メインメニューを開く

川上 量生(かわかみ のぶお、1968年9月6日 - )は、日本システムエンジニア実業家映画プロデューサー株式会社KADOKAWA取締役株式会社カラー取締役、株式会社バカー取締役、株式会社スタジオジブリ所属、株式会社ドワンゴ顧問、株式会社角川アスキー総合研究所顧問、学校法人角川ドワンゴ学園理事公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事。愛称カワンゴ[1]

かわかみ のぶお
川上 量生
川上 量生
本名 川上 量生(かわかみ のぶお)
生年月日 (1968-09-06) 1968年9月6日(51歳)
出生地 日本の旗 愛媛県
国籍 日本の旗 日本
職業 実業家
ジャンル アニメーション映画
実写映画
配偶者 須賀千鶴
主な作品

アニメーション映画


実写映画


テレビアニメ


書籍

  • 『ルールを変える思考法』(著)
テンプレートを表示

株式会社ソフトウェアジャパンでの勤務を経て、株式会社ドワンゴ代表取締役社長(初代)、株式会社カドカワ代表取締役社長(第2代)などを歴任した。

来歴編集

生い立ち編集

愛媛県生まれ、大阪府[2]和泉市育ち。中学生の頃は、アナログなボードゲームに夢中になっており、対戦相手とコミュニケーションを取りながら遊ぶ点に魅力を感じていた。また、同じく中学生の頃からパソコンショップに出入りするようになり、プログラミングを習得した。このころより、ボードゲームのような他者とのコミュニケーションをコンピュータゲーム上で実現したいと思うようになる。

その後、京都大学に進学し、工学部にて学んだ。また、学生サークルである「京都大学教育ソフト研究開発クラブ」に入部し、「LABO System 123」をはじめとするソフトウェアの開発に携わった。さらに、フリーのプログラマとして、京都府内のソフトハウスからプログラミング業務を請け負うようになっていった。大学卒業後はソフトウェアジャパンに入社し、7年間のサラリーマン生活を経て、独立を果たす。

実業家として編集

米国Interactive Visual Systems CorporationとのジョイントベンチャーでIT関連企業ドワンゴを創業。創業には、当時マイクロソフトに居たジェイムズ・スパーン(のちドワンゴ取締役)とフリーソフト開発集団Bio_100%のリーダーだったaltyこと森栄樹(のちのドワンゴ相談役)の協力があった[3]。ドワンゴの代表取締役として社長会長を歴任し、同社を東京証券取引所第一部に上場させるまでに成長させた。当初は「オンラインゲーム専門のゲーム会社」[4]として創業したものの、着メロなど携帯電話関連事業に進出したことから、同社は急成長を遂げた[4]

その後、スタジオジブリ鈴木敏夫と出会い、ドワンゴの会長のままスタジオジブリに入社[5]。スタジオジブリでは見習い扱いのため、無給である[6]2013年8月より、庵野秀明が率いる株式会社カラーの取締役に就任した[7]。また、角川ホールディングス(のちのKADOKAWA)においては、当初は社外取締役として役員に就任していたが、2013年2月より同社の子会社の業務を担当することになったことにともない、社外取締役から通常の取締役となった[8][9][10]

2014年5月、ドワンゴとKADOKAWAの経営統合を発表し、2014年10月に設立したKADOKAWA・DWANGO(現カドカワ)の代表取締役会長に就任、2015年5月に同社代表取締役社長に就任。2017年12月21日にドワンゴの代表取締役会長及びniconico運営責任者を退任し、CTOとなった[11]。2019年2月13日にカドカワの代表取締役社長およびドワンゴ取締役を退任し[12]、同日よりカドカワ取締役およびドワンゴ顧問となった。

家族・親族編集

2013年に経産官僚須賀千鶴と結婚した[13]。1児の父親である[14][15]

略歴編集

作品編集

アニメーション映画編集

実写映画編集

テレビアニメ編集

WEBアニメ編集

著書編集

共著編集

出演編集

  • 宮崎吾朗監督に聞く「このままじゃ終われない宿命を受け入れあえて挑む」(2011年7月8日、朝日新聞朝刊全面広告8、9面、映画・コクリコ坂から宮崎吾朗と対談)

