メインメニューを開く

島根県道277号多伎江南出雲線

日本の島根県の道路
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
島根県道277号標識

島根県道277号多伎江南出雲線(しまねけんどう277ごう たきこうなんいずもせん)は出雲市多伎町久村と出雲市大津町を結ぶ一般県道である。

目次

概要編集

  • 国道9号旧道を踏襲して認定された路線[1]だが、以前に比べて出雲市西新町 - 出雲市今市町間で大幅な付け替えが行われ、全てが国道9号旧道を通るというわけではない[2]
  • 路線名称およびJR山陰本線の駅名にある江南とは1896 - 1951年に存在した簸川郡の村名である[3]
  • 出雲市西新町3丁目の浅柄橋交差点(島根県道162号大社立久恵線交点) - 出雲市下古志町の下古志交差点間にバイパスがあり[4]、これが全通したことにより県道337号と直結することになり、山陰道出雲ICとの出雲市内側からの接続が容易になった。
  • よく間違われるが、出雲市大津町の出雲商工会館前交差点は本路線の終点ではない。実際には、そこから北に数百メートル進んだ最初の信号の先にある小さい交差点が終点である。
  • 出雲市今市町の日吉神社前交差点 - 出雲市塩冶町の島大東交差点間は、出雲市駅南口前・出雲アパレル前を経由するルート(出雲須佐などに向かう路線バスはこの区間を通行する[5])と、築山交差点・下沢を経由するルートの二通りに分かれる(両者は医大東交差点で合流し、島根大学医学部附属病院前を通過するルートを抜け、古志大橋に向かう)。後者は新規に整備されており、片側二車線の四車線道路となっている。

路線データ編集

  • 起点:出雲市多伎町久村(国道9号交点)
  • 終点:出雲市大津町・出雲合同庁舎北交差点
  • 総延長:
  • 実延長:

沿革編集

  • 1966年3月29日 島根県告示第423号により認定される。
    • 前身は国道9号である(その旧道の県道化)。
  • 1969年11月3日 沿線の簸川郡湖陵・多伎両村が町制施行したことにより起点の地名が簸川郡多伎村久村から簸川郡多伎町久村に変更される。
  • 1972年頃 現行の県道番号に変更される。
  • 2005年3月22日 沿線の簸川郡湖陵・多伎両町が出雲市になったことにより全部分が出雲市域を通る路線になり、併せて起点の地名が変更される(簸川郡多伎町久村→出雲市多伎町久村)
  • 2012年3月30日 出雲市西新町3丁目 - 出雲市下古志町間に建設されていたバイパスが完成、この日の午前10時より全線の供用が開始された[4]

路線状況編集

主な橋梁編集

  • 古志大橋(出雲市古志町、神戸川

地理編集

通過する自治体編集

  • 出雲市

接続道路編集

沿線の主要施設編集

沿線の名所・旧跡・観光地編集

  • 多伎いちじく温泉
  • 中国自然歩道
  • 宝塚古墳
  • 上塩冶地蔵山古墳
  • 上塩冶築山古墳
  • 今市大念寺古墳

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ そのため、地域住民らからは「旧国道」と呼ばれ、かつて本路線を経由して大田バスセンター(大田市)などへと向かう路線バスの経由地表示にも「旧国道(または知井宮)経由」表示がされたことがあった。2016年4月現在はこの路線を通過して大田市方面に向かう路線バスは存在しない(旧湖陵町までの路線は存在する)。
  2. ^ 付け替えられた部分のうち、出雲市塩冶町にあたる部分の大部分が市道に格下げとなり、出雲市駅から平成温泉・江南駅方面に向かう路線バスが走るルートとして、現在も残っている。また、旧古志橋は、斐伊川神戸川治水事業の関係から古志大橋に架け替えられた関係から撤去されており、いわゆる国道9号旧道区間を順を追って辿ることも現在は不能である。
  3. ^ その後簸川郡湖陵村→簸川郡湖陵町→出雲市湖陵町となる。
  4. ^ a b それまでにも順次工事は進められ、路線の大部分が既に供用されていたが、2012年3月30日午前10時に残る未開通部分(527メートル)が開通し、供用開始された。こちらも参照のこと。なお、当面は出雲市知井宮町の栄丁交差点 - 出雲市下古志町の下古志交差点間のいわゆる旧国道9号に該当する区間も、本路線としての指定が残されている。
  5. ^ 通常、出雲市駅は高架化する以前から北口にバスターミナルを設けており、この関係で北口から出雲市立第二中学校付近で南側に左折し、旧出雲アパレル工場跡地付近から更に南に右折するルートを通行するが、現在ではこのルートが本路線として指定されている。このルートは最終的に、出雲市駅南口から延びる路線に合流し、医大東交差点に向かう。ただし、この間に本路線を示す案内標識は全く存在しないので注意が必要。なお、この区間はかつての島根県道11号出雲三次線にあたる路線でもあり、最終的にはこの路線が昇格した従来の国道184号に到達する。

関連項目編集