メインメニューを開く

川又 昂(かわまた たかし、1926年7月3日[1] - 2019年10月5日[2])は、日本撮影監督日本映画撮影監督協会(J.S.C.)名誉会員[3]

かわまた たかし
川又 昂
生年月日 (1926-07-03) 1926年7月3日
没年月日 (2019-10-05) 2019年10月5日(93歳没)
出身地 日本の旗 日本茨城県水戸市
死没地 日本の旗 日本神奈川県藤沢市
職業 撮影監督
テンプレートを表示

川又昴川又昻と表記されることもある。

経歴編集

茨城県水戸市出身[2]。茨城県立水戸中学校(現・茨城県立水戸第一高等学校)、日本映画学校 (戦前)卒業。1945年松竹に入社[1]

松竹大船撮影所小津安二郎作品の撮影助手を経て、33歳で撮影監督に抜擢される[4]

以降、同世代の大島渚野村芳太郎監督らのコンビで98本に及ぶ作品で撮影監督を務める。新人の頃、原節子に付けられたあだ名は「訛りの坊や」[4]

代表作は、『青春残酷物語』『拝啓天皇陛下様 』『砂の器』『八つ墓村』『震える舌』『疑惑』。日本アカデミー賞撮影賞を受賞した『事件』『鬼畜』『黒い雨』など多数。

1991年、紫綬褒章受章[5]

2010年に公開された大島渚監督の半生を描いたドキュメンタリー映画『THE OSHIMA GANG』では出演をしている。

神奈川県藤沢市鵠沼に居住していた[4]

2019年10月5日、多臓器不全のため藤沢市内の病院で死去。93歳没[2]

主な撮影作品編集

太字日本アカデミー賞撮影賞受賞作。★印は大島渚監督作品。☆印は野村芳太郎監督作品。

1940~50年代編集

ここまで撮影助手時代(全て小津安二郎監督作品)[6]

1960年代編集

1970年代編集

1980年以降編集

受賞歴編集

脚注編集

  1. ^ a b 川又昂』 - コトバンク
  2. ^ a b c “撮影監督の川又昂さんが死去 「砂の器」や「黒い雨」”. 共同通信社. (2019年10月7日). https://this.kiji.is/553902693788664929 2019年10月7日閲覧。 
  3. ^ 日本映画撮影監督協会メンバーリスト”. J.S.C. (2012年5月12日). 2013年4月7日閲覧。
  4. ^ a b c タウンニュース藤沢版『川又 昂(たかし)さん 』”. タウンニュース社 (2009年8月21日). 2013年4月7日閲覧。
  5. ^ 「91年春の褒章 晴れの受章835人 女性は兼高かおるさんら64人」『読売新聞』1991年4月28日朝刊
  6. ^ 川又昂”. 日本映画データベース. 2013年4月7日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集