メインメニューを開く

川地 民夫かわち たみお、本名:河地 猛〈かわち たけし〉、1938年7月21日 - 2018年2月10日[1])は、日本の俳優

かわち たみお
川地 民夫
川地 民夫
ひまわり社『ジュニアそれいゆ』7月号(1960)より
本名 河地 猛(かわち たけし)
生年月日 (1938-07-21) 1938年7月21日
没年月日 (2018-02-10) 2018年2月10日(79歳没)
出生地 日本の旗 日本神奈川県逗子市
死没地 日本の旗 日本・神奈川県横須賀市
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
配偶者 あり
(離婚歴あり)
主な作品
まむしの兄弟シリーズ

神奈川県逗子市に生まれる。逗子開成高等学校卒業、関東学院大学工学部中退。

目次

来歴・人物編集

大学在学中、逗子の家の隣に石原裕次郎が住んでいたのが縁で裕次郎の勧めもあり日活に入社する[1]1958年、『陽のあたる坂道』でデビュー。小林旭沢本忠雄と「三悪トリオ」として売り出し、アクション物青春物に次々と主演する。その後、脇役に転じてから独特の個性に磨きがかかり、特に1963年の『野獣の青春』以来、鈴木清順監督に重用された。

日活退社後は、東映への出演が多く、特に1971年から9本作られた『まむしの兄弟』シリーズで見せたユーモラスな演技は、大いに人気を博した。

1980年代、当時の妻のがん闘病と死去の悲しみ、川地自身の脊椎の怪我や胃潰瘍等に1990年代初頭まで苦しめられるなど自身の健康上の問題で苦労していた時期もあったが、これらを克服し仕事に復帰していた。

私生活では、3度の結婚離婚と死別を各1度)、また事実婚とその破局を1度経験している[1]

  • 共演者として交際があった女優中原早苗と事実婚状態となるも未入籍のまま早期に破局。これは公私にわたるよき友人であった菅原と飲み歩きで家をあけることが度重なった結果中原との関係が拙くなり関係解消に至ったと『いつみても波瀾万丈』内で紹介された。
  • 中原との破局後一般人女性と初婚、女児を2人もうけるも結婚生活は7年で破局。
  • 再婚相手は宝塚歌劇団卒業生麻生薫。川地のいきつけの飲食店を運営していたのが麻生の母で、折りしも東京公演のため上京の合間をぬって母の店を手伝っていた麻生と知り合う。
1974年、麻生がこの年限りでの宝塚退団を決意した際、麻生の退団後の進路が未定だったこと、また川地の人柄に信頼をおいていた麻生の母から娘を貰ってくれないかの旨懇願され結婚を決意、退団翌年の1975年1月挙式。
しかし1984年、麻生が卵巣がんを発症し、1988年10月13日、麻生と死別。

2018年2月10日16時59分、脳梗塞のため神奈川県横須賀市内の病院で死去[1]。79歳没。

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

  • 人形佐七捕物帳(1965年、NHK
  • 雨の中に消えて(1966年、NTV / 日活) - 野崎正也
  • 眠狂四郎(1967年、CX
  • ある日わたしは(1967年、NTV) - 黒木
  • 三匹の侍 第5シリーズ 第20話「白い幻花」(1968年、CX) - 土屋千四郎
  • あひるの学校(1968年 - 1969年、NHK)
  • ゴールドアイ 第13話「超レーザー光線COZ」(1970年、NTV / 東映
  • 大岡越前TBS / C.A.L
    • 第1部 第18話「復讐の十手」(1970年7月13日) - 六之助
    • 第3部 第21話「人情大工裁き」(1972年11月6日) - 半太郎
  • 鬼退治(1971年、NET) - 小島久男
  • 水戸黄門(TBS / C.A.L)
    • 第2部 第28話「裏切り -小倉-」(1971年4月5日) - 新吉
    • 第6部 第22話「父恋し伊勢参り -伊勢-」(1975年8月25日) - 伊之吉
    • 第7部 第5話「何の因果で若旦那 -花巻-」(1976年6月21日) - 新助
  • 銭形平次 第230話「盗まれた名画」(1970年、CX / 東映) - 源太
  • 大江戸捜査網12ch / 日活 - 三船プロ
    • 第43話「謎の浮世絵」(1971年) - 津田
    • 第168話「殺意なき殺人」(1974年) - 小早川(椎名)新十郎
    • 第184話「前科なき殺人者」(1975年) - 文吉
    • 第247話「血塗られた兄弟の契り」(1976年) - 源次(永井源次郎)
    • 第321話「初春 雪どけを待つ女」(1978年) - 佐吉
    • 第385話「純愛に賭けた色事師」(1979年) - 宗吉/団九郎(二役)
  • プレイガール (12ch / 東映)
    • 第131話「スリラー 怨みを込めて接吻を」(1971年) - 中山竜策
    • 第146話「女の武器は熱い肌」(1972年) - 斉賀
    • 第153話「寝室に銃を向けろ!」(1972年)

舞台編集

オリジナルビデオ編集

バラエティー・情報番組編集

CD編集

  • 「東京港(とうきょうみなと)」 (2006年、フリーボード)[1]

著書編集

  • 『動かない手でVサイン-ガンで逝った妻、多香子に捧ぐ』(1989年太田出版) - ※麻生死去の翌年に上梓された。
  • 『平成忘れがたみ 映画俳優五十年』(2008年、たる出版)ISBN 4924713929

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g “川地民夫さん死去…79歳、脳梗塞 菅原文太さん相棒「まむしの兄弟」”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社. (2018年2月12日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/12/kiji/20180211s00041000392000c.html 2018年2月12日閲覧。 
  2. ^ テレビ東京系『レディス42008年10月9日放送分出演時に川地本人が談話。

外部リンク編集