人気ドラマであり、お茶の間での岸田の認知度も上がった。

上記以外にも、1962年の映画『秋刀魚の味』や1974年のドラマ『傷だらけの天使』など数々の話題作に出演すると、「岸田は脇役でこそ、役者としての輝きを放つ」と評されるようになる[5]

多岐にわたる活躍編集

独特の声と情感豊かな読みにより、1969年のアニメ『ムーミン』に声優として出演。また、『ムーミン パペットアニメーション』では、ムーミンを含めた全てのキャラクター及びナレーションまでを一人で演じ分けている。この仕事で世間の子供たちにその声が愛され、気品と温かみもある声により大人からも支持された[5]。以降ナレーターとしても他に得がたい存在として、ドキュメンタリーからバラエティまで幅広く起用された。2002年にはポップシンガーUAのシングル「DOROBON」で詩の朗読に参加。

著作も多く、エッセイから翻訳など幅広い分野で健筆を振るった。特に児童文学、童話については造詣が深く、所属する「演劇集団 円」では、毎年年末にシアターΧで上演される、幼児にも楽しめる舞台「円・こどもステージ」の企画も担当した。上記のような幅広い活動は、1950年代にデビューした女優としてはかなり珍しかった[5]

さらに1990年頃には、バラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげです』内のドラマ仕立てのコント[注釈 2]にも出演し、当時の若年層にも高い知名度を誇るようになった[1]。一方、九条の会の他、「イラク攻撃と有事法制に反対する演劇人の会」に参加するなど、護憲運動に関わったことでも知られる[6][7]

死去編集

2006年版『犬神家の一族』では1976年のオリジナル版で演じた琴の師匠役にキャスティングされていたが、岸田の体調不良により配役が変更された[2]

2006年12月17日午後3時33分、脳腫瘍による呼吸不全のため東京都内の病院で死去。76歳没。墓所は東京都府中市多磨町多磨霊園

同年1月のテレビ朝日放送の法医学教室の事件ファイル第22作が岸田の遺作となった。また、同年12月NHK-BS2にて放送された『ミス・マープルシリーズ』では、主人公ミス・マープルの吹き替えを担当した[8]が、放送と前後して他界したため、遺作となった。

後任・代役編集

岸田の没後、持ち役を引き継いだり、代役をした人物は以下の通り。

エピソード編集

“母親”という存在編集

若い頃の母・秋子は出版社で翻訳の仕事をし、文学の道を志していたが父・國士との結婚により諦めた[5]。その後生まれた岸田は母に溺愛されて育ったが、12歳の頃に最愛の母を結核で亡くす[注釈 3]。その後女優として名が売れ、多方面で活躍するようになったが、以後も母の存在を意識し続けた[5]

1993年頃、とある人から「女優や執筆業をするのは劇作家である父の影響か?」と尋ねれると、本人は「むしろ母の影響が強いように思います」と答えている。続けて「母の若い頃の日記を見つけてから、その中の一節『どうぞ私の中にある芸術の蕾(つぼみ)が、大きくいきいきと開きますように』が、頭から離れなかった」としている[注釈 4]

1968年に私生活で岸田自身も母となったが、“母親”という存在に特別な感情を抱いていたことが影響し、映画やドラマでの母親役にはあまり関心がなかった。1976年のドラマ『歯止め』で母親役を演じた際、撮影現場でスタッフから「お母さん」と呼ばれた[注釈 5]ことに冷淡な態度を示した[注釈 6]

私生活編集

仲谷昇とは1954年に文学座で出会って以降同志となり、その後「劇団雲」や「演劇集団 円」でも行動を共にした[2]。また、演技だけでなく当時二枚目俳優としても評判の高かった仲谷と結婚。“新劇界のおしどり夫婦”と呼ばれた[2]。その後妊娠したが俳優という休めない仕事の影響もあり、一度流産を経験する。その後二度目の妊娠をすると、流産回避のため仕事を断る決意をし、1968年に長女を出産する。

仕事面では俳優として評判を得て忙しい日々を送る一方、私生活では次第に夫との仲がうまくいかなくなった[注釈 7]1978年に離婚。[注釈 8]後に娘との二人だけの生活が始まった。その娘に自分の仕事を理解してもらおうと[注釈 9]、アニメ『ムーミン』のムーミン・トロールの声を担当した。

