メインメニューを開く

嵐になるまで待って』(あらしになるまでまって)とは、演劇集団キャラメルボックスで上演されているろう者を題材にした舞台作品。原作は成井豊の『あたしの嫌いな私の声』。

目次

解説編集

1993年初演。以降、1997年・2002年・2008年と上演され、2016年に再演する事が決まっている。

原作は1991年に成井豊が書いた小説『あたしの嫌いな私の声』。1997年の再演時に設定が大幅に変更された。

原作及び脚本は初演から成井豊だが、1993年初演の演出のみ劇団ショーマの高橋いさを。再演以降は演出も成井豊が担当している。

1993年初演は「アナザーフェイスダブルヴィジョン」として、成井豊原作である本作を高橋いさをが演出する方を「い組」・成井豊が演出する高橋いさをの作品である「ウォルター・ミティにさようなら」を女優版に変更した「ジャングル・ジャンクション」を「ゆ組」とし、2本同時に別な劇場でやった。[1]

再演で成井が演出担当をする事になったのをキッカケにろう者についてちゃんと勉強し、手話コーディネーターである妹尾映美子に協力を依頼。その後、テレビで『アイ・ラヴ・ユー』の撮影風景の紹介番組に出ていた主演でろう者である忍足亜希子を見て次の雪絵役にしたいと想い、一緒に紹介番組に出ていた妹尾に紹介して貰うように手紙を書く。忍足はオファーを受け、2002年の再々演にて雪絵役を演じた。[2] (この公演をキッカケに、忍足は2009年劇団員の三浦剛と結婚した。)

2008年再々々演は、ソニーが演劇を撮影して映画として配給するLivespireとして劇場公開された。

オープニングのダンス曲は初演からニック・カーショウの「ザ・リドル英語版」が使用されている。

あらすじ編集

声優を目指すユーリは生まれて初めてのオーディションに合格し、『ナルニア物語』のユースチス役をやる事になった。翌日にプロデューサーの滝島に打ち合わせがしたいと言われ向かったスタジオで、昨日のオーディションで相手役をしたプロ声優で中学三年生のチカコと再会。チカコは学校を早退して、台本を取りに来ていた。

滝島がチカコに頼まれて台本を取りに行こうとしたその時、2人の男女が入ってきた。今回の音楽を担当するニューヨーク在住の音楽家波多野と、その姉でろう者の雪絵だった。お互いに自己紹介をしている合間に、さらにもう一人やってくる。今回の主演をする俳優高杉だった。一向に台本を取りにいかない滝島に代わり、ユーリはチカコと一緒にスタジオから出て台本を取りに行く。

スタジオの外で、ユーリとチカコは津田と鉢合わせる。津田はユーリの中学時代の家庭教師であり今でも友人として接している幸吉の同僚の記者で、高杉のスクープを狙っていた。ユーリが高杉のいるスタジオに行くと聞きつけた津田は自分をユーリの親戚として、スタジオに潜入させて欲しいと頼む。幸吉の友人と言う事でユーリはその頼みを受ける事にし、チカコとはそこで別れる。

スタジオでは不穏な雰囲気が立ち込めていた。高杉の以前のバンド仲間がニューヨークに滞在していたが、波多野が裏から手を回した事で音楽業界から追い出され、それが原因で自殺したと言う噂が立っていたのだ。高杉は真相を聞き出そうとするが波多野が知らないと答えた事で、雪絵に矛先を向ける。手荒に聞き出そうとする高杉に、波多野は「放せ!」と言い放つ。だがその時、ユーリにはその声とは別に『死んでしまえ!』と言う波多野の声が同時に聞こえてきた。高杉はそのまま何も言わず、スタジオを後にする。

