メインメニューを開く

島津 修久(しまづ のぶひさ、1938年昭和13年) - )は 島津氏第32代当主。島津義弘から数えて15代目にあたる。株式会社島津興業代表取締役会長[1]。 島津顕彰会会長。鶴嶺神社宮司[2]照国神社宮司[1]平松神社宮司。社団法人茶道裏千家淡交会鹿児島支部長[3]。鹿児島経済同友会代表幹事[1]。薩摩古武道影之流顧問。元鹿児島県公安委員(長)[1]。元西郷南洲顕彰会会長[2]。元薩摩琵琶同好会会長[2]

人物編集

島津氏第31代当主島津忠秀の次男(兄忠敬は早世)として東京府(現在の東京都品川区)に生まれる[4]公爵島津久光の玄孫にあたる。母は近衛文麿の長女・昭子(野口昭子[要出典]

学習院初等科を経て1956年、学習院高等科卒業[要出典]。一浪ののち、中央大学法学部入学[要出典]。中央大卒業後も司法試験の勉強を続けたが、1965年、島津興業でアルバイトを始め、28歳の時、同社に入社した[1][5]

脚注編集

参考文献編集

  • 朝日新聞鹿児島総局編『薩摩の殿』南方新社、2008年。ISBN 9784861241437