舞台編集

1948年に舞台美術に興味を持ち、文学座研究所に入るが、2年後の卒業時に裏方志望を含めた全員参加のオーディションが開かれる。当時岸田は引っ込み思案だったが出演者として選ばれ、意図せず初舞台を踏むことになったが何とかやり遂げた。その後父親の反対[注釈 10]を押し切って1952年に正式に文学座の所属になり、四畳半一間のアパートでの貧乏生活を始めた[5]

文学座時代の1955年、日本演劇史の転換点である福田恆存演出、芥川比呂志主演『ハムレット』においては、ヒロインのオフィーリア役の候補となった。しかし、あまり若くして良い役に付けると周囲の嫉妬を買い、本人の為にもならないとして文学座創設者の岩田豊雄が反対し、幻となってしまった[9]。また、『サロメ』(1960年)の主演に抜擢された時は、三島由紀夫に「僕のイメージにあるサロメ役とぴったり」と言わしめた[2]

文学座脱退後、「劇団雲」の出演した舞台『聖女ジャンヌ・ダーク』(1963年)が芸術祭賞を受賞[2]。以後、シェイクスピアから日本の作家に至る幅広い意欲作に出演し、芸域を広げる[2]。ちなみに「演劇集団 円」に所属後、つかこうへいとの舞台のオーディションを兼ねた稽古で即興のセリフが上手く言えず、彼から罵倒されたことがある[注釈 11]。その後舞台に加えて映画でも多彩で卓越した演技を見せ、役者として円熟期を迎えた[2]

演技に関して編集

岸田は「芝居というものは妄想の賜物」と評し、与えられた役柄に自由にアプローチしていく面白さを感じたことが、晩年まで役者業を続ける理由となった[注釈 12]。本人は真面目な新劇女優と思われるのは本意ではなく、「面白いことなら何でもやりたい。観客から『何なのこの役者さん?』と言われ続けるのが本望」としていた[2]

また、文学座の後輩である山崎努[注釈 13]によると、「岸田さんとは役に対する考え方が似ていて、2人とも『一見すると説明の難しいミステリアスな役』が好きだった」とのこと[注釈 14]。演じる難しさはあったが岸田は役作りの苦労を周りには全く見せず、自然体で作品に臨んでいたという[5]

その他編集

吉行和子冨士眞奈美と親友であった[注釈 15]

趣味は麻雀で、1970年代に「週刊ポスト」で行われていた勝抜麻雀企画に出場し、阿佐田哲也に勝ったこともあるほどの強豪であった。

俳句も嗜んでおり、俳号は眠女(みんじょ)だった[2]

映画監督の利重剛は、「岸田さんの出演映画で、監督との相性が特に良かったのは市川崑監督」と評している[5]。1961年の映画『黒い十人の女』では、華やかな女優陣に混じって1人だけ独特のオーラを放ち、復讐に燃える女を好演[5]。また1996年版『八つ墓村』では、岸田演じる双子の老婆役が観客に強烈な印象を与えた[5]

1988年から16年に亘り放送されたバラエティ番組「あっぱれさんま大先生」は、岸田が明石家さんまに手渡した1本のカセットテープが誕生のきっかけであるという[10]

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

オリジナルビデオ編集

舞台編集

音楽詩劇編集

ラジオドラマ編集

  • パンドラタイム 『流れる』第4回「浮き沈み」(1956年、朝日放送) - 第4回日本民間放送連盟賞文芸番組部門最優秀賞[14]
  • 現代劇場 『輸出』(1957年、文化放送) - 第6回日本民間放送連盟賞文芸番組部門佳作[15]
  • 音楽詩劇 オンディーヌ(1959年、NHK) - 第14回芸術祭賞、第13回イタリア賞ラジオ音楽部門[16]
  • ラジオホール ある女の心象風景 どこへ行こうか(1960年、RKB毎日放送) - 第8回日本民間放送連盟賞文芸番組部門優秀賞[17]
  • 現代劇場 ジオジオ物語(1962年、文化放送)[18]
  • 現代劇場 きかんしゃやえもん(1962年、文化放送) - 第11回日本民間放送連盟賞文芸番組部門優秀賞[19]
  • ラジオ劇場 ラジオのためのミュージカルファンタジー 星の牧場(1964年、ニッポン放送) - 第11回オンダス賞ラジオテレビ番組国際コンクール・ミュージカル部門最優秀賞[20]
  • ドラマスペシャル ベルリンが歌っていた(1986年、NHK) - 第2回芸術作品賞ドラマの部[21]

