メインメニューを開く
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

川勝 隆恭(かわかつ たかゆき)は、江戸時代中期の旗本。隆房流川勝家の4代当主。

 
川勝隆恭
時代 江戸時代中期
生誕 享保2年(1717年
死没 安永5年6月28日1776年8月12日
別名 文右衛門、平左衛門(通称)
戒名 信教(法名)
墓所 静岡市の玄忠寺
官位 布衣(六位)
幕府 江戸幕府 旗本
主君 徳川吉宗家重家治
氏族 本姓:秦氏秦河勝後裔
名字:川勝氏
父母 父:川勝隆成、母:逸見義長の娘
養父:川勝光隆
兄弟 川勝光隆、川勝隆芳、某(式部)、
川勝隆恭
女子(宝富章室)、女子(川勝広達室)、
女子(水戸家の臣川勝権左衛門某室)、
女子
正室:深尾鼂明の娘
継室:櫻井定博の娘
婿養子に川勝隆安小笠原持賢の二男)、川勝隆久伊吹高行川勝隆紀
女子(川勝隆安室)、
女子(松平大炊頭家臣浦上正定室)

目次

生涯編集

享保2年(1717年)、川勝隆成の四男として江戸に生まれ、後に実兄である川勝光隆の養子となった[1]元文元年(1736年)2月28日、初めて将軍徳川吉宗に謁見した。

寛保2年(1742年)12月3日、書院番となり、宝暦元年(1751年)10月3日、義父(実兄)光隆の死去により、その家督(蔵米400俵)を継いだ。安永2年(1773年)閏3月12日、書院番組頭に進み[2]、同年12月16日に布衣を着る事を許された。宝暦年間から田沼時代前半を生きた人物。安永5年(1776年)6月28日、駿府城の守衛中[3]に、60歳で没した。家督は婿養子の隆安が継いだ。

脚注編集

  1. ^ 川勝光隆の子に男子がなかったため、実弟の隆恭が養子となって家を継いだ。兄弟といっても、年齢は32歳も離れていた。
  2. ^ 書院番組頭は、番士50名、与力10騎、同心20名を指揮して、将軍の警護にあたった。若年寄支配。
  3. ^ 寛永16年(1639年)から駿府在番には、それまでの大番に代わり将軍直属である書院番が任ぜられるようになっていた。

参考文献編集

  • 『寛政重修諸家譜(第18)新訂』続群書類従完成会、1981年

関連項目編集

先代:
光隆
川勝知氏系隆房流
4代:1751年 - 1776年
次代:
隆安