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ http://engineer-hack.com/person/dwango/ 株式会社ドワンゴ 代表取締役会長 川上量生氏
  2. ^ 『ドワンゴ会長「ネットで“お茶の間”復活を」/佐賀のニュース :佐賀新聞の情報サイト ひびの』 佐賀新聞、2008年10月11日。 オリジナルの2017年3月13日時点によるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20170313225044/http://www1.saga-s.co.jp/news/saga.0.1074218.article.html 
  3. ^ ニコニコ動画が未来をつくる ドワンゴ物語 (アスキー新書)
  4. ^ a b TAITAI「『今のオンラインゲームは気に入らない』――ドワンゴの川上氏と麻生氏が語るニコ動、そしてネットサービス」『4Gamer.net ― 「今のオンラインゲームは気に入らない」――ドワンゴの川上氏と麻生氏が語るニコ動,そしてネットサービス』Aetas、2009年11月21日
  5. ^ TAITAI「ジブリは決して続編を作らない有名ゲームスタジオのようなもの――スタジオジブリに入社したドワンゴの川上量生氏が見た、国内最高峰のコンテンツ制作の現場とは」『4Gamer.net ― ジブリは決して続編を作らない有名ゲームスタジオのようなもの――スタジオジブリに入社したドワンゴの川上量生氏が見た,国内最高峰のコンテンツ制作の現場とは』Aetas、2011年6月29日
  6. ^ 宮本真希「ニコ動とジブリは『サブカル界の正反対』――ドワンゴ川上会長、2足のわらじで見つめる未来」『ニコ動とジブリは「サブカル界の正反対」 ドワンゴ川上会長、2足のわらじで見つめる未来 (3/3) - ねとらぼアイティメディア2011年7月6日
  7. ^ ドワンゴ川上会長、ジブリの次は「エヴァ」の謎 - 庵野秀明氏代表のカラー取締役に就任 『日本経済新聞 ー ドワンゴ川上会長、ジブリの次は「エヴァ」の謎 ・ 庵野秀明氏代表のカラー取締役に就任2013年8月24日
  8. ^ 第59期定時株主総会招集ご通知2013年6月3日、12頁。
  9. ^ 第59期定時株主総会招集ご通知2013年6月3日、14頁。
  10. ^ 「会社概要」『株式会社KADOKAWA 企業情報|企業情報・グループ企業情報KADOKAWA
  11. ^ ドワンゴ・川上量生会長の退任を発表,ねとらぼ,2017年12月21日
  12. ^ 特別損失の計上及び通期業績予想の修正、グループ経営体制刷新に伴う会社分割の実施、孫会社の異動、並びに代表取締役及び取締役の異動に関するお知らせ”. カドカワ. 2019年2月13日閲覧。
  13. ^ 週刊現代「角川ドワンゴ・川上会長の妻ほか。実名公開! 『霞が関の有名キャリア官僚』を紹介します――総務省の『筋肉マン』とんでもない天才、超絶美人も歩いている」『角川ドワンゴ・川上会長の妻ほか。実名公開!「霞が関の有名キャリア官僚」を紹介します(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)講談社2015年5月4日
  14. ^ 川口穣 (20181024T160000+0900). “「子どもはコミュ障に育ってほしい」川上量生・カドカワ社長の独自教育論 〈AERA〉” (日本語). AERA dot. (アエラドット). https://dot.asahi.com/aera/2018102300025.html 2018年11月30日閲覧。 
  15. ^ ドワンゴ川上会長の育休取得と、妻との平穏な家庭生活のコツ【みんなの保育の日】 - スゴいい保育|保育の必要な未来といまの声を届けます」『スゴいい保育|保育の必要な未来といまの声を届けます』。2018年11月30日閲覧。
  16. ^ 第4期定時株主総会招集ご通知、32頁”. カドカワ株式会社. 2018年5月25日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集