メインメニューを開く
巖谷英一.jpg

巌谷 英一(いわや えいいち 1903年10月10日 - 1959年7月8日)は、日本の元軍人大日本帝国海軍技術中佐として、遣独潜水艦作戦によりドイツに派遣され、ジェットエンジン等の技術を日本に持ち帰った。

目次

経歴編集

東京府出身。1929年(昭和4年) 東京帝国大学工学部船舶工学科を卒業。海軍造兵中尉任官、海軍航空本部の戦闘機担当官となる[1]局地戦闘機雷電」の開発に関しては、海軍航空本部技術部に三菱重工業堀越二郎を招き要請した[2]

遣独潜水艦作戦(第四次遣独艦。1943年12月にシンガポール出航)によりドイツに渡り、ジェットエンジン・ロケットエンジン等の最新の軍事技術情報をドイツから入手する。

伊号第二九潜水艦により、1944年(昭和19年)4月16日にロリアンを出航[3]。7月14日にシンガポールに到着したのち、零式輸送機に乗り継ぎ、日本に帰国。ロケット戦闘機メッサーシュミット Me163及びジェット戦闘機メッサーシュミット Me262に関する資料を海軍航空本部に持ち帰った。それら資料は、のちに秋水橘花の開発に活かされた。

1959年7月8日に鎌倉市で没。

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ 岡村純『航空秘術の全貌(上)』1976年 執筆者紹介 3ページ
  2. ^ 渡辺洋二『局地戦闘機 雷電』2005年 26ページ
  3. ^ 松岡久光『日本初のロケット戦闘機 秋水』2004年 46ページ

参考文献編集

  • 巌谷英一、岡村純『日本の航空機〈海軍機篇〉』出版協同社、1960年
  • 巌谷英一、藤平右近『機密兵器の全貌』原書房、1976年
  • 岡村純ほか『航空秘術の全貌(上)』原書房 1976年
  • 柴田一哉『有人ロケット戦闘機 秋水―海軍第312航空隊秋水隊写真史』大日本絵画、2005年
  • 堀越二郎『零戦 その誕生と栄光の記録』講談社講談社文庫〉、1984年
  • 松岡久光『日本初のロケット戦闘機 秋水』三樹書房、2004年
  • 吉村昭『深海の使者』文藝春秋、1974年(文春文庫1976年)
  • 渡辺洋二『局地戦闘機 雷電』文藝春秋〈文春文庫〉、2005年