テレビアニメ編集

劇場アニメ編集

ゲーム編集

吹き替え編集

バラエティ・教養番組編集

CM編集

その他編集

  • 高中正義のアルバム「TRAUMATIC 極東探偵団」(東芝EMI WTP-90340)の中でナレーション担当
  • 星の王子さまの朗読CD(東芝EMI)の中でばらの花の声を担当
  • 有頂天のアルバム『カラフルメリィが降った街』の「1990年のカラフルメリィ」冒頭ナレーション
  • ピチカート・ファイヴのマキシシングル『PORNO 3003 ep』のナレーション
  • UAのマキシシングル『DOROBON』収録曲「泥棒(独白)」のポエトリーリーディング
  • 新美南吉童話選集1,2,3 (日本音声保存)
  • 岸田今日子朗読CD-BOX「白昼夢」(日本音声保存)
  • 岸田今日子自作選2〜棘のある小さな花束〜(日本音声保存)
  • 岸田今日子自作選3〜悪夢は何色?〜 (日本音声保存)

音楽編集

シングル編集

発売日 規格 規格品番 タイトル 時間 作詞 作曲 編曲
キングレコード
1964年 EP BS-77 A 素足のランデブー 3:30 横井弘 中野忠晴 上野正雄
B 鳥と乙女の物語 3:45 岸田衿子 寺島尚彦

