メインメニューを開く

川内町(かわうちまち)は、下北半島の中央部、陸奥湾に面していたである。

かわうちまち
川内町
廃止日 2005年3月14日
廃止理由 編入合併
川内町大畑町脇野沢村むつ市
現在の自治体 むつ市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 青森県
下北郡
団体コード 02421-0
面積 323.67km2
総人口 5,309
推計人口、2005年3月1日)
隣接自治体 むつ市
下北郡大畑町佐井村脇野沢村
町の木 ヒバ
町の花 アジサイ
村の鳥 ハクセキレイ
川内町役場
所在地 039-5201
青森県下北郡川内町大字川内字川内477
外部リンク 川内町Internet Archive
座標 北緯41度11分51.1秒
東経140度59分52.5秒
座標: 北緯41度11分51.1秒 東経140度59分52.5秒
川内町の県内位置図
 表示 ウィキプロジェクト

2005年3月14日に隣接するむつ市に編入したため廃止した。

目次

地理編集

青森県下北半島の中央部に位置する。北部を恐山山地を構成する山々が続くが、海岸部まで迫るような急峻な地形はほとんど存在しない。

町面積は県内4位の面積であったがその多くを山地にて占める。海岸線沿いの平野部に集落が存在する。山地の南側に位置することもあり、下北半島の中でも気候は比較的穏やかである。

歴史編集

鎌倉時代には下北半島一帯は津軽安藤氏により支配されていたが、建武の頃(1330年代前半)から南部師行の目代である武田氏が当町に錦帯城(蠣崎城)を築城し支配する。武田氏五代目である蔵人信純が蠣崎氏を称する(東北太平記による説で、蠣崎蔵人の乱までは異説がいくつかあり、安藤氏の支配だったと言う説もある)。1450年代後半に南部氏に対する蠣崎蔵人の乱が起きると、南部政経(八戸政経)が追討し、蠣崎氏は北海道に逃走する。以降、この地は初代留守居を新田盛政とする南部八戸一族の支配地となる。

江戸時代には田名部七湊の一つとして数えられる川内湊より北前船による交易が蝦夷地や上方と盛んに行われ、主として南部ヒバヒノキ、海産物が運ばれた。

大正時代には日本三大銅山に数えられた安部城があり、その周辺に集落が形成されたが20世紀前半に閉山した[1][2]。この時期に行われた第1回国勢調査(1920年(大正9年))の結果、一時的に下北郡で最大の人口規模となり、郡の中心地であった田名部町や後に発展する大湊村を上回っていたが[3]、鉱業の衰退に伴いわずか数年の間に人口も減少した[4]

行政編集

  • 町長:菊池繁安(2001年から)
  • 町議会:議員定数16名(社民党1名、共産党2名、無所属13名)

経済編集

主産業は下北地方には珍しく農業及び観光である。

産業編集

姉妹都市・提携都市編集

海外編集

  •   日華中学姉妹校交流事業として高雄市立陽明国民中学と姉妹校締結

地域編集

所轄警察署編集

所轄消防署編集

  • 下北地域広域行政事務組合川内消防分署

所轄郵便局編集

  • 陸奥川内郵便局
  • 宿野部郵便局

教育編集

高等学校編集

中学校編集

  • 川内町立川内中学校

小学校編集

  • 川内町立第一川内小学校
  • 川内町立第二川内小学校
  • 川内町立桧川小学校
  • 川内町立宿野部小学校
  • 川内町立蛎崎小学校

金融機関編集

交通編集

かつては川内川沿いなどに森林鉄道があり、地元の足としても機能したが廃止された。

路線バス編集

道路編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

出身有名人編集

脚注編集

関連項目編集