メインメニューを開く

嵯峨の屋おむろ

嵯峨の屋おむろ(さがのや おむろ、本名:矢崎鎮四郎(しんしろう)、文久3年1月12日1863年3月1日) - 昭和22年(1947年10月26日)は明治期の日本小説家翻訳家評論家詩人

江戸・日本橋下総関宿藩邸生まれ。坪内逍遥の門下。東京外国語学校(現東京外国語大学)卒業。二葉亭四迷は、東京外大時代の同級生である。嵯峨の屋お室矢崎嵯峨の舎(屋)(やざき さがのや)、北邙散子(ほくぼうさんし)、探美(たんび)名義なども使用していた。曾孫は、俳優・モデルの岡本竜汰

幼時、維新の変動期にあって辛苦を尽くした。1876年、東京外国語学校露語科の給費生となり、1981年、二葉亭四迷を知る。卒業後統計院に勤めるが失職、二葉亭四迷の紹介で坪内逍遥の門下生となる。1987年、処女作「浮世人情守銭奴之肚」(うきよにんじょうしまりみせのはら)で作家として出発。小説「初恋」、「くされ玉子」、「野末の菊」(1889)など浪漫的作品や「夢現境」(1891)など厭世無常観を突き詰めた小説を出したほか、ロシア文学の翻訳を発表し紹介した。小説論に「小説家の責任」(1889)がある。詩人としては「抒情詩」(1897)に「いつ真て草」ほか9編を発表。一時は尾崎紅葉と並び称された。1906年、陸軍士官学校ロシア語教官を務める。晩年は振るわず、文壇からも遠ざかった。明治期において懐疑を主観的に表白した最初の小説家であった。1947年、千葉牛久で没した。

目次

著書編集

嵯峨の屋おむろ名義編集

矢崎嵯峨の屋名義編集

関連項目編集

  • 都の花(文芸雑誌。嵯峨の屋おむろの「初恋」「くされ玉子」「婿えらび」などが掲載された。)

参考文献編集

外部リンク編集