崙書房

千葉県流山市にあった出版社

崙書房出版株式会社(ろんしょぼうしゅっぱん)は、かつて存在した日本の出版社の一つで、主に千葉県茨城県に関する書籍を発行していた。

崙書房出版株式会社
Ronsyobou Co.,Ltd. Head Office.JPG
崙書房本社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
270-0164
千葉県流山市流山二丁目296番地5
設立 1970年
業種 出版業
法人番号 9040001038507 ウィキデータを編集
代表者 小林規一(代表取締役[1][2]
外部リンク 公式ウェブサイト - ウェイバックマシン(2019年6月22日アーカイブ分)(日本語)
崙書房 - ウェイバックマシン(2016年3月8日アーカイブ分)(日本語)
テンプレートを表示

概要編集

創業当初は千葉県・茨城県に関する文献復刻版を発行[3]1977年からは地域に根差した題材を新書判の「ふるさと文庫」として発行してきた。1978年に茨城県地域の「ふるさと文庫」については、茨城図書(後の筑波書林)が引き継ぐことになった。

崙書房では、「ふるさと文庫」等の出版物に触発された愛読者が原稿を持ち込んで書籍化し、その出版物を読んでまた新たな愛読者が原稿を持ち込むというサイクルが出来上がっており、新人郷土作家の発掘という役割を果たしていた[4]。崙書房は流山市在住の作家北野道彦山本鉱太郎の著書を扱っており、彼らが設立した流山市立博物館友の会[5]の刊行物の多くも崙書房が扱っていた。

2019年6月、同年7月末をもって業務を終了し会社を解散することが明らかになった[6][7]。解散の理由について、社長の小林規一は「存立基盤である読者や著者、街の書店が減少。最後まで悩んだが、後継者がいなかった」と語っている[6]。7月31日閉業[8]

主な出版物編集

雑誌編集

  • 『常総の歴史』
  • 『中世房総』

利根川関連編集

  • 山本鉱太郎 『新編・川蒸気通運丸物語 - 利根の外輪快速船』〈新書〉2005年3月10日 発行。ISBN 978-4845511075 
  • 山本鉱太郎 『新・利根川図志(下)』1998年4月。ISBN 978-4845510498 
  • 山本鉱太郎 『新・利根川図志(上)』1997年6月。ISBN 978-4845510405 
  • 山本鉱太郎 『川蒸気通運丸物語 - 明治・大正を生き抜いた利根の快速船』〈ふるさと文庫〉1980年11月。 
  • 北野道彦 『利根運河 - 利根・江戸川を結ぶ船の道』〈ふるさと文庫 / 千葉〉1977年9月。 
  • 添田知道 『利根川随歩』1974年。 
  • 吉田東伍 『利根治水論考』1974年。 
  • 吉田東伍 『利根の変遷と江戸の歴史地理 - 吉田東伍論文講演集』1974年。 
  • 汽船荷客取扱人聯合会 編 編 『利根川汽船航路案内』1972年。 

江戸川関連編集

  • 山本鉱太郎 『江戸川図志』2001年6月30日 第1刷発行。ISBN 978-4845510801 

千葉県関連編集

茨城県関連編集

千葉県・茨城県関連編集

  • 山本鉱太郎 『新編 旧水戸街道繁盛記』2008年2月。ISBN 978-4845511396 

鉄道関連編集

  • 遠山あき 『小湊鉄道の今昔 - レールは人生を乗せて』2004年11月。ISBN 978-4845511082 
  • 白土貞夫 『ちばの鉄道一世紀』1996年7月10日 第1刷発行。ISBN 978-4845510276 
  • 崙書房編 編 『新京成電鉄沿線ガイド』1995年11月。ISBN 978-4845510221 
  • 総武流山電鉄七十年史編纂委員会 編集 編 『総武流山電鉄七十年史』総武流山電鉄株式会社 発行、崙書房 製作、1986年3月14日 発行。 
  • 山本鉱太郎 編 編 『覆刻・鉄道唱歌 - 東北・常磐・房総線』1983年10月。 
  • 北野道彦 『「町民鉄道の60年」- 総武流山電鉄の話』1978年2月25日 第1刷発行、1981年6月10日 第2刷発行。 
  • 鉄道省 編 編 『新鉄道唱歌〈第4輯〉- 東北線・常磐線房総めぐり』1974年。 

参考資料編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『ちばの鉄道一世紀』の納品書より。
  2. ^ 事業所情報 テクノパーク流山
  3. ^ ぐるっと流山 森の図書館で崙書房創業45年展開催中”. 流山市 (2015年6月26日). 2015年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月5日閲覧。
  4. ^ <地域と歩んで 崙書房の半世紀> (上)昭和から令和 郷土編む」『東京新聞Tokyo Web』、2019年6月18日。オリジナルの2019-09-04時点におけるアーカイブ。
  5. ^ 北野道彦賞17年の歴史に幕 最後の受賞者に松戸史談会」『WEB松戸よみうり』、2008年5月11日。
  6. ^ a b 崙書房来月に業務終了 50周年目前、出版不況で 流山」『千葉日報オンライン』、2019年6月7日。
  7. ^ 青柳正悟「千葉)地域文化を出版 崙書房が7月末で半世紀に幕」『朝日新聞デジタル』、2019年6月16日。
  8. ^ 千葉の歴史や風土の書籍発行 崙書房出版が半世紀の歴史に幕」『NHK』、2019年8月1日。オリジナルの2019-08-01時点におけるアーカイブ。

関連項目編集

外部リンク編集