メインメニューを開く

崎山 理(さきやま おさむ、1937年4月6日[1]- )は、日本人類学者言語学者国立民族学博物館滋賀県立大学名誉教授。

目次

来歴・人物編集

大阪府出身。東京外国語大学フランス語学科卒業。京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。広島大学総合科学部助教授、国立民族学博物館第5研究部教授、同民族文化研究部教授を経て、2001年3月定年。同名誉教授となり、その後は滋賀県立大学人間文化学部教授を務めた。

東南アジアオセアニアを中心にフィールドワークを行い、少数話言語・言語接触・言語混合の調査研究を進める他、日本語の起源に関する編著書がある。姫神神々の詩」を古代日本語をモデルとした言語で作詞したことでも知られる。

主な著作編集

単著編集

  • 『南島語研究の諸問題』(弘文堂 1974)
  • 『日本語「形成」論 日本語史における系統と混合』三省堂、2017年
  • 『ある言語学者の回顧録―七十踰矩』風詠社、2017年

編著編集

  • 『現代の人類学 3 言語人類学』和田祐一共編集 『現代のエスプリ』別冊 至文堂 1984
  • 『講座日本語と日本語教育 言語学要説・上』(明治書院)1989
  • 『日本語の形成』編(三省堂)1990

共編著編集

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』

外部リンク編集