翌日スタジオに向かうと、滝島に波多野と二人きりで歌唱レッスンを受けろと言われる。昨日の声の事が怖くて忘れられなかったユーリは、思わずスタジオから飛び出してしまう。その際波多野はユーリが大切にしている、幸吉から貰ったペンダントを拾う。その夜波多野はそのペンダントを返すからとユーリをホテルのロビーに呼び出し、ユーリが幸吉に対して好意がある事、そして告白できない理由まで言い当てる。ユーリは自分が教え子以上の対象で見てもらえていないのではないかと自信がなかった上に、自分の声が女らしくない事をコンプレックスに感じていたのだ。動揺するユーリに対し、波多野は「君が声をださなければ、彼は君を愛してくれる。」と言い放つ。

ホテルから出たユーリは幸吉に電話をかけるが、声が出なくなってしまった事に気づく。電話口の幸吉は何とか電話をかけてきたのがユーリだと気づき、翌日一緒に病院に行く事に。喉には全く傷がなかった事から精神的な理由だと診断され、2人は精神科の広瀬教授の元を訪れる。広瀬はすぐに原因が波多野であると気が付くが、ユーリは幸吉が傍に居た事で波多野に言われた事を伝える事が出来なかった。その時、広瀬が持っていた新聞に高杉が自殺未遂を起こしたという記事が載っている事に気づく。

登場人物編集

ユーリ
本名:君原友里、21歳。声優学校一年生で、その前は短大に通っていた。父親は声楽の先生で、小学校一年生の時から声楽をしており楽譜は読める。何かあるとすぐに、中学時代の家庭教師である幸吉に電話をかける。自分の声をあまり綺麗とは思っておらず、声優ならその特徴を武器に出来ると思い目指している。波多野と声が似ている。
幸吉
本名:北村幸吉。ユーリの中学時代の家庭教師で、新聞記者。ユーリの良き相談相手で、声が出なくなったユーリをサポートする。(また『ハックルベリーにさよならを』に登場するコーキチはパラレルワールド的存在にあたる。[3])
波多野
本名:波多野祥也。ニューヨーク在住の音楽家。普段は温厚な性格だが、雪絵に危害を加える者には敵意を向ける。ユーリと声が似ている。
雪絵
本名:波多野雪絵。ろう者。波多野と共にニューヨークに在住している。
滝島
ディレクター。ユーリの事をかっており、声が出なくなったユーリの手助けをする。広瀬教授とは根本的にうまくやっていける気がしない。
勝本
AD。雪絵に対して好意を抱き、手話であいさつ出来るように勉強した。高杉の事を気にかけている。
チカコ
本名:阿部知香子。中学三年生の声優。キャリアは五年。(幸吉同様、『ハックルベリーにさよならを』『さよならノーチラス号』のアベチカコとはパラレルワールド的存在にあたる)
津田
本名:津田長介。幸吉の同僚で高杉のスクープを狙っており、スタジオに潜入時テープレコーダーを回していた。
高杉
本名:高杉雄二。結婚したばかりではあるが、浮気が噂されている。波多野に対して敵意がある。突如自殺未遂をする(原作・初演では死んでしまう)が、自分でも自殺未遂をしたのか分からない。
広瀬教授
ユーリの担当の精神科医。声が出せなくなった原因を突き止めるべく、ユーリたちと共に行動する。携帯は持っていない。

キャスト編集

1993年版編集

※勝本は登場しない

  • ユーリ - 酒井いずみ
  • 幸吉 - 上川隆也
  • 波多野 - 細山毅(劇団ショーマ)
  • 雪絵 - 竹内晶子(客演)
  • 滝島 - 近江谷太朗
  • チカコ - 石川寛美(『ハックルベリーにさよならを』でもアベチカコを演じている)
  • 津田 - 今井義博
  • 高杉 - 岡田達也
  • 広瀬教授 - 西川浩幸

1997年版編集

2002年版編集

2008年版編集

2016年版編集

参考編集

  1. ^ キャラメルボックス・ヒストリー”. 演劇集団キャラメルボックス. 2013年7月22日閲覧。
  2. ^ 成井豊『嵐になるまで待って』論創社、2002年初版、277~280頁より引用
  3. ^ 通し稽古風景っ!!”. 演劇集団キャラメルボックス. 2012年12月16日閲覧。

外部リンク編集