マスター・ワト1997年3月13日 - )は、日本男性プロレスラー大阪府池田市出身。血液型O型。新日本プロレス所属。本名及び旧リングネームは川人 拓来(かわと ひらい)。

マスター・ワト
プロフィール
リングネーム マスター・ワト
カワトサン
川人 拓来
本名 川人 拓来
ニックネーム Way to the GrandMaster
未来の開拓者
身長 177cm[1]
体重 87kg[1]
誕生日 (1997-03-13) 1997年3月13日(24歳)[1]
出身地 大阪府池田市[1]
所属 新日本プロレス
スポーツ歴 ジャパンプロレス2000総合格闘技[2][3]
柔道[3]
トレーナー 守屋博昭
飯伏幸太
平田淳嗣
永田裕志
棚橋弘至
獣神サンダー・ライガー
天山広吉
デビュー 2016年1月3日[1]
テンプレートを表示

来歴編集

デビュー以前編集

箕面学園高等学校在学中の2013年10月12日、新木場1stRINGにて行われた新日本プロレス公開入門オーディションに参加し、合格を果たす[3]

2015年3月に高校を卒業した後、同年4月に同団体に入寮する[3]

新日本プロレス編集

2016年編集

2016年1月3日、約9ヶ月の練習生期間を経て、ディファ有明にて開催された大プロレス祭り2016の舞台で小松洋平を相手にデビュー。試合は逆エビ固めでギブアップ負けを喫した[4]。10代でのデビューは新日本では1999年の柴田勝頼以来17年ぶりとなる。以後、同期の金光輝明と共に奮闘。新日本入門前に総合格闘技の経験を持ち、シャープな蹴り技をはじめ、血気盛んなファイトで前座戦線を盛り上げる[要出典]

10月23日、Road to POWER STRUGGLE東金大会にてBONE SOLDIERと対戦。この試合で反則勝ちを収め、不本意ながらプロ初勝利を記録した[5]

2017年編集

2017年10月から12月にかけて開催のヤングライオン杯で4勝1敗の準優勝[要出典]

2018年~海外遠征へ編集

2018年1月22日後楽園ホール大会で壮行試合が行われ、翌2月より、メキシコCMLLに無期限海外遠征することが決定した[6]

2月2日、アレナ・メヒコ金曜定期戦における6人タッグマッチでCMLLデビュー。現地でのリングネームは「カワトサン[要出典]

2019年編集

2019年6月30日、CMLLアレナ・メヒコ大会で行われたCMLL世界スーパーライト級王座決定戦でアウダスに勝利し、第11代王者となった。これが自身初の王座戴冠である[7]。7月28日以降、怪我による欠場の為、11月6日、CMLLはカワトサンのCMLL世界スーパーライト級王座を剥奪したと発表[8]

2020年編集

2020年1月1日、CMLL元日興行シンピエダ・アレナメヒコ大会でドゥルセ・ガルデニアとシングルマッチを闘う。試合は三本勝負のカベジェラ・コントラ・カベジェラで行われた。1本目はカワトサンがジャベでギブアップを奪って勝利。2本目はガルデニアにジャベでギブアップを奪い返され敗れる。3本目はベソでペースを奪われると、最後はスーパープレックスからカンパーナでギブアップを奪われ敗北、髪を丸坊主にされた[9]

2020年7月3日、開催中の「NEW JAPAN CUP 2020」興行中に放映されていた「グランドマスターを目指す」人物の紹介VTR(前日までは顔は伏せられていた)が川人であることが判明された。VTR中で「マスター・ワト」と発表され、本人が登場した。ワトは「プロレス界のグランドマスター。新日本プロレスの頂点を取りに行きます。」と宣言したところで背後からDOUKIに鉄パイプで殴打され、セコンドの肩を借りて退場するという前代未聞の凱旋帰国となった[10]

得意技編集

フィニッシュ・ホールド編集

RPP
コーナートップから飛んで前方270度回転+横360度回転し、倒れている相手にセントーン
AJスタイルズ のスパイラル・タップと同型。技名の意味に関しては2020年現在「秘密」としている[11]。凱旋帰国以降に使用[11]
ダイビングフット・スタンプ
CMLL参戦時に使用。これでピンフォール勝ちを収めたことがある。
変形 垂直落下式 リバース・ブレーンバスター
リバース・ブラディ・サンデーと同じ技。
リバースDDTの体勢から片手で相手のタイツを掴んで、相手を逆さまの状態に担ぎ上げ、そこから一気に脳天からマットに叩きつける技。変型の垂直落下式リバース・ブレーンバスター。
レシエントメンテ
前傾姿勢にした相手の左腕を右膝裏に引っ掛け、右腕をフックした状態で担ぎ上げ、前方に倒れ込むことで相手を前方回転させながら後頭部からマットに叩きつける前から落とす高角度十字固め。凱旋後に使用開始した得意技。
TTD
天山広吉のオリジナルホールド。凱旋帰国直後の試合で試合を絶賛されており、互いに関西圏の生まれであることからバックアップを約束され、伝授された[11]

