メインメニューを開く
川上俊彦

川上 俊彦(かわかみ としつね、1862年1月28日文久元年12月29日) - 1935年昭和10年)9月12日)は、明治から昭和初期にかけて活躍した外交官、実業家である。外交官時代はロシア関連の役職を歴任し、日露戦争では旅順要塞陥落時の水師営の会見で通訳を務め、ハルビン総領事時代には伊藤博文暗殺に遭遇した。退官後は日魯漁業社長などを務めた。

目次

経歴編集

村上藩士・川上泉太郎の長男として越後国村上(現在の新潟県村上市)で生まれる。幼名は銀太郎[1]

新潟師範学校を中退し東京外国語学校ロシア語学科に入学。1884年に卒業後、外務省に入省[2]1900年ウラジオストックの貿易事務官となり、日露戦争開戦時には残留邦人の救出に尽力した[3][4]1904年(明治37年)9月、外交顧問として遼東守備軍司令部付となり、次いで満洲軍総司令部付となる[3]1905年(明治38年)1月5日、水師営で行われた第3軍司令官乃木希典と旅順要塞司令官アナトーリイ・ステッセリの会見では通訳を務めた[5]1906年(明治39年)に再びウラジオストクの貿易事務官を務めた[6]後、1907年(明治40年)、ハルビン総領事となる。1909年(明治42年)10月26日にハルビン駅で発生した伊藤博文暗殺では、随員だった川上も巻き込まれ、流れ弾が命中し負傷した[7][3]

1913年(大正2年)12月から南満州鉄道理事を務める[8]1920年(大正9年)11月、初代駐ポーランド公使となり同国と通商航海条約を締結[1]1923年(大正12年)に帰国後、東京市長後藤新平が招へいしたソ連駐華全権公使アドリフ・ヨッフェと日ソ国交樹立に向けた非公式予備交渉を行う[9]。次いで1925年(大正14年)の日ソ基本条約締結後、北樺太利権交渉団の顧問となった[10]

1926年(大正15年)から北樺太鉱業会長、1929年(昭和4年)から日魯漁業社長を務める[1]。1935年、鎌倉の別邸で死去[2]。墓地は多磨霊園にある[1]

個人の書簡や報告書等が国へ寄贈され、外務省外交史料館に所蔵されている[11]

脚注編集

 
水師営の会見後の記念写真。後列一番左が川上。
  1. ^ a b c d 国史大辞典.
  2. ^ a b 松本郁子 2008, p. 52.
  3. ^ a b c 松村正義 2010, p. 119.
  4. ^ ゾーヤ・モルグン 2016, pp. 100-109.
  5. ^ 『日本の百年4 明治の栄光』橋川文三、筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、2007年、183-185頁。ISBN 978-4-480-09074-4
  6. ^ ゾーヤ・モルグン 2016, p. 118.
  7. ^ 川上俊彦「ハルビン遭難時の回顧」『伊藤博文公』国民新聞編輯局 編、啓成社、1930年、47-56頁。NDLJP:1170329
  8. ^ 『官報』第426号、「授爵及辞令」 1913年12月27日。NDLJP:2952526
  9. ^ 村上隆『北樺太コンセッション』北海道大学図書出版会、2004年、93-97頁。ISBN 4-8329-6471-2
  10. ^ 村上隆 2004, p. 105.
  11. ^ 川上俊彦関係文書”. 国立国会図書館. 2016年7月11日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集