メインメニューを開く

川井 久敬(かわい ひさたか、享保10年(1725年) - 安永4年10月26日1775年11月18日))は、江戸時代中期の幕臣通称次郎兵衛。従五位下越前守。低禄から勘定奉行に立身出世した。

小普請組頭より勘定吟味役となり、明和8年(1771年)勘定奉行に就任した。田沼意次の貨幣政策の実現に向けて、明和五匁銀および南鐐二朱銀の鋳造を言上した。安永4年(1775年)には田安家家老を兼任するが、同年51歳で没した。墓所は東京都中野区上高田1丁目の龍興寺。同年1月に嫡男の川井久道が没していたため、孫で和算家川井久徳が家督を継いだ。

死後に「兼役(倹約)は、身を絶やす(田安)べき前表(千俵)か、四十九(始終苦)にして死ぬは川井(可愛)や」という落書があったとされる。

参考文献編集

  • 日本人名大辞典(講談社)

関連項目編集