川久保水源の森(かわくぼすいげんのもり)とは、大阪府高槻市川久保一帯に広がる森林地帯のことで、林野庁が選定する水源の森百選にも選ばれている。

概要編集

川久保水源の森は、神峯山寺本山寺ポンポン山釈迦岳の間に広がる森林で水無瀬川の源流域になっている。また、この森の水は地下を通って、名水百選にも選ばれている離宮の水として湧き出している。

川久保水源の森の広さは約534ヘクタール、森林を構成する主な樹木スギヒノキコナラとなっている。水源の安定的確保や土砂災害の防備のため、水源かん養保安林に指定されており、人工林の割合は69%となっている。

交通アクセス編集

高槻市営バス

  • JR高槻駅南口より上成合・川久保・梶原東・寺谷町(美しが丘経由)・別所本町公園方面6番のりば(系統33番:川久保行き乗車、「川久保」で下車。徒歩約30分
  • 阪急高槻市駅より上成合・川久保・梶原東・寺谷町(美しが丘経由)・別所本町公園方面6番のりば(系統33番:川久保行き乗車、「川久保」で下車。徒歩約30分

自動車

その他編集

  • 1959年(昭和34年) 水源かん養保安林に指定。
  • 1995年(平成7年) 水源の森百選に選定。

関連項目編集

外部リンク編集