川上 四郎(かわかみ しろう、1889年11月16日 - 1983年12月30日)は童画画家

かわかみ しろう
川上 四郎
生誕 (1889-11-16) 1889年11月16日
新潟県古志郡上組村大字摂田屋(現長岡市摂田屋)
死没 (1983-12-30) 1983年12月30日(94歳没)
湯沢町
国籍日本の旗 日本
職業 画家童画
著名な実績第2回野間挿画奨励賞受賞
久留島武彦文化賞受賞

経歴編集

1889年新潟県古志郡上組村大字摂田屋(現長岡市摂田屋)の豪農であった川上半四郎(屋号「川半」)の四男として生まれる。兄の川上漸医師慶應義塾大学医学部教授(病理学)を務めた。新潟県立長岡中学校を経て、1913年東京美術学校西洋画科卒業。静岡県立榛原中学校で美術教師を務める。1916年コドモ社[1]に入社。コドモ社が創刊した雑誌「童話」に挿絵を描いた。以後各種の雑誌に表紙画や挿画を描いている。1927年初山滋武井武雄岡本帰一深沢省三村山知義清水良雄らとともに「日本童画家協会」結成。

 
日本童画家協会の創設メンバー左上から武井武雄、川上四郎、岡本帰一、深沢省三、村山知義 、清水良雄

晩年は新潟県湯沢町に在住し、1983年に逝去した。

著作編集

脚注編集

  1. ^ 川上四郎”. コドモ社. 2016年1月17日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集