著作編集

  • 子供にしてあげたお話 してあげなかったお話(1975年・2001年、大和書房)
  • ラストシーン(1989年、角川書店)
  • 外国遠足日記帖 (1991年、話の特集刊)
  • 時の記憶(1992年、マガジンハウス)
  • 妄想の森(1997年、文藝春秋) 第46回日本エッセイスト・クラブ賞受賞
  • スリはする どこでする 続・外国遠足日記帖(1997年、文藝春秋)
  • 大人にしてあげた小さなお話(2000年、大和書房)
  • あの季(とき)この季(とき)(2002年、光文社)
  • こどものとも年少版5月号 パンツのはきかた 佐野洋子 絵(2007年、福音館書店)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 変わった少女だった、と自身回想している[要出典]。幼稚園にも行かず、空想に浸っていて、小学校では勉強についてゆけなかったと。小学5年生でも、割り算について「数が割れるなんて」と不思議でしょうがなかったと。
  2. ^ 『保毛尾田家の人々』、『われら定時制高校野球部』など。詳しくは、とんねるずのみなさんのおかげですのコーナー一覧を参照。
  3. ^ 後の雑誌のインタビューで、「私は母の死を境に“人に甘えること”をしなくなった」と語ったという[5]
  4. ^ さらに岸田は「私が女優をしたりものを書いたりしていることを“母が知ったら喜んでくれるだろうな”という思いが、いつも心の底にあるのです」とも述べたという[5]
  5. ^ 撮影現場では、演者が作品ごとの役名で呼ばれることは一般的とされる。
  6. ^ 岸田のある自著には、この時について「本番中に子役から呼ばれるのはいいけど、そうじゃない時に実子である娘以外の人から『お母さん』と呼ばれると、ザラザラの手で触られるような拒否反応が起こる」と記したという[5]
  7. ^ 価値観がズレるようになった、とも。
  8. ^ 娘に「お父さんとお母さんは仲が悪いの?」と訊かれて、「おしどり夫婦などと世間からは言われて、人様の前に出ているけれど、もうそうやって自分を偽ってゆくのは止めよう」と決意したという。
  9. ^ 『ムーミン』の仕事を請けたのはそのためだった、と後にトーク番組で語ってもいる[出典無効]。声を収録するスタジオには、毎回、娘を連れていって見せていた、という。
  10. ^ 國士は、岸田が文学座の研究生になる時に「舞台美術の仕事をしたい」と聞いていたため、女優になるとは思っていなかった。
  11. ^ つかから「頭悪いんじゃないの?」と言われたが、岸田は「稽古は、恥をかくためにある」と気にも留めなかった[5]
  12. ^ 岸田によると「例えば首に包帯を巻いているおばあちゃんの役を演じる場合、その包帯は風邪をひかないためのスカーフ代わりかもしれないし、もしかしたら包帯の下に実は傷が隠されているのかもしれないって想像するの。傷なら自分でつけたのか人がつけたのか、あるいはそのおばあちゃんは既に死んでいて実は幽霊なのかも…と色々と妄想することができる」と語っている[2]
  13. ^ 岸田の方が6歳年上で、20歳を過ぎてから文学座に入団した山崎は、岸田から“ヤマ”と呼ばれ、退団後も長年に渡り交流があった[5]
  14. ^ その理由について山崎は、「主役は最初からキャラクターがはっきりしていますが、脇役は十分に説明されていないことが多い。説明がないってことは、自分の考えで役柄の細かい所まで作ることができる。だから脇役の方が面白い役が多いのです」としている。
  15. ^ 冨士とは、1962年のテレビドラマ『鏡子の家』で親友役として出演して以来、親友に。吉行とは2度続けて清水邦夫の芝居に一緒に出た後、1984年暮れから1985年初にかけて一緒にインド旅行をして以来の仲。そのインド旅行は、案内人の山際素男が著した本『脳みそカレー味』に描かれている[要文献特定詳細情報]
  16. ^ 2006年1月放送の第22作が遺作。
  17. ^ 2004年に収録され死後に放送された。
  18. ^ 書籍『東宝特撮映画全史』では、ナレーターと記述している[12]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.36.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 復刻超ロングインタビュー【女優・岸田今日子】魅惑の表現者に聞いた、仕事と妄想的恋愛論(1996年のインタビュー記事)”. 読む映画館 轟夕起夫NET (2020年12月3日). 2022年4月15日閲覧。
  3. ^ 岸田秋子”. とっとりデジタルコレクション. 2022年6月13日閲覧。
  4. ^ 岸田秋子の墓
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 週刊現代2022年3月26日号「脇役稼業」第5回・岸田今日子「ここではない何処かへ」p165-172
  6. ^ 憲法「九条の会」に賛同 作家、俳優、落語家、宗教者、学者、政治家 各界著名190氏を発表 第一次分
  7. ^ 岸田今日子さん、山崎ハコさん… 反戦劇 会場あふれ長い列 幅広い出演者に共感の拍手
  8. ^ グラナダ版 アガサ・クリスティーのミス・マープル DVD-BOX1 全4枚セット NHKスクエア
  9. ^ 『芝居語り 渡辺えり子 対話集』小学館、2006年8月20日、207頁。 
  10. ^ “「あっぱれさんま大先生」誕生は岸田今日子が明石家さんまに渡したテープきっかけ/三宅恵介氏”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2022年6月9日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202206090000112.html 2022年6月14日閲覧。 
  11. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 177, 「『ノストラダムスの大予言』作品解説/俳優名鑑」
  12. ^ 東宝特撮映画全史 1983, p. 538, 「主要特撮作品配役リスト」
  13. ^ [1]「現代演劇協会」のデジタルアーカイヴ。
  14. ^ 放送ライブラリー 番組ID:R00088
  15. ^ 放送ライブラリー 番組ID:R00048
  16. ^ 放送ライブラリー 番組ID:R00720
  17. ^ 放送ライブラリー 番組ID:R00111
  18. ^ 放送ライブラリー 番組ID:R00203
  19. ^ 放送ライブラリー 番組ID:R00204
  20. ^ 放送ライブラリー 番組ID:R00531
  21. ^ 放送ライブラリー 番組ID:R00775
  22. ^ プリンセスチュチュ”. KING AMUSEMENT CREATIVE. 2016年6月28日閲覧。
  23. ^ 放送ライブラリー 番組ID:009915
  24. ^ 岸田今日子 - オリコンCM出演情報

参考文献編集

  • 『東宝特撮映画全史』監修 田中友幸東宝出版事業室、1983年12月10日。ISBN 4-924609-00-5 
  • 『東宝特撮映画大全集』執筆:元山掌 松野本和弘 浅井和康 鈴木宣孝 加藤まさし、ヴィレッジブックス、2012年9月28日。ISBN 978-4-86491-013-2 

外部リンク編集