川俣シャモ(かわまたシャモ)は、福島県伊達郡川俣町で特産品として生産されている食用である。

概要編集

江戸時代末期に川俣町は絹織物の生産で栄え、多くの「絹長者」を生んだが、彼らが闘鶏用のシャモ(軍鶏)を普及させ、食用として美味しく食べるさまざまな方法も試みられた[1]

その後伝統は途絶えていたが、川俣町にお越しになるお客様へ、最大級のおもてなしをしたいという気持ちから、、絹とシャモの関係にヒントを得て1983(昭和58)年に食用シャモ肉の研究を開始し、純系のシャモ「赤笹」の雄とアメリカ産の肉卵兼用種「ロード・アイランド・レッド」、その後、肉用専用種の「レッドコーニッシュ」などと掛け合わせて改良し、現在の「川俣シャモ」を作り出した[2][3]

現在は「川俣シャモ振興会」加入の農家が飼育を行い、川俣町農業振興公社が加工品(燻製、冷凍、シャモ鍋セットなど)の生産・販売を行なっている。自然の中で放し飼いで成長することによって、脂っぽくないのに深いコク、硬すぎず水っぽくない適度な弾力が人気を呼び、首都圏でも高級食材として認知されている[1][4]

備考編集

川俣シャモのPR事業として始めた「世界一長い焼き鳥」の記録争いを2004年(平成16年)から、山口県長門市和歌山県日高川町福島県会津若松市北海道美唄市と繰り広げている[3][5]。2009年(平成21年)には24.24メートルを記録したが、2016年6月現在は埼玉県東松山市が、長さ25.55メートルの世界記録を持っている[6][7]。これとは別に「世界一長い川俣シャモの丸焼き」への挑戦が「川俣シャモまつり」の名物イベントとなっており、2016年8月には61.8メートル、103羽の丸焼きを成功させている[8][9]

関連項目編集

出典編集

  1. ^ a b 【食物語・川俣シャモ(上)】旦那衆の闘鶏が起源 福島県のブランド地鶏:「食」物語~おいしい福島”. 福島民友 みんゆうNet. 福島民友新聞社 (2016年7月3日). 2016年9月11日閲覧。
  2. ^ 本田幸久 (2013年3月7日). “絹から生まれた川俣シャモ(震災取材ブログ)@福島・川俣”. 日本経済新聞 電子版. 日本経済新聞社. p. 1. 2016年9月11日閲覧。
  3. ^ a b 本田幸久 (2013年3月7日). “絹から生まれた川俣シャモ(震災取材ブログ)@福島・川俣”. 日本経済新聞 電子版. 日本経済新聞社. p. 2. 2016年9月11日閲覧。
  4. ^ 【食物語・川俣シャモ(下)】苦しい時代経て進化 炭火で皮ぱりっと:「食」物語~おいしい福島”. 福島民友 みんゆうNet. 福島民友新聞社 (2016年7月17日). 2016年9月11日閲覧。
  5. ^ 世界一長い焼き鳥・世界一長い川俣シャモの丸焼きの歴史”. 川俣町公式ホームページ. 川俣町 (2012年11月5日). 2016年9月11日閲覧。
  6. ^ 平井茂雄 (2016年5月30日). “鶏肉じゃないけど…世界一長いやきとり、東松山で成功”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2016年9月11日閲覧。
  7. ^ やきとりの街・東松山がセカチョウ(世界一長いやきとり)の新記録を達成しました!”. 全や連総本店TOKYO社 (2016年6月1日). 2016年9月11日閲覧。
  8. ^ 世界一長〜い丸焼きに挑戦! 103羽成功、川俣シャモまつり”. 福島民友 みんゆうNet. 福島民友新聞社 (2016年8月28日). 2016年9月11日閲覧。
  9. ^ 長〜い丸焼き103羽 8月28日まで川俣シャモまつり”. 福島民報社 (2016年8月28日). 2016年9月11日閲覧。

外部リンク編集