メインメニューを開く

峯尾 基三(みねお もとぞう、1947年11月5日 - )は、日本脚本家

みねおもとぞう
峯尾基三
生年月日 (1947-11-05) 1947年11月5日(72歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県
職業 脚本家
ジャンル テレビドラマ
活動期間 1971年-
テンプレートを表示

略歴編集

神奈川県出身。日本大学芸術学部映画学科中退。学生時代は全共闘の闘士として活動。その後脚本家の永原秀一に師事し、1971年、「峰尾基三」名義で、ロマンポルノに移行する前の旧体制日活最後の作品『八月の濡れた砂』でデビュー。1972年の『太陽にほえろ!』以降、TVサスペンスドラマを中心に、メイン・中核ライターを多数務める。特に『太陽にほえろ!』『西部警察』『プロハンター』『私鉄沿線97分署』など、シリーズの最終話を任される機会も多かった。1981年から2005年にかけて放送された2時間ドラマ「火曜サスペンス劇場」の最終作、水谷豊主演の『事件記者・三上雄太 』も執筆している。本来はアクション志向の強い作家だが、近年ではフジテレビ系「浅見光彦シリーズ」のメインライターや2時間ドラマを中心に活動している。

作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

  • 金曜エンタテイメント(フジテレビ)
    • 京都女優シリーズ(1991年〜2002年)
    • 京都祇園舞妓シリーズ(1993年〜2001年)
    • 新・京都祇園芸妓シリーズ(2003年〜2004年)
    • キャリア探偵日菜子の調査ファイル(2003年)
    • 浅見光彦シリーズ(15)〜(21),(23)〜(33),(35)〜(51)(2003年〜2014年)

Vシネマ編集

関連項目編集