嶺東方言(ヨンドンほうげん、영동 방언)は江原道高城郡束草市襄陽郡江陵市東海市三陟市旌善郡平昌郡寧越郡太白市で使用される朝鮮語の方言である。江原道は太白山脈を境界にして嶺西と嶺東に分けられ、高山によって二地域間の文化的、言語的差異が現れることとなった。ただし旌善、平昌、寧越地域は、地理上太白山脈の西側に属するものの、嶺東地域と文化的に深く関連を結んでいる関係で嶺東方言を用いることとなった。

嶺東方言は話し声の高さ(声調)と長さ(音長)が全て意味を区別するのに利用され、発音する音素の種類も朝鮮語の様々な諸方言の中で最も多い。特にソウル等ほとんどの地域の方言と違って「 woe」と「 wui」を単純母音で発音することは特記に値するものである。語彙面では「慶尚道方言」などと呼ばれる東南方言と似通うものが相当数見出される。