メインメニューを開く

川合 全弘(かわい まさひろ、1953年7月[1] - )は、日本政治学者思想史家京都産業大学法学部教授。専門はドイツを中心とする西洋政治思想史、特にエルンスト・ユンガー思想に関する研究、および西洋政治史・外交史研究など。

1976年京都大学法学部卒業、1981年、京都大学大学院法学研究科政治学専攻単位取得退学[1][2]。京都大学法学部助手を経て[1]、京都産業大学教員となり、総合学術研究所所員、世界問題研究所所員[1]、法学部長[3]などを務めた。

目次

著書編集

単著編集

訳書編集

出典・脚注編集

外部リンク編集