メインメニューを開く

島田 利正(しまだ としまさ)は安土桃山時代から江戸時代前期の武将旗本。江戸町奉行(2代目南町奉行)を務めた。島田重次の五男。

 
島田利正
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正4年(1576年
死没 寛永19年9月15日1642年10月8日
改名 守利→利正
別名 兵四郎、平四郎、長四郎、次兵衛(仮名
戒名 幽也(法名)
墓所 埼玉県坂戸市仲町の永源寺
官位 従五位下、弾正
幕府 江戸幕府
主君 徳川秀忠
氏族 島田氏
父母 父:島田重次、母:多田慶忠の娘
兄弟 春世成重直時利氏利正
利世利春、娘(山口直堅室)、利香
守政利直利近、源五右衛門、
娘(島田重利室)、娘(加藤正之室)、
娘(土屋利次室)
テンプレートを表示

略歴編集

父の領していた三河矢作城にて生まれ、後に父と同じく徳川秀忠に仕え、小田原征伐での鉢形城攻めや関ヶ原の戦いでの働きぶりが見える。関東入府後、慶長18年(1613年)から寛永8年(1631年)にわたって江戸南町奉行に就任し、市政の制度化に尽力。また他にも最上騒動の際、幕府の使者として名が見える。それらの功により従五位下弾正忠に任官された。武蔵国入間郡比企郡などで5000石を領した。

草津温泉湯治を計画した時に、草津温泉の効能を熟知している真田信之から面倒をみてもらっている[1]

弾正橋編集

江戸南町奉行時代、現在の北八丁堀付近に屋敷があり、付近にあった楓川に架かる橋が利正の官名にちなんで弾正橋と名付けられた。明暦の大火の後に島田家の屋敷は湯島に移るが、弾正橋の名称はそのまま残った。また、弾正橋のうち、明治初期に国産初の鉄橋として再架されたものは現在、江東区富岡八幡宮そばに八幡橋として移築されている。

脚注編集

  1. ^ 宮本義己『歴史をつくった人びとの健康法―生涯現役をつらぬく―』(中央労働災害防止協会、2002年、32頁)