島田 修三(しまだ しゅうぞう、1950年8月18日 - )は、歌人、日本古典文学研究者、愛知淑徳大学学長。

島田 修三
誕生 (1950-08-18) 1950年8月18日(70歳)
神奈川県横浜市
職業 歌人
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 横浜市立大学文理学部卒業
早稲田大学大学院博士課程中退
ジャンル 短歌
主な受賞歴 名古屋市芸術奨励賞(1993年)
寺山修司短歌賞(2002年)
前川佐美雄賞(2008年)
山本健吉文学賞(2009年)
若山牧水賞(2010年)
迢空賞(2011年)
中日短歌大賞(2011年)
所属 まひる野
テンプレートを表示

人物・来歴編集

神奈川県横浜市生まれ[1]。歌誌「まひる野」運営委員。1975年横浜市立大学文理学部日本文学専攻卒業、「まひる野」に入会。1982年早稲田大学大学院博士課程中退。専攻は万葉集。在学中に武川忠一が顧問を務める「短歌研究会」に所属し、内藤明小島ゆかり米川千嘉子らと活動した[2]

愛知淑徳大学文化創造学部教授、副学長を経て、2011年より学長。学生時代に吉野秀雄『寒蝉集』の影響を受け、窪田章一郎に師事。中日新聞歌壇選者。古典の教養を背景としながら、現代の消費社会を露悪的・批評的に表現する過激な歌風が特徴[3]。「まひる野」では若手の多いマチエール欄の選歌を担当。ゼミ出身者には勝野かおり後藤由紀恵富田睦子飛鳥井千砂小説家)などがいる。

受賞歴編集

著書編集

  • 『晴朗悲歌集』砂子屋書房 1991年
  • 『離騒放吟集』砂子屋書房 1993年
  • 『東海憑曲集』ながらみ書房 1995年
  • 『風呂で読む近代の名歌』世界思想社 1995年
  • 『古代和歌生成史論』砂子屋書房 1997年
  • 『短歌入門 基礎から歌集出版までの五つのステージ』池田書店 1998年
  • 『島田修三歌集』砂子屋書房〈現代短歌文庫〉 2000年
  • 『シジフオスの朝 歌集』砂子屋書房 2001年
  • 『「おんな歌」論序説』ながらみ書房 2006年
  • 『東洋の秋 歌集』ながらみ書房 2007年
  • 『蓬歳断想録』短歌研究社 2010年
  • 『帰去来の声』砂子屋書房〈現代三十六歌仙〉 2013年
  • 『古歌そぞろ歩き』本阿弥書店 2017年

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.262
  2. ^ 武川先生、そして佐々木君
  3. ^ 小高賢編『現代短歌の鑑賞101』162頁。