崔 忠献(チェ・チュンホン、天徳元年(1149年) - 興定3年9月20日1219年10月29日))は、高麗の武臣・重臣。武臣政権の第5代執権者。本貫は牛峰崔氏。弟は崔忠粋。子は崔瑀・崔珦・崔珹・崔球。

崔 忠献
各種表記
ハングル 최 충헌
漢字 崔 忠獻
発音 チェ・チュンホン
日本語読み: さい ちゅうけん
ローマ字 Choe Chung-heon
テンプレートを表示

12世紀後半の高麗では武臣などによる権力闘争が激化していたが、崔忠献はその中で頭角を現していき、1196年には当時の高麗で政権を牛耳っていた武臣の李義旼(イ・ウィミン)を滅ぼして政権を牛耳ることに成功した。そして自らの独裁体制を固めるために、1197年には高麗王明宗を廃して弟の神宗を擁立し、さらには自身の弟の崔忠粋をはじめとする反対派を殺害したり、孝心の起こした農民一揆を徹底して弾圧したりなどしていった。1209年教定都監が創立されその長官である教定別監に任命されたことで、武臣政権の合法性が認知されるとともに、崔氏の独裁権が磐石なものとなった。

崔忠献は1219年に没したが、教定別監の地位は崔氏一族の中で世襲とされ、崔氏政権は1258年まで4代62年(崔瑀・崔沆崔竩)の長きにわたって続くこととなるのである。

崔忠献は独裁政権確立の過程で多くの粛清を行なったため、その評判は芳しくない人物であるが、その反面で交易活動を奨励したり、名臣の評判の高い文人の登用を積極的に行なうなど、政治面において評価できる一面もある。

東京国立博物館に石碑の墓誌が所蔵されている。

関連項目編集


先代:
李義旼
高麗武臣政権の執権者
1196年-1219年
次代:
崔瑀