嶐郷村(りゅうごうむら)は茨城県那珂郡にかつて存在した村である。

嶐郷村
廃止日 1956年9月29日
廃止理由 新設合併
嶐郷村檜沢村檜沢嶐郷村
現在の自治体 常陸大宮市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 茨城県
那珂郡
隣接自治体 大子町檜沢村八里村栃木県馬頭町烏山町
嶐郷村役場
所在地 茨城県那珂郡嶐郷村大字高部
外部リンク なし
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

  • 旧美和村の西部、現在の茨城県常陸大宮市の北西部に位置する。
  • 栃木県との県境に接している
  • 村内には那珂川の支流が流れている。
  • 村域の大半は山地になっている。

歴史編集

村名は「今後とも盛に栄える」という意味でつけられ、村域が山がちな地形のためをつけ嶐郷村となった。

なお、「嶐」字の本義は「山の形」であり[1] ,当村での意味は国訓である。

村域の変遷編集

変遷表

1868年
以前
明治22年
4月1日
昭和31年
9月29日
平成16年
10月16日
現在
小田野村 嶐郷村 檜沢嶐郷村
即日改称
美和村
大宮町
に編入
常陸大宮市
鷲子村
高部村

人口・世帯編集

人口編集

総数 [単位: 人]

1891年(明治24年)      3,219
1920年(大正 9年)         4,402
1935年(昭和10年)      4,517
1950年(昭和25年)     5,382


世帯編集

総数 [単位: 世帯]

1920年(大正 9年)     807
1935年(昭和10年)     801
1950年(昭和25年)      913


名所・旧跡編集

脚注編集

  1. ^ 諸橋轍次大漢和辞典
  2. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 8 茨城県』、角川書店、1983年 ISBN 4040010809より

関連項目編集