メインメニューを開く

川上 智弘(かわかみ ともひろ、1990年1月31日 - )は、東京都出身の、日本柔道選手である。階級は81kg級。身長178cm。組み手は左組み。得意技は小外刈[1]。現在は國學院大學職員として柔道部のコーチを務めている[2]

獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
グランドスラム
2011 東京 81kg級
2012 東京 81kg級
ユニバーシアード
2011 深圳 81kg級

目次

経歴編集

柔道は6歳の時に墨田柔道塾で始めた[1]足立学園中学・高校時代は大きな実績はなかった。なお、この当時の同級生には60kg級で活躍する山本浩史がいた[1]國學院大學に進学すると、1年生にして学生体重別のチャンピオンとなった[1]。2年の時には全日本ジュニアで優勝して、世界ジュニアでも3位となった。3年の時には講道館杯で3位となった[1]。2011年には体重別に出場して決勝まで進むも、高松正裕背負投で一本負けして2位に終わった[1]。8月にはユニバーシアードに出場すると、個人戦ではオール一本勝ちで優勝して、団体戦でも優勝を果たした[1]。11月の講道館杯は2位だったものの、12月のグランドスラム・東京では決勝で世界ランキング2位のレアンドロ・ギルヘイロ谷落で一本勝ちするなど、6試合のうち5試合で一本勝ちして優勝を飾った[3]。2012年には國學院大學の職員となるが、体重別では決勝で流通経済大学中井貴裕大外刈で逆転の一本負けを喫してロンドンオリンピック代表にはなれなかった[1]。その後は2013年のヨーロッパオープン・ブダペストで優勝、2015年の講道館杯で2位、2016年には体重別で3位になった[1]。2018年には実業個人選手権の90㎏級で3位になった[4]

戦績編集

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注編集

外部リンク編集