打撃技編集

エルボー
エルボー・スタンプ
エルボースマッシュ
ジャンピング・エルボー・アタック
バックエルボー
張り手
逆水平チョップ
チョップ・スマッシュ
ローリング袈裟斬りチョップ
裏拳
ラリアット
延髄斬り
ドロップキック
スクリュー・ハイキック、竜巻旋風脚
メキシココークスクリュー・ハイキックのように立っている相手に向い一回転しながらの延髄斬り。 
バズソーキック
中腰の相手に放つ側頭部への回し蹴り。
各種蹴り技
ローキックミドルキックハイキック、ローリングソバット
回し蹴り
ノータッチトペコンヒーロ :2018年1月現在よく使われている得意技。
ミサイルキック
初期のフィニッシュ・ホールド。回転式延髄斬りがフィニッシャーとなってから繋ぎ技として使用。

投げ技編集

垂直落下ブレーンバスター
ブレーンバスター
雪崩式ブレーンバスター
ジャーマンスープレックス
ジャンボ・スープレックス
パワーボムの体勢で相手を捕らえ、担ぎ上げると同時にそのまま後方へ豪快に反り投げ、相手を360°前方回転させて顔面からマットに叩きつける変形スープレックス。元祖は全日本女子プロレスで活躍したジャンボ堀。

関節技編集

カベルナリア
ロメロ・スペシャル
ジャベ
ボストンクラブ
ヤングライオン時代のフィニッシュ・ホールドとして使用。
ハーフボストンクラブ
スワンダイブ式ティヘラ
変形クロスフィックス
アナコンダ・バイス
上記のTTD同様に天山広吉のから伝授された。

フォール技編集

ジャックナイフ固め
ラ・カレテラ
仰向け状態の相手の両足を肩に掛け、両手で相手の両腕を押さえながら前方へとブリッジし、エビで固めてフォールを奪う 変形のジャックナイフ式エビ固め。技名はスペイン語で「道」の意。ワトの得意とする丸め込み技の1つ。

タイトル歴編集

CMLL

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 選手名鑑”. 新日本プロレス公式サイト. 2016年11月10日閲覧。
  2. ^ 『週刊プロレス』2016年12月6日号増刊、プロレスラー写真名鑑号 2017、頁5。
  3. ^ a b c d 【WK10】来年1月3日(日)『大プロレス祭り』全カード決定! “ヤングライオン金光輝明、川人拓来がデビュー戦! 本隊ジュニア、第三世代も出場!””. 新日本プロレス公式サイト. 2015年12月10日閲覧。
  4. ^ 大プロレス祭り2016 – 東京・ディファ有明 – 第1試合”. 新日本プロレス公式サイト. 2016年1月3日閲覧。
  5. ^ 戦国炎舞 -KIZNA- Presents Road to POWER STRUGGLE – 千葉・東金アリーナ/アクティブイノベーションPresents Blue Justice Ⅵ〜青義結集〜 – 第1試合”. 新日本プロレス公式サイト. 2016年10月23日閲覧。
  6. ^ 川人拓来メキシコ無期限遠征へ「未来を開拓する」日刊スポーツ. 2018年1月23日付. 2018年1月29日閲覧
  7. ^ メキシコ遠征中の川人拓来ことカワトサンが大躍進! なんとCMLL世界スーパーライト級王座を初戴冠!!【6.30アレナメヒコ結果】” (日本語). 新日本プロレス公式サイト. 2019年8月20日閲覧。
  8. ^ YouTube”. www.youtube.com. 2020年7月4日閲覧。
  9. ^ Dulce Gardenia abre el 2020 con la cabellera de Kawato San”. www.mediotiempo.com. 2020年7月4日閲覧。
  10. ^ 【新日本】海外武者修行中の川人拓来が「マスター・ワト」を名乗り凱旋 直後にボコボコにされる”. 東スポweb (2020年7月4日). 2020年7月4日閲覧。
  11. ^ a b c 清野茂樹『月刊ローチケ』2020年11月15日号(2020年、ローソンエンタテインメント)24-25頁

関連項目編集

外部リンク編集